全国のドクター9,150人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月10日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市昭和区
  4. 川名駅
  5. 前山歯科
  6. 栗田 純 院長

栗田 純 院長の独自取材記事

前山歯科

(名古屋市昭和区/川名駅)

最終更新日:2019/09/30

111513 %e5%89%8d%e5%b1%b1%e6%ad%af%e7%a7%91

名古屋市営地下鉄鶴舞線の川名駅から徒歩約10分の「前山歯科」は落ち着いた住宅街の一角にある。同院の院長である栗田純先生は矯正歯科に力を入れており、「矯正は時間もお金もかかるので、患者さんが納得して最後まで続けられるように、治療の進め方と費用を工夫しました」と語り、患者の悩みに寄り添った診療に努める。今回の取材では、合理性を突き詰めて患者の不安を払拭することを心がけているという歯列矯正を中心に、かかりつけの歯科医院を持つ大切さについてもたっぷりと語ってもらった。
(取材日2019年9月6日)

患者のバックグラウンドまで理解した診療を

先生が歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

1

父が医師だったので、医師になるのは当然という周囲の雰囲気の中で育ちました。そんな環境だと、自然と反発心も芽生えます(笑)。ですので、受験してご縁のあった歯学部に進んだというのが実情です。そもそも、歯科医院が苦手な方が多いイメージを持っていましたので、人が嫌がることをするのが嫌な私は、歯科医師になるのは気が進みませんでした。でも逆に「患者さんが嫌な思いをしないようにしたい」という気持ちが強いからこそ、なるべく痛みや違和感の少ない治療ができるように知識や技術を磨けました。口腔外科を専門とし、ペインコントロールについても深く学び研鑽を積んできました。さまざまな種類の麻酔を使い分けて、患者さんができる限り痛みを感じないで済むように治療しています。

先生の歯科医師としてのモットーはなんですか?

当然のことながら、患者さんは歯科医院に行くために、毎日生きているわけではありませんよね。日々の生活があって、その中で歯科医院に行く必要が生じたから来ているわけです。そのことを肝に命じて無理に治療を進めず、現実的な選択肢をお勧めするようにしています。治療に通う時間、家でケアできる時間、経済的な負担、性格的な特徴……そういった幅広い要素を加味した上で、一番良い方法を選ぶようにしています。患者さんをできる限り理解して寄り添い、きちんと最後まで続けられるように治療を進めていきたいです。もちろん、すぐに治療をしないとひどい痛みが出るかもしれないものや、今治療しないと近い将来問題が出てきそうといったような緊急性の高いものに関しては、しっかりと説明した上ですぐに治療に取りかかります。

矯正歯科に力を入れてらっしゃるそうですね。

2

矯正を手がける歯科医師は矯正専門で、一般歯科には手をつけないということが多い時代もありました。逆もまた然りで、一般の歯科をしていると、矯正についてはノータッチの先生も少なくありませんでした。それというのも、矯正を学ぶには時間がかかるんです。なんせ1つの症例を見届けるだけで数年以上かかってしまうことも多いですから、一人前になるのにも時間やお金がかかります。こうした環境で矯正歯科は別分野として断絶してしまっているように感じていました。しかし実際の治療の場面では、矯正と他の治療を組み合わせることでより良い結果につながる場合もあります。私は矯正と一般歯科をどちらも行い、総合的な診療を進められるよう心がけています。矯正をしたほうが良いといったご提案はさせていただくこともありますが、もちろん強制ではありません。

患者の不安に寄り添う歯列矯正

矯正を行う判断基準やタイミングを教えてください。

3

最近感じるのが、子どもの歯並びの悪さです。子どもたちの定期検診を担当することがあるのですが、虫歯の子がほとんどいなくなった代わりに、歯並びや噛み合わせに問題のある子は増えているように感じます。子どもの輪郭は年々シャープに顎もすっきりと小さくなっているので、歯が収まりきらないんでしょう。一方で成人でも見た目を気にして、矯正を望む人が多いです。当院では、何歳からでも矯正を開始できるので思い立ったらご相談いただきたいと思います。ただし、矯正には時間もお金も意欲も必要ですから、それらが十分な時に始めるのが大切です。

矯正は相談・カウンセリングからスタートするのですね。

2回までの事前カウンセリングは無料で行っています。1回目の相談でエックス線で写真を撮り、2回目には患者さんの歯型の模型も完成させて、具体的にお話しさせていただきます。矯正というのは一般論では何も決められません。歯の生え方に問題のある方もいらっしゃれば、顎の骨格自体がアンバランスな方もいますし、その程度も千差万別です。一概に「この方法で期間はこれくらいかかる」と言えないので、個別のカウンセリングが必須です。ですので歯型の模型も作ります。十分に見立てをして、ご説明して、それに納得されたら矯正を始めればいいのです。抽象的な一般論を話して、それで悩んで……という時間がもったいないですから、あくまで具体的に判断材料を差し上げています。患者さんのためでもありますし、私自身が合理的に仕事を進めるためでもあります。

矯正の費用設定も工夫されているそうですね。

4

矯正は、最初の見立てよりも難しくて期間が長くかかるようなこともありますし、結局累計でどれくらい費用がかかるのかわかりにくく、患者さんも不安を抱えていくことも多いと思います。そこで当院では定額制を導入し、矯正を始める前に総額でいくらかかるか、費用をきちんと提示するようにしています。「これからまだまだお金がかかるのか」と不安を感じながら長期の治療を続けさせるのは本意ではありません。費用も期間も納得した上で、患者さんと二人三脚で治療に取り組むための工夫です。

かかりつけの歯科医院に通う習慣づけを大切に

忙しい毎日の中で、息抜きの時間はありますか。

5

通われる患者さんの利便性を考えて、土日も開院しているのでなかなか忙しいです。そんな中でも時間ができればワインを嗜んでいます。他には趣味というほどのものでもありませんが、音楽鑑賞が好きです。ジャンルを問わず幅広い音楽を聞きますが、すべてレコードで聴いています。やはりデジタルの音源とはすこし違う良さがあります。音楽に耳を傾けている時だけは、日頃の疲れも癒やされる気がします。

読者へのメッセージはありますか。

歯が痛くなくても、定期的に歯科医院に通ってメンテナンスを続けてほしいです。歯が痛いというのは、虫歯が随分進行した状態であることも多いです。だから痛くなってからでは遅いと患者さんに知っていただきたいです。ぜひ定期的に歯科医院に通い、歯のことは私たち専門家にお任せいただきたいです。一生涯にわたって歯を守る手厚いサポートに努めていきますので、結果としてご自身の歯について考え込む必要がなくなるかもしれません。歯に悩まされたくなかったら、歯科医院に行く、それが良い方法だと思います。同じ歯科医院で定期的なケアを続けると定点観測できるので、悪くなってしまった場合にも早期の診断が望めます。自分の口内環境について、経年で把握してくれる人がいるというのは、心強いことだと思います。

定期的なプロによるケアが、健康な口内環境づくりには大切ですね。

6

日々の家でのケアはもちろんですが、歯科医師にしかできないケアがありますので、その重要性を訴え続けていきたいです。でも何度このようなアドバイスをしても、本当に歯科医院に来るべき方は来てくれないこともあります。患者さんの中には、日々のケアや定期的な通院できちんと管理できており、非常に熱心に通ってくださる方もいます。一方で手のつけようがないくらいに虫歯や歯周病がある方は、何年ぶりかの来院ということもあるわけです。子どもの検診でも虫歯の子の絶対数は減っていますが、虫歯がある子は複数本が虫歯になっていることも多いです。来院された患者さんはもちろんですが、機会があるごとに、歯科医院に顔を出す大切さをお伝えしていきたいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ワイヤー矯正/80万円(税別)、マウスピース型装置を用いた矯正/82万5000円(税別)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access