全国のドクター8,444人の想いを取材
クリニック・病院 161,468件の情報を掲載(2019年9月18日現在)


求人情報ON
林ファミリー歯科

林ファミリー歯科

林 寿男 院長
頼れるドクター掲載中

110065 %e6%9e%97%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e6%ad%af%e7%a7%91

痛い思いをわが子にさせないための予防歯科

―開業後、小児歯科を専門に勉強し直されたとお聞きしました。

はい。当院を開業してお子さんの診療をしていく中で、泣いてしまうお子さんへの治療の仕方や、保護者との関係性の難しさなどに悩み、尊敬していた教授に相談したことがありました。すると、「研究室へおいで」と誘われて、もう一度小児歯科の勉強をし直そうと思ったんです。休診日には研究室へ通い、博士号を取得しました。開業するとどうしても自分のやり方がスタンダードになってしまいます。大学で若い先生方と話をしたり、最新の治療を見たりすることで、「こうすればいいのか」とか「自分のやり方で間違いはなかったんだ」とか、いろいろなことに気づかされ、とてもよい刺激になりました。

―お子さんに対してどのような診療を心がけているのでしょうか?

子どもは最初に恐怖心を与えてしまうと、その後の治療ができなくなってしまいます。だから器具に触ってもらったり、診療台のモニターでアニメを観てもらったりしながら、徐々に雰囲気に慣れてもらうようにしています。もちろん歯が折れたなどの緊急時は、最初から治療を行わなければならないこともあります。お子さんは口も歯も小さいですが、僕は手が小さい方ですし、麻酔の注射も痛みが少ないように注意して行っています。細かな治療は比較的得意なので、お子さんの負担は少ないのではないかと思います。お子さんの治療は保護者の方とのやりとりも大切ですから、歯の模型や図を見せながらわかりやすく説明することを心がけています。実は私自身、子どもの頃は虫歯が多く、歯科医院で痛い思いをした経験があるんです。保護者の方も同じだと思うので、そんな痛い思いをわが子にさせないためにも予防歯科は大切ですよと伝えたいですね。

―保護者の方には、具体的にどのような指導をされていますか?

乳歯の虫歯は軽視されがちですが、乳歯の下にはすでに永久歯があるので、乳歯から菌が入ると永久歯に影響を及ぼすことがあるんです。ですので、3歳までは可能な限り口の中に菌が入らない状態を維持するよう伝えています。やわらかい筍も、3年無事に成長できると強くてかたい竹になります。お子さんの歯も一緒で、生えたばかりの弱い歯をいかに守れるかが重要です。例えば、お母さんが使ったスプーンでお子さんにごはんを与えないように注意をしています。お母さんのお口の菌が移ってしまいますからね。他には、虫歯予防としてのフッ素塗布や、歯の溝を埋めるシーラントもお勧めしています。最近は、噛み合わせを気にされる方も多いですが、出っ歯やすきっ歯を防止するためには鼻呼吸が大切です。顎を発達させることも大事なので、噛みごたえのある食事を勧めたり、一口で30回以上噛むようにしましょうと、生活や食事の指導もしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi before
Bunkyo before
Chiba before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細