全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)

さっさ歯科クリニック

佐々 真 院長

110749

妙興寺駅から車で7分、白と青が爽やかな外観の「さっさ歯科クリニック」が見えてくる。院長の佐々(さっさ)真先生は、38年間地元に親しまれてきた父の「佐々歯科医院」を受け継ぎ、2016年9月に同院をリニューアルオープンした。診療科目は幅広く、「今ある自分の歯をどれだけ残してあげられるか」を重視。対話を大切にした診療で、子どもからも人気のドクターだ。休日は歯科医師の妻と買い物に出かけたり、中華料理が好きで、よくチャーハンをつくるのだとか。「つくり過ぎるので食べ過ぎるんですが(笑)」と、おおらかに笑う裏表のない人柄に、患者が心を開くのもうなずける。明るく穏やかな空気が流れる同院で、地域医療に対する今後の展望や診療へのこだわりなど、佐々院長の思いをたっぷりと聞いた。
(取材日2016年11月22日)

歴史をつなぎ、新風を吹き込む

―開業までの経緯を教えてください。

もともと父が開業していて、ここは1階が診療所で、2階が実家だったんです。僕も結婚するまでの29年ずっと住んでいました。大学卒業後は他院で勤務医をしていて、何でも学ばせていただける院長だったので長く勤めていたんですが、ある年の父の年賀状に、“そろそろ佐々歯科をやってくれ”と書かれていて(笑)。考える時期だなと思って、ここに戻ってきました。リフォームすることも考えたんですが、新しい機械を入れようと思うと構造上合わないこともあって、これから僕はここで移転せず30年以上仕事をするので、思い切って建て替えました。

―リニューアルに際して、コンセプトやこだわられた点はありますか?

全体的に優しく穏やかな雰囲気にできたらいいなと思いましたね。なるべく光が入るようにガラス張りにして、院内は明るい色を多く取り入れています。ファミリールームは新しくつくりました。どうしてもお子さんがいると来づらかったり、お母さんが治療している間は待合室のお子さんと離れてしまうので、ベビーカーごと入ってもらえる部屋があるといいかなと。結構この部屋がいいと言って来てくださる方もいるので、つくってよかったなと思いますね。家族のうちの誰かが来てくださって、いいなと思ってくれた人は、その家族も来てくださるんですよね。そうやってつながっていけたらいいなという気持ちはありますね。

―地域の特徴や患者層はいかがですか? 

この地域は、虫歯の治療で来られる方も多いですが、それよりも虫歯がないかどうか心配で診てほしいとか、歯石をとって掃除をしたいとか、そういう方も多いですね。午前中は年配の方が多く、午後はお子さんと一緒に家族でみえる方も多いし、夕方は仕事帰りの方も結構みえるので、患者層は幅広いです。以前も父が診させてもらった方も来てくださるし、祖父は学校の先生でしたので、当時祖父に教えてもらっていたとか、僕が知らない時代の話をしてくださる方もいます。そういう意味ではやはり地域のつながりというか、この場所に歯医者がずっとあって、その歴史をつなげていくんだなっていう思いはありますね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細