全国のドクター9,285人の想いを取材
クリニック・病院 161,120件の情報を掲載(2020年10月20日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 尾張旭市
  4. 印場駅
  5. しばた歯科・矯正歯科
  6. 柴田 敬介 院長

柴田 敬介 院長の独自取材記事

しばた歯科・矯正歯科

(尾張旭市/印場駅)

最終更新日:2020/10/05

109934

印場駅から南へ、千代田街道を瀬戸方面に少し進んだ渋川町の交差点を左に、洋風のたたずまいが印象的な「しばた歯科・矯正歯科」がある。院長の柴田敬介先生の専門は矯正歯科治療。開院から20年を迎え、2012年にリニューアルを行ったクリニックは、ダークブラウンと白を基調とした落ち着いた雰囲気が広がり、1階2階と多くのユニットを備えた空間に、たくさんの患者が訪れている。矯正歯科治療の他にも虫歯や歯周病、入れ歯やインプラント治療、審美的治療にエイジングケアなど幅広く対応。キッズルームも完備しており子どもの患者も多いという。歯科医師会など、地域での役割も果たす柴田院長の治療へのこだわりと考え方について聞いた。
(取材日2017年4月14日)

歯の健康と全身の健康の良い循環を

クリニックを訪れる患者さんの特徴を教えてください。

1

子どもからお年寄りまで、幅広い年齢層の患者さんが来院しています。午前中は高齢者と主婦層が、午後は子どもの患者さんが多く、時間が遅くなるにつれて子どもの学年も上がっていく傾向にあります。夜は日中働いている世代が患者さんの中心層ですね。開院して20年、地域密着型のクリニックということもあり、患者さんは地元の人が大半ですが、中には矯正歯科を目的に、県内はもちろん県外から通っている方もいます。歯科矯正は時間も費用も要する治療内容ですし、患者さんもどこで受けようか迷われると思います。私は歯学部卒業後も大学の医局に残り、6年間にわたって矯正歯科治療の経験を積んできました。遠方からの患者さんが多いのは、それらの実績が評価されているのかもしれません。

こちらのクリニックの特徴を教えてください。

専門は矯正歯科治療ですが、一般開業の歯科医院ですので、虫歯や歯周病などの一般歯科治療をはじめ、小児歯科、入れ歯の治療、インプラント治療、ホワイトニングなど、およその歯科治療は対応しており、矯正歯科治療を含めてひとつの治療院で包括的なケアを受けられることが特徴です。一般開業医の歯科医院で多いのは「矯正歯科治療は、専門の先生が来る、この日に来てくださいね」というケースですが、当クリニックでは日々の相談から治療、その後のメンテナンスまで、すべてを当クリニックで済ませることができます。また、妻で副院長の知里先生は、矯正が専門の私とはまた別の得意分野があります。彼女の歯科治療へのアプローチも、当クリニックの魅力の一つだと思います。

どのようなアプローチなのでしょうか?

20180817 2

2階に設けた「GRACE」というお部屋で栄養学に基づいた診療に取り組んでいます。お口の中の状態や患者さんのお食事をはじめとする生活習慣にも着眼して「お口の健康」から「全身の健康」をめさずアプローチをしています。人はそれぞれ、遺伝子はもちろん、生活環境も性格もすべて異なります。だからこそ、オーダーメイドの治療が必要だと考えています。患者さんのオプチマルヘルス(最上の健康)のために、生活習慣やサプリメントの提案、時には点滴もしています。県外からの患者さんもいますよ。また、このお部屋では「食事」「足育」「代謝」「栄養素」などをテーマに勉強会や講演会を開催しています。スタッフの資質の向上や、患者さんにもご参加いただき地域の皆さんの健康づくりに貢献できればと思っております。最近では口腔がん検診もスタートしました。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

小児歯科矯正は適切なタイミングで

「足育」とは何でしょうか。

3

足育は、足を良い状態にすると姿勢が良くなり、ひいてはお口の健康維持や全身の健康に寄与する、という考え方です。足の指を、使えていない方が意外に多いのです。矯正治療で歯並びや骨格を治しても、姿勢が悪いことで、治療後にまた元の悪い状態になる「戻り」という現象が起こりやすくなります。だから、歯の治療を行った後、その良い状態をキープするために、姿勢をはじめ全身のさまざまな要素を改善していく必要があるのです。実は当クリニックスタッフは全員、この足育を実践しているのですが、そのおかげか長時間の立ち仕事で腰痛を訴えていたスタッフも腰痛が改善されたようで元気に仕事をしてくれています。

先生の専門である矯正歯科治療について、小児矯正から教えてください。

小児矯正の良いところは、個人の成長にあわせて骨格から改善させることができるという点です。例えば、いわゆる「出っ歯」という症状も、歯だけが出ている場合と、骨ごと出ている場合があります。一見同じように見えても根本が違うため、適切な治療方法を施す必要があります。当クリニックの小児矯正でしたら、後者の「骨格の矯正治療」が可能です。適切なタイミングから小児矯正を開始すれば、極力自分の歯を抜かずに治せるのもお勧めできる点です。ただ治療期間については、小児矯正は成人向けの一般的なワイヤー矯正と比べて骨格から治したり、顎を広げたり個人の成長スピードにもあわせて処置をする関係で、治療開始から終了までに時間が必要です。一般的には成人の矯正よりも期間はかかります。それでも小児矯正は、本人の将来にとって大きなメリットであることは間違いないでしょう。

小児矯正を始める適切なタイミングはどのように考えられますか?

4

患者さんはそれぞれお口の状態が違いますので、矯正治療のタイミングは一律ではありませんが、一般的に適切なタイミングだと考えているのは、乳歯と永久歯が混在している時期です。前歯の上下4本が永久歯になる頃、奥歯の6歳臼歯と呼ばれる永久歯が生えてきますので、それらの永久歯がそろったら、周りの歯が乳歯であっても、矯正治療の開始を提案しています。6歳臼歯とは読んで字のごとく、6歳あたりから生えてくる一番大きな永久歯です。永久歯の噛み合わせで最も大切な歯ですので、ここでしっかりとした噛み合わせ基盤をつくることで、大人になってもきれいな歯並びで過ごせるようになります。当クリニックには、小児矯正を一番の目的に通っている子ども患者さんが多く、その点では昔と比べ、子どもの歯並びへの意識が高い親御さんが増えていると思います。

これからもトータルの健康づくりに寄与していきたい

成人の矯正治療に関する相談は、いつでも可能ですか?

5

相談を希望される方は、矯正相談の予約をお願いしています。相談は1時間ほどかけてさまざまな資料を提示しながら、治療方法や期間、気になる治療費などを説明しています。従来のブラケットを使った方法や、マウスピース型装置を使った矯正、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正など、患者さんのニーズに合ったものをご提案しますので、いくつかある選択肢の中からお選びいただけます。当院のスタッフには矯正歯科や歯並びに特化して研鑽を積んだ歯科衛生士が複数在籍しており、患者さんの不安や心配などを取り除いていけるよう取り組んでおります。また、矯正期間中のお顔に付随する筋肉のトレーニングやマッサージ、周囲筋へアプローチしたエステのメニューも充実しています。

スタッフさんが明るくて、話しやすい雰囲気ですね。

スタッフの年齢層は10代から60代までと幅広く、それぞれの経験を患者さんへの対応やクリニックづくりに生かしてくれています。また、診療時間中は全員がインカムをつけ、診察状況をスタッフみんなで共有しながら治療を行っていますので、随時さまざまな対応ができます。先の「全身の健康」への知識も、クリニック内で学び合い、患者さんに対して学んだ内容をアウトプットできるようスキルアップに心がけています。スタッフに親しみを感じてくれている患者さんも多く、雑談にも花が咲きます。その雑談から得る患者さんの状況はさらに診療へと生かせています。

これからの展望や、読者へのメッセージをお願いします。

20180906 6

多くの患者さんとのご縁を頂き、治療に携わらせていただく中で、地域の皆さんの健康維持に貢献したいという思いがますます強くなってきています。人は毎日の生活の中で小さな選択をしています。その小さな選択はやがて小さな流れとなり、そしてさらに大きな流れへとつながっていきます。現代はさまざまなことを選ぶことのできる時代になりました。私たちは、正しい知識と多くの経験を持って患者さんが個々において幸せな選択ができ、「健康」という宝物を持ち続けることができるようにお手伝いをしていきたいと思っています。「歯の健康から始まる全身の健康づくり」 尾張旭という地域から意識する人の輪が広がっていくことを願っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正の一例/40万円~、成人矯正の一例/75万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/75万円~(要相談)
歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正/10万~、インプラント治療1本/10万円~、ホワイトニング/2万~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access