全国のドクター9,156人の想いを取材
クリニック・病院 161,371件の情報を掲載(2020年4月10日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 豊橋市
  4. 豊橋駅
  5. 山本歯科医院
  6. 山本 尚 院長

山本 尚 院長の独自取材記事

山本歯科医院

(豊橋市/豊橋駅)

最終更新日:2019/08/28

111056

JR・名鉄線豊橋駅から車で10分、豊川添いの閑静な住宅街に佇む「山本歯科医院」。3代にわたり受け継がれ、町とともに歴史を刻んだ同院からは、地域住民との深い絆が感じられる。同院では一般歯科はもちろんホワイトニングや補綴など歯科全般が受診できるほか、診療中の託児を行うなど患者への思いやりにあふれている。歯科治療において今できることは全てやってあげたいと語る山本尚院長に、開業の経緯や患者への想いを聞いた。
(取材日2016年10月24日)

祖父の代から受け継ぎ、地域住民との絆を築く

こちらの医院を開院された経緯を教えていただけますか。

Df1

山本歯科医院はもともと祖父が開院した歯科医院で、私は3代目の院長です。ですので、祖父や父の姿を見て、幼少の頃からいつか兄か私が継ぐのだろうと思っていました。兄は別の道を選択したこともあり、私は歯科医師をめざし、愛知学院大学の歯学部に入学しました。在学中は勉学に励む一方で開業医の歯科医院で勤め、大学院卒業後さらに2年間、別の歯科医院で経験を積みました。そして、私が院長となり当院を開院したのが24年前です。私が大学生の頃に父が亡くなり、約7年間当院は閉院していました。開院にあたり場所を移すことも考えましたが、近隣住民の方々から早く開院してほしいという声を頂戴したこともあり、設備や内装を改装して再びこの地でのスタートすることを決めました。

来院患者はどのような方が多いですか。

年齢性別ともにさまざまですが、比較的年齢層は高く、立地が住宅街ですので近隣住民の方が多いです。また、ありがたいことに、祖父が院長を務めていた頃に通院されていた患者さんのご家族が、代替わりをして通ってくださっていることもあります。そのほか、以前近隣にお住まいで、県外に引っ越されてからも継続して通ってくださっている患者さんやお子さま連れの方など、本当にさまざまです。昔からこの地域にある歯科医院ですので、地域住民の皆さまが気軽に通っていただけたらうれしいです。

先生が専門とされている分野を教えていただけますか。

Df2

大学で専門的に学んでいたのは補綴科です。私は大学の頃弓道部に所属しており、そこでお世話になった顧問の先生が補綴科の教授で、そのご縁があり補綴科を選択しました。何気ない始まりではありましたが、補綴科に関するさまざまな研究に励み、顎関節症のテーマで補綴専門の学位を取得しました。また、補綴科を専門としながらも、父から受け継ぐ医院を開院する目標がありましたので、大学院卒業後は開業医の歯科医院で勤務し、そこで歯科治療全般を経験しました。町の歯科医院には老若男女問わずさまざまな患者さんが来院され、当然のことながら患者さんによって症状は多岐にわたります。1つの分野に関して研究を極め、特化することも歯科医師としての長所だと思いますが、開業医の歯科医師には幅広い治療の知識と技術が求められます。そのために、複数の歯科医院で多くの経験を積ませていただきました。

治療は繋がっている。できる治療を全てやってあげたい

治療において大切にされていることはありますか。

Df3

一般歯科を中心にさまざまな診療内容で患者さんは来院されますが、1つの症状には複数の要因があり、それらが積み重なって起きているものです。部分的な治療で解決するのではなく、段階的な治療やメンテナンス、予防、全てが繋がって口の中を健康に導きます。ですので、何かに特別に力を入れるというよりは、それらの要因を解決できる幅広い知識や技術を持ち、丁寧な治療を行うことを大切にしています。そしてできるだけ治療の選択肢を広げ、たくさんの事をやってあげたいと思っています。また、治療内容や症状について丁寧に説明することも心がけています。安心して治療を受けていただくことはもちろん、ご自宅でのメンテナンスの必要性についてもご理解され、実践いただけると、症状の改善や予防に繋がります。お子さまや高齢の方にも伝わるようイラストや図表を使用するなど、開業当初から工夫を重ねている取り組みです。

診療項目にある歯のホワイトニングについて教えていただけますか。

当院では、2種類の歯や歯肉のホワイトニングを行っています。歯型から専用トレーを作成し、漂白用の薬を塗布して就寝時に口に取り付ける方法と、歯科用レーザー使用して歯を漂白する治療です。先ほど診療において幅広い技術や知識を持つことを大切にしていると申し上げましたが、一般歯科に限らず、患者さんが求める歯科治療において、今できる治療は全てやってあげたいと思っています。ですので、ホワイトニングについても治療法の選択肢を増やし、患者さんの要望に応える目的で歯科用レーザーも導入しました。

対応方針や設備など、治療の他にもこだわられている点があれば教えてください。

予約した時間に診療が受けられず、少し、時に長時間待ったという経験をされた方は多いと思います。当院ではそのような事は極力減らすために、1時間の予約は3名までとさせていただいています。予約した時間通りというのは当然の事だとは思うのですが、それを徹底することで患者さんにより心地よく受診いただくために行っている取り組みです。怪我や急な痛みなどで当日お電話を頂戴した場合には、なるべく待ち時間が発生しないように配慮し、診療します。また、乳幼児連れの方にも来院いただけるように、診療中の託児も行っています。私の妻が保育士免許を持っていますので、診療中は妻がお子さまをお預かりします。町の歯科医院として、地域の多様な環境の方が気軽に来院できる歯科医院をめざし、思いやりのある対応を心がけています。

往診も対応されているのですか。

Df4

医院まで足を運ぶことが難しい方も安心して歯科治療を受けられるよう、訪問治療も行っています。お問い合わせをいただければ、私が患者さんのご自宅を訪問し、診療します。現在件数は多くはありませんが、当院の患者さんの年齢層は比較的高く、また地域住民全体を考えても高齢の方の割合が高くなっていますので、今後必要性が高まるかもしれません。訪問できる距離には限りがありますが、可能な限り地域の皆さまのお役に立ちたいと思っていますので、お気軽にご相談いただきたいです。

患者にも主体的に治療に取り組んでほしい

休日はどのように過ごされているのですか。

Df5

以前はダイビングやキャンプなどに出かけていましたが、最近は備品の補充や機器のメンテナンスなどで1日が終わることが多いです。出掛ける例としては、時折開催される歯科関連の講習会を積極的に受講しています。歯科治療に関するものはもちろん、介護関連や障害を持つ患者さんへの対応方法などいろいろなテーマの講習会が開催され、診療にも生かされる非常に貴重な機会です。どのような患者さんが来院されても丁寧に診療できるように、そして時とともに進歩する治療技術を当院でもできる限り取り入れるためにも、常に学ぶ姿勢を大切にしています。

どのような歯科医師、歯科医院を理想とされていますか。

歯科医師として当然のことですが、患者さんに喜んでいただけることに尽きます。そのためにも、患者さんが抱える歯の悩みを解決できる幅広い知識と技術を備え、たくさんの治療を手掛けられる歯科医師でありたいです。基本的なことですが、そうした治療の積み重ねが、患者さんの喜びに繋がると思います。患者さんの歯の老化をできるだけ遅くすることが歯科医師の役割ですので、生涯においてできるだけご自身の歯でおいしく食事ができるよう、少しでも役に立つことができればうれしいです。

読者へのメッセージをお願いします。

Df6

歯科医師が治療に励むことはもちろんですが、歯科治療においては患者さんの努力も必要です。例えば、定期検診に通っていただくことや、ご自宅でのメンテナンスをしっかりと継続いただくことはとても大切です。その習慣によって炎症の予防や早期発見、症状の改善にもつながり、反対にそれができていなければ、無自覚の間に炎症が進行してしまったり、いくら治療を重ねても思うように改善しない場合があります。それらの取り組みの必要性をご理解いただくためにも、丁寧な説明を心がけています。患者さんにも主体的に治療に取り組んでいただきながら私も治療に最善を尽くし、結果的に患者さんの歯を健康に導くことで、より多くの方に喜んでいただけることを望んでいます。

Access