全国のドクター8,880人の想いを取材
クリニック・病院 161,494件の情報を掲載(2020年1月28日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 豊田市
  4. 三河上郷駅
  5. 医療法人 岡田歯科医院
  6. 岡田 光明 院長

岡田 光明 院長の独自取材記事

医療法人 岡田歯科医院

(豊田市/三河上郷駅)

最終更新日:2019/08/28

20181115 bana

三河上郷駅から車で約5分。周囲に田畑が広がる静かな住宅街の中に「岡田歯科医院」がある。道路沿いで駐車場が広く用意されており、近隣から遠方の患者までアクセスが便利だ。岡田光明院長が開業して27年目を迎える同院は、長年通い続ける患者やクチコミ紹介の患者が多く、信頼の厚さがうかがえる地域に根差したクリニックである。院内は落ち着いた雰囲気の待合室に、キッズスペースを併設。診療室は白を基調とし、パーティションで仕切られて診療台が7台、またオペ室には1台、合計8台ある。1つの診療台に対して広々とした空間を確保し、診療台前面にある南向きの大きな窓からは明るい光が差し込んでいる。歯科医師は複数在籍し、チーム体制で診療を行うスタンス。岡田院長の思いを聞いた。
(取材日2016年2月15日)

生まれ育った土地へグローバルスタンダードな治療を

こちらの地域や来院する患者層について教えてください。

20190205 1

僕はここが地元なんです。勤務医時代もこの地にいましたから、よく知っている地域です。また当院には長く通ってくださる患者さんが多いですね。長い方だと25年来のおつき合いをさせていただいている方もいます。昔はカルテがすべて紙ベースだったので、レントゲンの写真も入っており、カルテが分厚くて。歴史を感じますよね。院内でも「先生、久しぶり!」なんて気軽に声をかけてくれる方もいます。駐車場も広く設けていますから、車で来れる範囲の方が大人から子どもまで来院されていますよ。

先生が歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

僕が小学生くらいのときに、祖父が口腔がんを患いました。手術した後の食事がすごく不便になっていて、何かしてあげたいという気持ちはあったのですが、何もできない自分に不甲斐ない想いを抱いていたことを今でも覚えています。その後、高校で仲良くなった友人が歯科医師の息子でして、その友人から歯科医師の話を聞いているうちに、やりがいがありそうな職業だなと、思ったのがきっかけですね。ずっと祖父のことが気がかりでしたし、何かをつくることが好きだったことも大きな要因かな。だから、補綴の実習は特に好きでした。実際勉強をしてみたら、人の病んでいる部分を改善していける醍醐味を見つけたし、症例を見たり、実際の治療の勉強を進めたりするうちにどんどん楽しくなって、やりがいを感じました。

開業までの経緯をお聞かせください。

20181115 2

開業は大学時代から視野に入れていました。自分の考えをしっかりと持って、歯科医師として人生を歩んで行きたいと思っていたし、そこに向けての勉強もしてきました。自身の将来を見据えて、症例の多い開業医院で勤務医として勉強させてもらい、助手として患者さんとも多く関わりながら臨床経験を積んでいきました。また、横浜で行われている勉強会にも参加し、グローバルスタンダードな治療を学びましたね。これは、補綴治療に特化して研鑽を積んでいる藤本順平先生が主催する、年間を通して行われる勉強会です。大学では学べないグローバルスタンダードな内容ですし、何コースも受講してかなり影響を受けました。15年前に受講し始めてから現在も勉強しに行っています。また僕だけでなく、当クリニックの先生方も行っていますよ。

患者との対話を重視。丁寧な説明と柔軟な対応を

診療で心がけていることはどのようなことでしょうか。

3

患者さんとの対話です。主訴や一番改善したいことが何であるかなど、患者さんが感じていることを話してもらえるよう努めています。訴える悩みに対して、なぜ現状があるのか、理由を説明したいですね。患者さんそれぞれに背景もありますし、体質もあります。何かしらどこかに原因があるので、しっかりとヒアリングをして、検査・診断することが大切です。ですから初診は時間がかかることが多いですよ。しっかりと時間をかけて、口腔内の写真や模型を使いながら、必要で適した治療を行います。どこまでの治療を望むか、患者さんのニーズも大切ですから、納得してもらえたら治療に入れるし、治療を見送る場合はリスクや今後の予測なども説明しています。患者さんの大切な歯ですから、真摯に向き合っていきたいです。

貴院の治療方針をお聞かせください。

ご自身の天然歯を残すことが一番だと考えています。当院で大切な歯を失ったときの治療法としてインプラント治療に力を入れているのも、インプラント治療を行うことで残された天然歯を守れる可能性が高くなると考えています。この考えのもと、多くのインプラント治療に携わり、現在では日本口腔インプラント学会の中部支部役員も務めさせていただいております。治療の選択肢は多々ありますが、選ぶのは患者さんですので、それぞれのメリットデメリットをご説明し、患者さんが選んだ治療の中で最善を尽くしております。どの治療においてもお伝えしているのは、ケアやメンテナンスの大切さです。優れた治療でも、ケアが不十分だと虫歯や歯周病、歯根破折など引き起こす確率が高くなります。治療後、良い状態をしっかりと維持してもらいたいので、定期的に検診を受け、噛み合わせによる負担などもきちんと確認し健康な口腔状態で過ごしてもらいたいですね。

健康な口腔状態ということで、予防歯科についてはどのようにお考えでしょうか。

20181115 4

予防とメンテナンスについては歯科医師とともに、歯科衛生士にも頑張ってもらっています。基本的なことが大事で、歯磨き指導やプラークコントロール、歯石の除去など、患者さんの口の状態に合わせて行っています。今は開業当初に比べると、予防に対する意識が高い患者さんが多いですね。時代とともに歯科医師が増えてきて、予防の指導も少しずつ浸透してきましたね。今は痛くなってから来院するより、予防するほうに患者さん自身の意識が変わってきています。うれしいですね。また、患者さんからは歯について説明してほしいという声もあります。話をすると患者さん側の意識も変わり、もっと知りたくなってくるようです。

チーム体制で診療。歯科医師全員が主治医

貴院には多くの先生が在籍しているようですね。

20181115 5

現在、歯科医師7人、歯科技工士2人、歯科衛生士8人、歯科助手6人、受付2人の体制です。研修医も受け入れています。スタッフ育成については僕も関わっていますが、スタッフ同士が教えあって成長しています。長年いるスタッフが自身の思いを後輩へつないでくれていますよ。頼れるスタッフに恵まれてありがたい限りです。また、歯科医師7人のうち2人は非常勤で、小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科をメインに週に2回診ています。

チーム医療を実践していく上で、工夫されていることはございますか?

当院ではチーム体制で診療を行っておりますので、患者さんに満足いただく治療を提供するためにスタッフ同士のコミュニケーションは欠かせません。歯科医師全員で毎晩ミーティングを行い、初診やその日来院された患者さんのことを共有しております。そうすることで、全員で患者さん全体を把握することはもちろん、治療に対するフォローもできますからね。研修医や若い先生から質問や意見も出ますし、治療計画の立て方なんかも若い先生はここで学んでいます。それから2人の技工士がいますが、開業当初から技工士は必要と考えていました。歯をつくる上で文章や写真だけでは伝えきれない繊細なことを伝えられるし、技工士も口腔内を確認できるので、より精度の高い仕上りをめざしていけます。勉強会なども参加していますし、スタッフ一同、患者さんにより良い治療が提供できるよう、院内全体でモチベーション高く励んでいます。

最後に読者へメッセージをお願いします。

20181115 6

とにかく困ったことがあったら、気軽に来院してほしいですね。ご自身だけで悩んでいてもわからないことはたくさんあるでしょうし、不安も解決されません。まずは来てもらえれば、どんな相談にも乗ることができます。「こんなこと聞いたら駄目なのかな」なんて思わずに些細なことでも聞いてほしいですね。たくさん先生もいますし、患者さんが安心して通うためにチーム体制をとり、全員で診ています。当クリニックのすべての歯科医師があなたの主治医と思っていただければいいのかなと。また、当クリニックは衛生環境にも力を注いでおり、欧米基準レベルの滅菌の機器を導入しております。エアクリーンシステムで空気もきれいに保つようにしています。院内感染を徹底的に防止することは当然ですが、患者さんが少しでも安心して通えるクリニックでありたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/27万5000円~
矯正歯科/部分矯正8万円~

Access