全国のドクター8,453人の想いを取材
クリニック・病院 161,433件の情報を掲載(2019年10月15日現在)

日生歯科診療所

藤城 吉正 院長

111537

地下鉄栄駅7番出口から徒歩2分。大津通からも程近いビルの4階に「日生歯科診療所」はある。3代目院長の藤城吉正先生は、何よりも患者に対して誠実であることを重んじており、ゆっくりと柔らかい口調からもその人柄がうかがえる。長年慕われてきたクリニックであることを表すかのように、2016年11月のクリニック移転時には、多くのお祝いが贈られたそうだ。今回の移転に伴い、診療に対するコンセプトも見直したと語る藤城先生。半世紀以上の歴史を持ち、常に患者と向き合ってきた同院だからこそ、掲げられる想いとは何か。クリニックづくりのこだわりを中心に、診察に対する思いなどさまざまな話を聞いた。
(取材日2016年12月22日)

心や体に優しい診療をめざして

―3代続いている歯科医院なのだそうですね。

もともと祖父が郊外で歯科医院を開業し、1947年に栄へ移転しました。最初はデパート内で開業し、その後三度の移転を経て、今年11月にこれまで50年以上お世話になった栄交差点の場所から現在の場所に移りました。栄で開業してから70年になる名古屋でも歴史のある医院ですね。そして2014年に3代目院長を父である先代より引き継ぎました。患者さんは、都心の診療所ということもあり、近所にお務めのOLさんやサラリーマンの方から、遠方よりわざわざご紹介で来院してくださる方、また先代、先々代からの古くからの患者さんも多くいらっしゃいますので、お若い方からお年寄りの方まで年齢層は幅広いですね。

―今回のクリニック移転では、院内設計や設備にもこだわられたと伺いました。

設計者の方とは半年以上かけて、毎週打ち合わせを重ねました。医院の新しいコンセプトである「優しさ」にこだわって、患者さんがいかに快適にそして安全に過ごせる空間を作ることができるかという事はもちろんのこと、ここで働くスタッフにも気持ちよく安心して働ける空間作りを考えました。設備も、以前はスペースの問題で、簡単に機器を増やしたり新しいものに替えたりすることが困難でしたが、今回の移転に伴い、歯科用CTやマイクロスコープ、セレックシステムといった、これからの精密治療に欠かせない先進的な医療機器も新たに導入し、専用のオペ室も作りました。また、滅菌や消毒といった院内感染対策にもこだわり、先進的な滅菌システムを導入し、患者さんからはあまり見えない部分にも力をいれました。治療に使う水や院内の空気にいたるまで院内のどこを取っても、こだわりばかりですね(笑)。

―移転に際し、クリニックのコンセプトも新しくしたそうですね。

患者さんにとっても、働くスタッフにとっても優しいクリニックでありたい。そう考え、あらゆる面から優しさを追求していくことを、新たに当院のコンセプトに掲げました。これまでも、患者さんとの信頼関係の構築を何より大切にし、10年20年先を考えた治療と指導をしてきた当院ですが、今回設備を一新したことで、説明に関してもよりわかりやすく、治療に対しても極力削らず、再発の少ない精度の高い治療が施せるようになりました。治療器具や使用する水、空気など、患者さんが触れるすべてのものの安全性を高められ、体にも優しく配慮できるようになりました。これまで大切にしてきた心に対する優しさに加え、安全に十分配慮し精度の高い治療を提供することで、治療そのものだけでなく、クリニックで過ごす時間をも優しいものとできる。そんな風に考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細