全国のドクター9,137人の想いを取材
クリニック・病院 159,055件の情報を掲載(2024年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 豊橋市
  4. 豊橋駅
  5. 医療法人誠流会 まつば藤城歯科医院
  6. 3つの法人理念を念頭に歯科医院が地域発展へ貢献し続ける

3つの法人理念を念頭に
歯科医院が地域発展へ貢献し続ける

まつば藤城歯科医院

(豊橋市/豊橋駅)

最終更新日:2023/07/21

まつば藤城歯科医院 3つの法人理念を念頭に 歯科医院が地域発展へ貢献し続ける まつば藤城歯科医院 3つの法人理念を念頭に 歯科医院が地域発展へ貢献し続ける
  • 保険診療
  • 自由診療

2つの歯科医院をグループ内に持つ「医療法人誠流会」。その内の一つ、豊橋市にある「まつば藤城歯科医院」は前院長が開業してから45年以上の歴史を持つ。「患者の健康・社員の笑顔・地域の発展」と3つの理念を掲げ、その理念に共感するスタッフたちとともに、日々診療にあたる。「ここに来るまでにはいろいろな失敗や挫折が何度もありました。でもその苦難を乗り越えて、現在は患者さん、スタッフにとって、より良い形で進んできていると思います」と明るく前向きに語る藤城直也理事長。今回は藤城理事長と、同院で診療に携わる歯科医師・内藤聡一郎先生、島一幹先生、スタッフの岡田カンナさんに、日頃の取り組みや地域に対する思い、より良い診療を提供するための工夫について話を聞いた。

(取材日2023年6月29日)

スタッフは支え合い切磋琢磨する仲間。助け合いの精神で前向きに仕事に取り組み患者の健康を守りたい

Q初めに、法人理念についてお聞かせください。
A
まつば藤城歯科医院 いつまでも清く流れる職場であってほしいという想いから命名した

▲いつまでも清く流れる職場であってほしいという想いから命名した

【藤城理事長】「患者の健康・社員の笑顔・地域の発展を実現すること」を法人理念として掲げています。そのための行動指針として「虫歯・歯並びの不整予防や食育を通じてたくましい子どもを育てること」、「働く人たちの子育て支援、仕事を通じての社会教育」、「健康寿命の長い高齢者をサポートしていく」という3点を挙げています。この指針に基づき、栄養士・歯科衛生士を中心にお子さまの食育や、食べる・飲み込む・話すといったお口の機能の向上のための取り組み、歯並び不整の予防的トレーニング・歯並び治療に特化した歯科医院運営を行っています。迷い悩んだときは法人理念に基づき行動を修正改善して進むべき方向性を確認してきました。

Q地域発展のためにどのような活動をされていますか?
A
まつば藤城歯科医院 理念や取り組みについて熱く話す理事長

▲理念や取り組みについて熱く話す理事長

【藤城理事長】歯科診療を通じて豊橋から三河全体を元気にしたい、という思いを常に忘れないようにと思っています。縁あって地元へ帰ってきたので、自分の住む町から始めようと思いました。そのためには、まず自分のコミュニティーである当院を地域貢献できる職場にすることから取り組みました。その一環として指針に基づいた行動、ボランティアや地域の清掃活動にも積極的に参加しています。当院から当院の立つ通り、そして近隣が次第に活気づいたら、豊橋市、日本全国へと広げていく。大きな志ですが、このような気持ちで仕事に取り組んでいます。こういった一人ひとりの考えが地域活性には必要だと考えています。

Q診療時に大切にしていることは何ですか?
A
まつば藤城歯科医院 いつも笑顔を心がけていると話す言語聴覚士の岡田さん

▲いつも笑顔を心がけていると話す言語聴覚士の岡田さん

【岡田さん】私は言語聴覚士として、会話や嚥下に困難を抱える患者さんに、訓練や指導をしています。往診がメインで寝たきりの方が多く、どうしても暗い気持ちになっている方が多いので、いつも笑顔を心がけています。気持ちが前向きになると、嚥下機能にも影響が望めますから、患者さんにも笑ってもらいたいです。また、患者さんは言葉でのコミュニケーションが難しいので、ちょっとした表情の変化などでお気持ちを察せるようにしています。外来では子どもさんの発達チェックやお口のリハビリテーションを専門としています。不安があるのに相談できない親御さんもいらっしゃいます。子どもさんはもちろん、ご家族の心のケアもしていきたいです。

Qより良い診療をめざすために工夫していることは?
A
まつば藤城歯科医院 スタッフとの関わりについて話す島先生

▲スタッフとの関わりについて話す島先生

【島先生】各スタッフの専門性や得意分野、興味は千差万別。個性を伸ばしていける体制があれば全体の診療レベルが上がると考え、関心のある分野についてヒアリングを行っています。また近年は、診療の効率化と働きやすさをかなえるため、残業のない診療体制を確立しました。終業後はそれぞれプライベートを楽しんだり、勉強会に参加したりすることで人間力も高まっていると思います。スタッフ同士の交流も増え、チームワークが良くなっているのも実感しています。スタッフに伝えているのは、常に患者さん目線でいるようにということ。「自分だったらこうしてもらいたい」という自身の家族を連れてきたくなるような診療をめざしています。

Q訪問歯科診療にも積極的ですね。
A
まつば藤城歯科医院 訪問歯科診療について話す内藤先生

▲訪問歯科診療について話す内藤先生

【内藤先生】主に口腔外科を専門に、大学病院や総合病院に勤務。その後約20年間、開業医として診療にあたってきました。年齢を重ね、歯科医療について一通りやり通したと思っていた時に藤城理事長と出会い、理念に共感して当院にやってきました。そして「これまで培った知識と技術を生かすには?」と考えた時に、訪問歯科診療であればお役に立てるのではないかと思いました。実際に患者さんを訪れてみると、介護士さんをはじめスタッフはハードワークであることを改めて感じています。高齢化に伴い、今後も訪問歯科診療が必要な方が増えていくと予測されますが、患者さんが納得し、感謝していただけるような診療をご提供したいと思っています。

ドクターからのメッセージ

藤城 直也理事長

世界の中心は自分の考え方次第で決められると思うんです。自己中心的になれということではなく、良くするも悪くするも自分自身の考え方・行動次第ということです。歯科医療に携わる人材として一人ひとりが自身の困難を受け止め乗り越えることで、医療の質の向上や地域の活性化につながる。これが患者さんの健康を支える上で不可欠と考えています。また、皆が助け合いの精神でみこしを担がなければ前に進めません。各分野の専門家を育て本当に社会から必要とされる職場になるためにも各世代の協力が必要です。その取り次ぎを行うのが僕の役目。今後も切磋琢磨できる仲間とともにより良い歯科医療を追求し、地域の皆さんの健康を支えていきます。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯並び不整の予防的トレーニング/1万円(6回6ヵ月間)、小児矯正(拡大床)/5万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access