全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月24日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. あま市
  4. 七宝駅
  5. はせがわ歯科医院
  6. 長谷川 千尋 院長

長谷川 千尋 院長の独自取材記事

はせがわ歯科医院

(あま市/七宝駅)

最終更新日:2019/08/28

109743

甚目寺駅から車で約5分、のどかな田園風景を抜けて、市街地をしばらく進むと「はせがわ歯科医院」が見えてくる。1990年の開業後、2度の改装を行い、現在はパーティションで仕切られた6台のユニットで、周りを気にせず治療を受けられる同院。院内はバリアフリーで、天井の高い待合室やキッズルームが完備されているのもうれしい。気さくで話上手な長谷川千尋院長は、西洋医学にとらわれない幅広い観点で、体全身の状態をトータルで診ながら歯を治療に励んでいる。患者の主訴を大切にした治療や地域医療の発展に貢献する長谷川院長は、いつも多くの物事に興味を持ちながら、前へ進んで行く。そんな長谷川院長に診療で心がけていることや今後の展望など、興味深い話をたっぷり語ってもらった。
(取材日2016年12月1日)

担任教師の勧めがあって志した歯科医師への道

まずは歯科医師をめざしたきっかけから教えていただけますか?

1

私の実家は農家を営んでおり、当院があるこの土地も以前は田んぼでした。高校3年生の時、いよいよ進路を決めなければならなくなり、家業を継ぐのは難しいと思いつつも、初めは農学部を検討していました。そんな中、高校に志望校をまとめた書類を提出する際、興味本位で受験科目がほぼ同じだった歯学部も記入したのです。そうしたら、これは偶然なのですが、当時の担任の先生は日大歯学部に進学したものの、家の事情で英語教師になったという経歴を持つ方で、書類を見た先生から「医療の道がいいぞ」と歯学部を勧めらたのです。迷いもありましたが、その気になってしまいましたね。実際問題、歯学部の学費はとても高かったので両親へ切り出しづらいと思っていたのですが、母親が歯学部に進んだほうがいいと後押ししてくれたおかげで、無事進学することができました。

開業までの経緯についてもお聞かせください。

大学を卒業したら、すぐに働きたいと考え医療法人仁志会・夫馬歯科クリニックへ勤務しました。私が在籍した愛知学院大学歯学部は、日本でも数少ない学生時代に患者さんの治療ができるカリキュラムを取り入れていましたので、すぐに治療を担当できました。そして自分自身が担当した患者さんの治療経過を見られるように、夫馬歯科クリニックには4年半くらい勤務しました。実際に経過を見て「よかった」例も多いですが「あの時こうできていれば、長持ちしたんじゃないか」などと思うこともありました。そこではたくさんの患者さんの治療を担当させていただき、実践で研鑽を積ませてもらえました。

現在の患者層はどのような方々ですか?

2

幼児から高齢者までとても幅広いですね。年代によって悩みもさまざまなので、どんなことにも対応できるようにしています。ただ当院の開業期間が長くなり、私自身の年齢が上がるにつれて全体的に患者さんの年齢層が上がったように思えます。開業当時20代だった患者さんが40代になっても来院されるなど、ずっと通ってくださっているわけなのでありがたいですよね。それでも、矯正治療の3分の2くらいはお子さんたちですね。現在は、1日におよそ40~50名位の患者さんに来院していただいています。

患者の主訴を大切に、体全体をトータルで診る歯科診療

患者さんの主訴はどのような内容が多いですか?

3

普通の歯科治療以外に特徴的なのは、不定愁訴、なんとなくの不調に悩む患者さんは多く、歯の治療でおみえになっても、別な部分に不調が見られることがあります。私は体全体の状態や生活習慣が、歯や口の中の環境につながっていると思うので、例えば噛み合わせが原因によるものであればそれにアプローチする治療を行いますし、別な部分であっても、相談に乗ったりアドバイスなどを行っております。何かひとつ専門で極めるよりも、口腔内の状態から全身を診ること、反対に全身の状態から口腔内にどのような影響があるかなど、あらゆる視点が必要と考えます。いろいろなことを幅広く取り入れ、体全身の状態をトータルで診ながら歯を治療していきたいというのが私の考えですね。

先生が力を入れている治療はございますか?

そうですね、全体的に幅広く診るようにしておりますが、強いて言うなら矯正歯科にもっと力を入れていきたいと思っております。昔、私自身が歯並びが悪かったことや、矯正のハードルを低くして、少しでも矯正を諦める人を減らしたいという思いからです。開業当時、この辺りに矯正歯科がまったくなかったので、最初から矯正を行うことを見越して、専用レントゲン設備も整えました。一般歯科で矯正を行うメリットとして、虫歯治療なども同時にできるので、一般歯科と矯正歯科の掛け持ちをしなくてもいいということ。そして、通い慣れた歯科で、いつもの歯科医師に治療を担当してもらえる安心感だと思います。当院では全身のことを考えた矯正治療を行っているので、ぜひ興味がある方には気軽に声をかけていただきたいです。

診療をする上で、もっとも心がけてらっしゃることは?

4

患者さんのお話をじっくり聞くことですね。お悩みを伺って、何を一番してほしいか擦り合わせた上で治療に入ります。患者さんのお話が主訴とズレることもありますし、複数の歯が悪くなっている場合など見極めに気を遣っています。治療のスタート地点を間違えてると、とんでもないことになってしまいます。どんな些細なことでも、気になることはすべて話していただけると助かりますね。また、患者さんの気が進まない治療を勧めることはしないよう心がけています。お子さんに関しては、言葉のかけ方にも注意を払っています。ぐずったり、泣いてしまう場合で、否定形で「痛くないよ」と伝えるのではなく、「ちゃんとできるよ」など、プラスの言葉で返すように心がけております。

医師や介護士と連携して、地域医療の発展をめざす

スタッフの方々と接する上で、心がけていることはありますか?

5

当院には歯科衛生士5名、受付2名がおりますが「主体性」を大切にしております。これは、心がけてもらっているというより、開業後すぐに忙しくなったことで、スタッフが自然と主体的に動くことを身に付けたと言った方が正しいですね。受付は幅広い患者層に対応できますし、歯科衛生士は予防やメンテナンス、歯周病のケアなども率先してやってくれるので頼もしいです。実は現在、「自分の歯を残す」という歯科医療全体としての取り組みは成果を上げております。これは定期的に歯科医院を受診する患者さんが増加し、診療室と自宅でのケアをしっかり続けるようになって来たからだと思います。診療室では歯科衛生士の力も大きいのです。より質の高い治療を提供できるよう、私を含めスタッフのスキルアップは欠かせませんね。

それでは、今後の展望についてお聞かせいただけますか?

広く地域を支えられる歯科医院として、医科や介護ともと連携して、包括的な訪問診療に力を入れていきたいですね。地域の高齢者が可能な限り自立した生活をめざすためにサポートする「地域包括ケアシステム」というものが始まったので、医師や介護関連の方々と連携して情報を共有することで地域医療を長い目でサポートして行けたらと思っております。また、これからも患者さんのお話にしっかり耳を傾けて、一方的な見解にならない、体全体をトータルで診る歯の治療に取り組んでいきたいと考えています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

現在社会はインターネットを中心に、本当にさまざまな情報が飛び交っております。その情報の中には、ピントがズレているものもあれば、個人の見解を一般論的に述べているものもあります。もちろん、正しいものもありますが、どれが正しいかの判断は一個人では難しいものです。それらしい内容を鵜呑みにしないで、ご自身で総合的に考えて、実際に見て・聞いて判断していただきたいです。もちろん、噛み合わせや矯正に関する相談であれば、当院に来ていただければきちんとお応えします。安易に情報に振り回されず、自分で確認することを大事にしてくださいね。どんな些細な相談でもお待ちしておりますので、何でも聞いてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正治療/カウンセリングは無料、診断料1万5000円、床矯正装置2万8000円~、舌側弧線装置(3Dリンガルアーチなど)2万3000円~、金属ブラケット1顎3万円、調整料1回3000円~、マウスピース型装置による矯正1個1万円~ (※いずれも税別、2018年7月現在)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access