求人情報ON
谷口歯科クリニック

谷口歯科クリニック

谷口 正憲副院長

頼れるドクター

109951

名鉄瀬戸線三郷駅より徒歩3分の場所に、2015年5月にリニューアルした「谷口歯科クリニック」はある。副院長である谷口正憲先生は、創設者の祖父・現在の院長である父に続いて、同クリニックの3代目。院内は明るく広々としており、キッズルームも設置されており子どもから高齢者まで来院しやすい環境だ。谷口先生は、以前に愛知医科大学病院歯科口腔外科に勤務し、麻酔科や救命救急科で研鑽を積んだ。一般歯科診療はもちろん、口腔外科・矯正歯科・インプラント・ホワイトニング・睡眠時無呼吸など幅広い診療を行っているのは、患者の悩みに可能な限り応えてあげたいという谷口先生の考えから。日々の診療を通して心がけていることなど、谷口先生に話を聞いた。
(取材日2016年9月12日)

口腔外科での経験を生かして患者の全身状態に注目する

―歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

歯科医師をめざそうと思ったのは、高校生ぐらいからでしょうか。祖父母と父が歯科医師という環境に生まれたというのも、影響を受けた理由ですね。父が働く姿を見て、夜遅くまで大変そうだなと思うこともありました。そうした様子を見ていて、気づいたら自分も後を追っていたというわけです。患者さんが「ありがとうございました」と笑顔で帰られたり、「楽になりました」と言っていただけたりするのは、この仕事をやっていて良かったと感じる瞬間ですね。スタッフも和気あいあいとやってくれて、どの歯科衛生士も明るくて優しく経験を積んでいる人ばかりですから、僕は素敵なスタッフに恵まれているなと思います。子どもの頃から車が好きで、もし歯科医師になっていなかったら、車関係の職に就いていたかもしれませんね。

―なぜ口腔外科を専門に選んだのですか?

今日、生活習慣病など何らかの疾患を患っている方は非常に多く、口腔内のみではなく全身状態を把握し、どんな患者さんに対しても、可能な範囲で口腔内とその周囲の悩みに応えられるような知識と技術を持ちたいという思いがあったからです。愛知医科大学病院では親知らずの抜歯や外傷、顎関節症、炎症、全身疾患のある方の診療など一般の歯科クリニックでは診療が困難な症例も経験しいろいろな勉強につながりました。また良性腫瘍から舌がんなどの悪性腫瘍の診療の経験を積めたことも勉強になりました。その他、麻酔科・救命救急科でもさまざまな経験を積んだことも現在の診療の支えになっています。退職後は研鑽を磨くために5軒の歯科クリニックを日ごとに代診していました。この経験を生かして地域医療に還元し、患者さんをサポートしていきたいです。

―得意とする診療についてお聞かせください。

一般歯科はもちろん、抜歯などの外科的処置は患者さんへの負担を極力少なくし、痛みなく少しでも早くきれいに治るようにと重きを置いています。また全身疾患をお持ちの方は、即座に治療できる状態かどうかを判断することも大切です。例えば、高血圧や糖尿病、脳卒中や心疾患、骨粗しょう症などの薬を内服している場合、治療の内容によっては注意が必要なこともあるため状態によっては主治医への相談、総合病院への紹介など他の医療機関とも連携をとっています。今現在の服薬状況・全身疾患に着目することも、口腔外科出身の強みですね。麻酔科や救命救急科での経験も生かされていると思います。

―先生の診療方針を教えてください。

まずは患者さんが訴える悩みに応えることです。痛い・噛めないなど、当院に来院された一番の目的から着目して処置します。この時、口腔内の状態はもちろん内服薬や全身状態も確認します。そして現在どのような状態で症状が出ているかを説明し、治療法をお話しした上で、患者さんご自身と一緒に相談の上治療方針を決めます。複数の治療法の選択肢がある場合は、それぞれのメリット・デメリットをお話しした上で治療方針を決めます。何よりもまず、患者さんの理解を得ることが大切ですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細