全国のドクター9,122人の想いを取材
クリニック・病院 161,398件の情報を掲載(2020年4月05日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市中区
  4. 栄駅
  5. ヨシダ歯科
  6. 吉田 尚子 院長

吉田 尚子 院長の独自取材記事

ヨシダ歯科

(名古屋市中区/栄駅)

最終更新日:2019/08/28

111545

地下鉄東山線栄駅から続く地下街7番出口を出て、大津通り沿いに徒歩1分。「ヨシダ歯科」は、人通りにぎやかな通りのビルの3階にある。待合室は清潔感があり、おしゃれな雰囲気で、アロマの香りが漂い、患者もスタッフも居心地の良い空間になっている。院長の吉田尚子(ひさこ)先生は、30年にわたり地域の医療に従事。口や健康に関するさまざまな治療を行っている中、今や生活習慣病とされている「ドライマウス」の症状の改善にも、同院では10数年前から対応している。そんなドライマウスについて学ぶきっかけや、患者から言われた忘れられない言葉など、吉田先生にじっくり語ってもらった。
(取材日2017年5月11日)

栄で30年、地域の歯の健康を守り大切さを伝えていく

今までを振り返って、開業当時からの変化は感じますか?

1

開業当時から現在に至るまで、長年通ってくれている患者さんもいらっしゃるので、治療を通じて一緒に歩んできたという思いがあります。分厚いカルテを見るたびに、皆さんのおかげで30年継続できたことを実感しますね。本当にありがたいです。長い間、この地域で治療をしていて感じるのは、予防の意識を持つようになった患者さんが増えたことです。豊富な情報収集が可能な時代となったことも背景にはありますが、治療を通して歯の大切さを痛感し、予防しながら守っていくという意識が高まり、それをきちんと実践してくださっている方が現在たくさんいらっしゃいます。これからも、患者さんとともに診療室で良い時間を過ごすことができればうれしいですね。

歯科医師になったきっかけを教えてください。

父親が歯科医師でしたので、ごく自然な環境でもあったのですが、当時は他にも選択肢があり、そこまで歯科医師になろうという気持ちは強くありませんでした。歯科大学に入学したのも、母の強い勧めと兄と同じ大学に進むのも楽しいかなと思ったことがきっかけです。信州のアルプスに囲まれた大学生活は新鮮で環境が素晴らしく、最新の設備で勉強でき、たくさんの親友たちとも出会えたことで、本当に充実した大学生活を送ることができました。兄の存在も大きな支えになっていましたね。歯科医師になって35年経過した今でも、兄に仕事の相談をしたり共通の仲間との思い出を共有できることはありがたいことで、勧めてくれた母に感謝しています。そして、父の診察室に掛けてあった、「医は仁術」という言葉も私の中の根底にずっとあったのかもしれません。

治療に来られる患者さんで多い症状は何ですか?

2

年齢層にもよりますが、若い人では虫歯の治療をはじめ、口内炎や歯肉炎、中高年層では歯周病に関する治療が中心ですね。そして世代を問わず多いのが、口腔乾燥症(ドライマウス)の検査や相談です。従来の歯周病予防の定期検診に加え、若い方では口腔内のトラブルを避けるための、予防的検診を希望される方が増えています。

ドライマウスの治療を早くから取り入れる

ドライマウスの治療に力を入れていると聞きました。

3

10数年前、唾液腺の機能や病態のエキスパートでいらっしゃる大学の先輩の講演を聞いたのがきっかけでした。その時に、改めて唾液の重要性を認識し、これからのストレス社会では現代病として「ドライマウス」で悩む人たちが増加すると予測されていることを知りました。「ドライマウス」はさまざまな要因があり、お口の中のみに対処するだけでは改善できない難しさがあります。患者さん一人ひとりの話をじっくりと聞き、何が原因なのかを一緒にたどっていくことで、その方に合った改善法を選んでいきます。口臭や乾燥や味覚異常、舌の痛みなどが気になる方は早めにご相談されることをお勧めします。

治療のスタンスはありますか?

開院当初から現在まで、「基本を丁寧に」、そして「患者さんの話をしっかり聞く」というスタンスは変わりません。近年は時代の流れと患者さんのニーズも相まって、そして私も関心を寄せざるを得ない年齢に差しかかっていたために、ドライマウスからエイジングケアに関する勉強に取り組むようになりました。新しいものを取り入れるには、まず自分が実践して、本当に良いと思ったものを患者さんに提供したいと考えています。また、生活環境は違っていても、体に起こる変化には共通点が多くあります。若く見せることではなく、年相応に健康で元気に暮らす。おいしいものを食べて楽しくおしゃべりをする、よく笑う、それはお口の健康がもとで、顔や全身にもいい流れが現れてくると思います。年齢を重ねても健康な笑顔でいてほしい。そのお手伝いを少しでもできたらうれしく思いますね。

自由診療についてはどうお考えですか?

4

近年では患者さんの美意識や健康面重視での選択をされる方も多く、金属以外の詰め物をするという選択肢が浸透してきているように感じますね。その中でも、保険適用のもの、自費診療のものもすべて説明し、いろいろな選択肢の中で患者さんが適切なものを選んでほしいと思っています。

一人ひとりを大切に、思いやりのある手で治療を行う

スタッフとの関係性についても教えてください。

5

私がとても感謝していることの一つが、20年もの間一緒に仕事をしてきた受付スタッフさんと歯科衛生士さんの存在です。一人では仕事はできませんから、彼女たちのサポート、特に長年の経験で判断できる手際の良さに助けられています。彼女たちの患者さんからの信頼の厚さは言うまでもありません。私たちの共通の理念は、一つ一つきちんと丁寧に患者さんに対応するということです。基本的には人対人ですから、じっくりと話を聞くことも大切な仕事。安心できるスタッフがいるからこそ、患者さんも安心して足を運んでくださいます。スタッフには各々の能力と魅力を存分に生かして活躍してもらえれば、それは私にとってもうれしいことです。院内は明るく清潔にを第一に、患者さんだけではなく、一日いるスタッフのためにもリラックス効果のあるアロマを使ったり、お花を飾ったり、クラシック音楽をかけるなど気持ちよく働きやすい空間づくりを心がけています。

患者さんとの印象的なエピソードはありますか?

すごく心に残っているのが、中高年の男性患者さまに言われた言葉です。治療中に、「目をつぶっているけど、先生の手が口に触る時は、先生だってわかる。手に思いやりがある」と言われたんです。そんなことを言われたのは初めてでした。治療中は、患者さんがなるべく痛みや不快感を感じないように、細心の注意を払っていますが、そこまで伝わっているとは思いませんでしたね。それからは心に刻んで治療しています。人の体に触れるのは、とてもデリケートなことです。特に口の中は患者さんには見えませんしね。あのときの言葉を思い出すと、いつでも初心にかえれるんです。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

歯医者のイメージは人それぞれですが、勇気を出して訪れてみると意外に“怖い”ところではありません。正しい知識も身に付き、悩みが改善されていくにつれ、きれいになっていくのがうれしくて通うのが楽しくなってくるはずです。きちんと治すと、自宅での歯のお手入れもやりやすくなり、笑顔にも自信が持て、心も体も健康になっていきます。気になる悩みは放っておかないで早めにご相談してくださいね。一緒に治していきましょう。

Access