全国のドクター9,013人の想いを取材
クリニック・病院 161,456件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市南区
  4. 豊田本町駅
  5. かなざわ歯科
  6. 島津 直貴 副院長

島津 直貴 副院長の独自取材記事

かなざわ歯科

(名古屋市南区/豊田本町駅)

最終更新日:2019/08/28

111256

名鉄常滑・河和線の豊田本町駅から徒歩で約10分。閑静な住宅街の中にある「かなざわ歯科」を訪ね、副院長を務める島津直貴先生に話を聞いた。同院は、島津先生にとって義父にあたる金澤俊文院長が1982年に開院して以来、長年にわたって近隣住民の歯の健康を守り続けてきた歴史あるクリニックだ。リニューアルを機に副院長に就任した島津先生に、歯科医師をめざしたきっかけから治療にあたって大事にしていること、今後の展望について、たっぷり語ってもらった。
(取材日2017年6月28日)

小さな虫歯も過不足なく治療することが重要

歯科医師をめざしたきっかけからお聞かせください。

1

僕自身、子どもの頃は歯が悪く、痛い思いをするつらさを経験していたので、「それを治すことができる歯医者さんはすごいな、自分もそうなりたいな」と思ったのが最初のきっかけです。大学でも虫歯の治療をしっかり学ぼうと考え、保存修復学講座で勉強しました。僕自身は北海道出身ですが、大学時代に知り合った妻の父が当院の院長でしたので、こちらに移ってきました。オールマイティーな歯科医師をめざしていて、そのためには開業医で働いたほうが経験が積めると思い、6年ほど歯科医院に勤務しました。その医院では、小児から高齢者までの幅広い患者さんを診療しました。そこの院長先生も、当院の院長と同じく、大学の補綴科で指導されていた方で、義歯の製作もみっちり教えていただきました。実際に歯科医師の道に進んでわかったのは、やはりやりがいのある仕事だということです。特に患者さんの笑顔が見られるところが素晴らしいですね。

こちらのクリニックに来られたのは何かきっかけがあったのですか?

開業から約35年たち、設備なども老朽化したところがあったので、全面的にリニューアルしようということで、その機会に合わせて戻ってくることにしました。リニューアルにあたっては、設備面などについて。主導的な立場で関わらせていただきました。その点で一番こだわったのが衛生面で、院内感染の予防が徹底できるように、滅菌のための機器はハイクラスのものを導入し、チェアも治療に使う水が殺菌できるものを選びました。また、根管治療の際は、治療しているところに雑菌などが入ってしまわないように、ラバーダムを使っています。めざしたのは、自分や自分の家族が治療を受けたいと思えるような環境です。その分コストや手間もかかりますが、よりよい治療を実現するためには必要だと思っています。

衛生面以外では、どのようなことを重視していますか?

2

やはり患者さんとの信頼関係ですね。安心して来ていただけるような環境づくりですとか、お互いの人間性を理解し合いながら信頼関係を築いていくことが大事だと思っています。あとは、歯を失う最初のきっかけとなる小さな虫歯を、過不足なく治療することですね。歯が悪くなるのにはサイクルがあって、最初は小さい虫歯でも、詰め物の隙間などから二次虫歯になって、大きなかぶせ物が必要になり、次に虫歯になったら神経を取って、最後は抜かなければいけなくなるという、いわば負のスパイラルがあるんです。最初の段階で虫歯の取り残しがあるとそこからまた広がってしまいますし、削り過ぎたら歯がもろくなってしまう。だから虫歯でないところは極力削らないように気を付けて治療します。虫歯の部分だけ色が染まる、う蝕検知液を小まめに使い、際どいところは手作業で少しずつ削るようにしています。

最初の1本を大事にすることを伝えていきたい

スタッフさんへの要望などはありますか?

3

歯科医院というのは、患者さんにとってはちょっとドキドキしながら行くところだと思うので、患者さんが少しでもリラックスできるような環境をつくりたいと思っています。そのためにも欠かせないのが、私も含めたスタッフの笑顔や気配りだと思い、スタッフにもそういった対応をお願いしています。痛い、怖いといったイメージを払拭し、歯科医院へのハードルを低くすることで、なるべく症状が軽い段階で相談に乗れるようにしたいですね。麻酔などもできるだけ痛くないやり方を研究しながら行っています。

痛みを少なくするためにはどのような方法がありますか?

麻酔に関しては、表面麻酔を使用したり、まず痛くないところに打って、それが効いてきてから深いところに入れたり、注射針も細いものを使ったり。あとは麻酔液を体温に近い温度に近づけるとか、急に入れると痛いのでゆっくり入れるように電動の注射器を使うなど、いろいろな方法を併用することで、痛みが少なくなるようにしています。また、患者さんがお子さんの場合は、できるだけ怖がらせないような対応も心がけています。大人の方でも、問診の時点で歯科治療への恐怖心がないかどうかを確かめます。そのために、初診の方の場合は、最初にある程度時間を割いてお話をさせていただいています。それから口の中の写真を撮ったり、必要があればレントゲン写真を撮ったりして、現状の説明と治療の進め方について提案し、納得していただいてから治療を始めます。最初からいきなり削るようなことはありません。

歯科医師として印象に残っているエピソードはありますか?

4

訪問歯科診療も行っているんですが、ある施設に入居されている方で、現在102歳の患者さんがいらっしゃるんです。その年代ですと歯がほとんど残っていない方が多いのですが、その患者さんは20本以上残っているんです。そのせいもあるのかすごくお元気なんですよ。80歳で20本歯を残そうという「8020運動」が提唱されていますが、やはり自分の歯を残すことは大事なんだなと、身をもって体験できました。これからもできるだけ歯を残していくような治療を続けていきたいと思っています。歯を1本失うと、他の歯の負担も大きくなり、残っている歯も悪くなってしまいやすいんです。失ってしまった歯は元に戻せませんから、そうならないように、最初の1本を大事にするように、折に触れてお伝えするようにしています。

患者にとって生涯で最後の歯科医師になりたい

趣味や休日はどのように過ごしていますか?

5

勉強会やセミナーに参加していることが多いですね。やはり、患者さんに良い治療を提供するために、日々の勉強を大切にしたいと思っています。また、体を動かすことも好きなので、時間が取れるときは何かしら運動することも多いです。運動の中でも昔からしているのは、現在も社会人のクラブチームに所属しているバスケットボール。実は、妻と知り合ったのも大学のバスケットボール部だったんです。歯科医師の仕事を続けていく上で体力は必要ですからね。最近では子どもも少し大きくなり、家族で出かける機会も増えました。

診療面でこれから力を入れていきたい分野はありますか?

今後力を入れていきたいと思うのは、ひとつはインプラント治療ですね。義歯については経験豊富な院長にお任せして、自分はインプラントに力を入れていこうかな、と考えています。やはり、噛む力が強く審美的にも美しいので、歯を失ったときにインプラントも、選択肢の一つにできるようにしていきたいと思っています。中部ろうさい病院との病診連携も行っているので、難症例のときも対応できるようにしています。あとはやはり虫歯や歯周病の予防にも力を注いでいきたいですね。現在でも痛くて我慢できなくなってからいらっしゃる患者さんが少なくないんですが、重症になるほど治療も大変ですから、そうなってしまわないように、日頃の予防の大切さを伝えていきたいですね。

今後への展望と、読者へのメッセージをお願いします。

6

今後も家族ぐるみで来ていただけるような医院でありたいと思っています。ここは町内会のイベントなども盛んな土地柄で、地域にも活気があります。お祭りやソフトボール大会などにも参加させてもらっていますが、そういった交流を通して、患者さんとの間に一層の信頼関係ができるといいですね。歯科医師としては、専門性を高めるよりは、何でもトータルに診ることができる、スーパーマン的な存在をめざしています。患者さん一人ひとりにとって、生涯で最後の歯科医師になりたいですね。そのためにこれからも日々勉強を続けていこうと思っています。

Access