全国のドクター9,150人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月10日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 岡崎市
  4. 東岡崎駅
  5. 岸本歯科
  6. 岸本 大 院長

岸本 大 院長の独自取材記事

岸本歯科

(岡崎市/東岡崎駅)

最終更新日:2020/04/01

110868 1

名鉄名古屋本線・東岡崎駅北口から駅前通りを徒歩3分。国道1号線からも近く、車でも便利な場所にあるのが「岸本歯科」だ。現院長の岸本大先生が父のクリニックを継承し、改めて開業したのは2010年。地元・岡崎で開業することになるとは岸本院長自身も考えていなかったという。市中病院の口腔外科に勤務していた当時、治療の限界に突き当たるたびに胸を痛めて、いつしかかかりつけ医として、地元で歯科医として、転身を考えるようになった。生まれ育って慣れ親しんだ土地に暮らし、家族を愛し、生活を楽しみ、患者を笑顔にできる仕事がしたい……。一つひとつの質問と回答に、岸本院長の願いが感じられた。
(取材日2017年1月23日)

病院勤務医から生まれ育った地でのかかりつけ医として

開業から3代目になられるそうですね。

1

当院は僕自身が2010年に岸本歯科として開業しましたが、もともとは父親からの継承で、父のおじから歯科医院を譲り受ける形で、引き継いできました。本当は開業する予定は全くなかったんです。病院の口腔外科で働いていたので、その道で頑張っていくつもりでした。自分の将来を考えた時、ちゃんと噛める、ちゃんと話せる、笑顔になれるという一般歯科を思い出して、開業医として父の後を継ぐのもいいかと思うようになりました。

口腔外科に長く勤めて来られたのですね。

一言で口腔外科といっても、治療は多岐にわたります。当院では、親知らずの抜歯や埋没歯、過剰歯、矯正目的などで、他院や矯正歯科から紹介されて抜歯を行うことが多いですね。他には舌小帯や上唇小帯の手術が多いです。あとはインプラントも扱っています。また、歯茎や自分の歯を移植する歯周外科については、僕自身がお引き受けしないで他院をご紹介することがほとんどです。特に腫瘍がある場合、がんを疑うときはすぐに大きな病院をご紹介しないといけませんので、地域の基幹病院と連携する体制を整えています。なかなか治らない口内炎があり、インターネットで検索し心配になって来院される方もいらっしゃいますね。

患者さんの傾向はありますか。

2

物心ついた時には父の仕事場とわかっていて、僕も慣れ親しんだ場所ですが、患者さんの層や傾向は開業前に考えていたのとはだいぶ違いました。地元の方も当然いらっしゃいますが、転勤で来られていたり、進学や就職のためにこの土地を離れたりという方も多いんです。年末から春先にかけては人事異動が多いせいか「とにかくこの日までに全部治してほしい」とか「今、出張で来ているので帰るまでに治してほしい」と駆け込んでこられる患者さんもよくいるので、一定の信頼は得られているのかなとは思います。

患者の長期的変化を予測して、予防や治療の提案をする

小児歯科も扱っているのですね。

3

妻も歯科医師で、小児歯科は主に妻が担当しています。お互いに歯科医師としてそれぞれの専門性を高め、より良いクオリティの治療を提供したいと考えて、すみ分けていくようにと思っています。妻は、基本的なスタンスとして「タービンを持ちたくない」という考え方なんです。ゼロ歳から虫歯がない状態を続けて、死ぬまで自分の歯で噛めることをとても大切にしているので、小児歯科と予防歯科を頑張ってくれています。もしも患者さんの歯が壊れてしまったら、僕が最大限の努力で治療し、その後は妻に守ってもらうような形で、1人の患者さんを長く大切に診ていけたらいいなと思っています。

大切にしていることや診療スタンスを教えてください。

「患者さんの歯が今後どうなっていきそうで、どう守っていくのか」という、予知性を重要と考えています。状態から判断して、今後どんなことが起こりそうかを把握し、治療や予防に役立てていくことですね。具体的な例では、患者さんの歯が部分的にすり減っている状態を確認するとします。僕のほうから「歯ぎしりをしていますか」「食いしばりをしていますか」とおたずねしますが、自覚されていない方が大半なんです。そのまま放置すると、歯が悪くなった時にブリッジが入れられない、抜かざるを得ない状態になると予想できるんですね。歯ぎしりならば原因としてストレスや疲労も考えられますので、そういったお話をした上で、マウスピースや噛み合わせ治療をご提案し、あごや歯が壊れるのを食い止めたいと考えています。

これまでのご経験で、印象深い経験があれば教えてください。

4

病院の口腔外科で働き始めて2年目の頃の患者さんで、僕が病院を辞めたあとも勤務先についてきてくれて、開業後もずっと当院に通ってくださる方がいます。当時は入院されていて、僕もまだまだ勉強をたくさんしないといけない時期でしたから、患者さんのベッドサイドでお話しする時間が長かったのです。患者さんから「自分の話をよく聞いてくれる先生」と感じて下さりました。歯科医師と患者という立場であっても、お互いの人柄もわかるようになり、信頼を積み重ねてきたという感じですね。最初に診せていただいてからもう10数年たち、今では70歳近くなった患者さんですが、もしも再発があったら僕が全力で診せてもらいたいと思っています。

忙しさを言い訳にせず、自分のために検診を

歯科医師を志したいきさつを教えてください。

5

子どもの頃から活発でやんちゃで運動が好きだったので、消防士になってハイパーレスキューとして働きたいと夢を見ていたこともありましたし、もうちょっと現実的にはファストフード店の店長になりたいとか、体を動かして働きたかったんですね。昔の僕をよくご存じの患者さんがいらっしゃると「あの、やんちゃだった大ちゃんが、歯科医師になるとは」と驚かれることもあり、恥ずかしくなってしまうほどです。

休日はどのように過ごされていますか。

僕は家族が大好きで妻が大好きなので、一緒に買い物に行ったり、子どもと遊んだりするのが楽しいですね。充実した気持ちで仕事に取り組みたいので、家族との時間をしっかり取っています。趣味はウインドサーフィンですが、他にスポーツジムで週に数回、体を動かしています。歯科医師の仕事って、ずっと同じ方向に体をねじっていたり、体を乗り出したり首をひねったりと、無理な体制でいることが多いので、仕事のためにも運動は欠かせませんね。4年くらい前には、少し太っていたので肉体改造に取り組んだりもしました。また、時間の許す限り研修会や学会には出席します。道具や材料、医学などそれぞれの分野の進歩を追いかけていかないと、患者さんに良い治療を提供できませんから。

今後の展望と読者へメッセージをお願いします。

6

僕は治療の手が早いわけではありませんし、治療の早さを追求しようとは思いません。丁寧さを犠牲にして早く治療を進めるのは患者さんの不利益になりますので、ご理解いただければありがたいです。読者の皆さまにお伝えしたいのは、自分の体は取り換えがきかないのだから、検診や治療を怠らないでいただきたいということです。特に30代、40代の男性では、仕事が忙しいので歯科通いは無理とあきらめてしまい、忙しさを言い訳にして検診も治療もしない方が少なくありません。そのまま60代となり時間に余裕ができる頃には、歯はボロボロになってしまうのです。ですので、お忙しいとは思いますが、検診に来ていただければ幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

CT撮影及び診断/8000円~、インプラント埋入手術/20万円~、上部構造(かぶせ物)/10万円~、ホームホワイトニング/片顎1万5000円~・全顎2万円~、オフィスホワイトニング/2万円~ (4回目以降 照射1回5000円 + ホワイトニングジェル代)、デュアルホワイトニング/4万円~、マウスピース型装置を使った矯正/35万円~
(各費用については目安ですので詳細はお問い合わせください)

Access