全国のドクター8,959人の想いを取材
クリニック・病院 160,758件の情報を掲載(2021年9月17日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 小牧市
  4. 小牧駅
  5. 丹羽歯科医院
  6. 丹羽 正一 院長

丹羽 正一 院長の独自取材記事

丹羽歯科医院

(小牧市/小牧駅)

最終更新日:2021/04/09

20210405 110136 top

小牧駅から徒歩8分、10台の駐車場を完備し、電車でも車でもアクセス便利な「丹羽歯科医院」は丹羽正一院長が1977年に開院。現在は息子の丹羽正樹副院長と2人で治療を行い、9月からは女性歯科医師も診察にあたるそうだ。2016年3月、バリアフリーに新築され、車いすやベビーカーでの来院も可能となった。キッズルームや保育士が常駐する託児室、おむつ換えができるベビーベッド、授乳室も完備。全室個室対応でプライバシーも重視。初診時にはプロのカウンセラーから指導を受けたスタッフがカウンセリングを行うなど患者にとって十分な説明を重視した治療を行っている同院。待ち時間をできる限り減らし、苦痛を取り去り、痛みを極力なくすことに努めるなど、治療に対するこだわりを丹羽院長に聞いた。
(更新日2021年4月1日)

老若男女、誰でも安心して通院できる歯科医院をめざす

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

1

父が薬局長をしていたので、その父の働く姿を見ていて、中学生の頃から自然と医師になろうと思っていました。実は、私の産まれも育ちも小牧で、この土地には江戸時代から祖先がいたようです。そのため、私は家の後取りでもありましたので、開院するのであれば、この地に開院しようと思っていました。最近はマンションが増えたので、それとともに患者さんも増えました。開院当時は歯科医院も少なく、遠方からの患者さんが多く来院していました。現在は歯科医院の数が増えてきたこともあり、幾分落ち着いてきましたが、今でも遠方から通ってくれる方もいるのでありがたいです。昔から通ってくれている患者さんは高齢の方が多かったのですが、リニューアル後はお子さんや若い方も大勢来院されるようになりました。

どのような治療をめざしていますか?

現在は歯科医師の次男と2人で診察にあたっているので、担当制にして治療がスムーズに行えるようにしています。1人の歯科医師が責任をもって治療にあたりたいですからね。1人の患者さんに時間がかかっているような場合は、他の患者さんを待たせると申し訳ないので、治療を交代することもありますが、基本的には同じ歯科医師が最後まで治療しています。そのような場合に意思疎通を取りやすいのが、親子で診療している利点ですね。虫歯や歯周病などの治療で来院される方以外に、最近ではメンテナンスなど定期検診で通われる患者さんも増えてきたので、歯科衛生士も増やしています。じっくり話を聞いてくれると患者さんの間でクチコミが広がっているようで、ホームページを見て来院される方も増えました。

リニューアルでこだわったところは?

2

まず、全室個室にしました。かわいい壁紙を貼った子ども用の個室も用意し、診察台から庭のイルミネーションを見ることができるようにもしました。診察台を倒していても観れるよう、天井にテレビを設置し、飽きさせないように工夫しています。診察後にはご褒美のカプセルトイ。子どもたちは楽しみにしてくれているようです。2階には保育士の資格を持つスタッフが在駐する予約不要の託児室と授乳スペースもつくりました。子ども連れで気軽に来院できるように配慮しています。また、荷物を入れられるように鍵つきロッカーもあります。ウォーターサーバーや、コーヒーやハーブティーなども用意するほか、混雑緩和のため、外来用と予約用の2つの受付を設けました。

患者に幸せを与えることをモットーに治療を行う

最近気になっている症状はありますか?

3

虫歯の治療で金属の詰め物をしている場合に、金属は年数がたつと腐食するので、二次カリエスを引き起こすことがあります。二次カリエスとは、金属の腐食によって詰め物の中が虫歯になることをいいますが、金属ではなくセラミックを利用して、長期的な目で見て患者さんにとっていいものを選ぶ治療も行っています。セラミックは歯との適合や接着もよく、さらには長持ちして腐食しにくいです。審美面でもきれいなので要望は多いです。基本的に自由診療にはなりますが、保険適用でできる場合もあるのでお問い合わせください。

治療の際に心がけていることはありますか?

痛くない、待たせないをモットーにし、治療がスムーズにできるようにしています。また、歯医者を怖がる患者さんも多いので、痛みの少ない治療ができるよう心がけています。当院では、笑気ガスを利用してリラックスして治療に入ることができるようにしています。ガスといっても危険性はほぼないので、幼稚園くらいの年齢のお子さんでも安心して使うことができると思います。昔は子どもの治療にのみ使っていましたが、最近は大人の患者さんにも必要とあれば使用することがあります。リラックスしている状態で治療を進めやすくなりますので。麻酔は表面麻酔剤というゼリーを塗ってから麻酔を打つので、痛みをほとんど感じません。

カウンセリングを重視しているそうですね。

4

患者さんの身になり、患者さんの立場に立つことが大切だと思っているので、初めて来た患者さんには必ず初診カウンセリングを行い、治療に入る前に患者さんの思いや要望をじっくり聞くようにしています。プロのカウンセラーを呼んで、スタッフに指導をしてもらうなど、カウンセリングを重視しています。患者さんに話をしてもらうことが重要だと思っているので。少しの痛みで来られた方でも初診の方や前回の治療より3ヵ月以上期間が空いた再初診の方には必ず行っています。早く治療に入りたいと要望があれば、すぐに治療を開始しますが、いざカウンセリングを行ってみると、困っていることが出てきたりするので、詰め物が取れたなどの小さなことでも、じっくり話を聞くようにしています。治療の途中でもカウンセリングを行っています。

患者のストレスを減らす努力を怠らない

待ち時間を少なくするためにどのようなことをしていますか?

5

スタッフ全員に無線機を持たせてやり取りをしています。院内が広いので、効率的に回る必要があるんですよ。そして、各個室に非常用の懐中電灯を設置し、診察室に患者さんが入っているかわかるように、点灯や点滅で合図するんです。そうすると、部屋の中をのぞかなくてもわかりますからね。中が見えない個室の診察室はタイマーを使って診察室に入ってからの待ち時間がわかるようにもしています。スタッフも目で見てわかりやすいですし、待ち時間を減らす効果もあるんですよ。また、9月からさらにスタッフを増やす予定です。女性の歯科医師が新たに加わるので、お子さんや女性の患者さんにも安心していただけるのではないかと思っています。当院は何か問い合わせや要望があったとき、できないものはない状態にしていきたいと日々努力をしています。

治療は予約がないと受けられませんか?

予約制ですが、急患も診察します。副院長と2人で診察するので、何とか時間を工面するようにしています。痛くて寝れないなどと言われると、かわいそうですし、急患も診察しないと患者さんの生活に影響が出ますからね。急患も対応することで、患者さんを幸せにできるのではないかと思っていますので、忙しいからと断ることはしません。できる限り受け入れるよう、受付のスタッフにも指導をしています。そうそう、スタッフといえば、当院では昼の弁当をスタッフ全員に配っていますよ。仕事前に用意するのは大変ですし、その分仕事に励んでもらったほうがいいと思うのです。何より人ありきですしね。スタッフを大事にしないと診察もスムーズに回りませんから、スタッフの負担が少しでも減るように大事にしたいのです。

読者へメッセージをお願いします。

6

女性は妊娠や出産を機に歯の状態が悪くなるケースが多いようです。当院には、平日午前中は常駐する保育士がいる託児ルームがあるので、自分のことを後回しにせずに、安心していらしてください。ベッドもあり、乳児連れや子どもの人数が多くても大丈夫です。診察スペースは隣が気にならないよう、プライバシーも守れる個室ですし、患者さんの立場に立って患者さんのための治療を、なるべくお待たせしないようにします。また、要望に沿った形で治療に入るようにもしているので、安心して任せてもらえればと思います。患者さんのために体に配慮したものや治療期間が短くて済む治療や材料を選んでいますし、セラミッククラウンなどを使った審美面に配慮した治療にも力を入れています。また当院は地域に貢献したいと「赤ちゃんの駅」にも登録しています。粉ミルクや紙おむつの用意があるので、困ったときには治療でなくても、気軽に立ち寄ってくださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミック5万円~
ホワイトニング8190円~
インプラント30万円~
矯正治療5万円~

Access