求人情報ON
小川歯科医院

小川歯科医院

小川 比佐誌院長

110930 %e5%b0%8f%e5%b7%9d%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

JR岡崎駅より車で7分。愛知県岡崎市にある「小川歯科医院」は先代である父が1973年に開業し、2007年に現院長の小川比佐誌先生が引き継いだクリニックだ。同院では日本歯周病学会歯周病専門医資格を持つ小川院長が、大学病院での経験を生かして歯周治療を中心とした診療を行う。「患者さんと接する父の姿をずっと見てきたので、最近父譲りなところが出てきたと言われるのがうれしい」と語る、丁寧で真摯な対応が印象的な先生だ。「10年後、20年後もずっと良い状態を維持していただきたい」と話す小川院長に、同院の診療内容や力を入れていることなどについて詳しく聞いた。
(取材日2016年12月29日)

安心・安全を重視し数十年先を見据えた治療を行う

―歯科医院づくりをする上で、こだわったことはありましたか?

歯周病を専門に、新たな技術も取り入れた治療を提供して、最大の効果を得られることをめざしています。日本の医療基準が適用される範囲内で再生療法も実施しており、症状に合わせて歯周組織の再生を行うこともあります。歯周病をきれいに治した後も継続的にケアしていくために、機能的かつきれいな補綴物を入れて良い状態へ持っていき、プラークコントロールによってそれを維持して何十年と使っていただけるような治療を志しています。インプラントはバックグラウンドのしっかりしているメーカーのものを使いたいと思っています。保証もしっかりしていますし、導入のための費用は高いですがエビデンスがありますので、安心・安全を一番に考えた医療を提供したいと考えています。

―先生が安心・安全に重きを置くようになった背景についてお聞かせください。

私が歯科医師をしていて思うのは、きれいに作ったものはやはり長持ちするということです。こちらの想いを込めて作るものに関しては10年先、20年先も守り通そうという意地もあります。長期的に見たときに不安定なものは提供したくないと考えているので、その分コスト的には患者さんに負担をかけてしまうかもしれませんが、質の良くないものを使って再治療になっては結局患者さんに負担をかけてしまいます。そうならないように、より長期にわたって維持できるものを提供し、良いものを入れたからには定期検診にもしっかり来ていただいて、何十年も維持できるような治療を行っていきたいと思っています。

―こちらのクリニックの歯周病治療について教えてください。

歯周病が進行してしまった場合、再生療法や外科処置を積極的に行っており、細かく検査しスピーディーかつ適切に診断をつけて治療しています。歯周外科は歯科医師の持つ経験が大きく影響します。当院では日本歯周病学会歯周病専門医としての知識と、大学病院で歯周病をメインに取り組んだ経験を生かして治療を行っています。きちんと検査をした上で診断後に歯周基本治療を行い、必要があれば手術するという治療のスタイルは昔から変わっていません。急に来られた患者さんに対してすぐに手術を行うことはなく、必ず自分の目で確かめて診断をつけた上で対応しています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

歯周組織再生/12万円~(自由診療の場合)、インプラント治療/1本 42万円~、全顎SRP/10万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細