全国のドクター12,573人の想いを取材
クリニック・病院 158,544件の情報を掲載(2024年6月24日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 愛西市
  4. 永和駅
  5. こばやし歯科
  6. 小林 大祐 院長

小林 大祐 院長の独自取材記事

こばやし歯科

(愛西市/永和駅)

最終更新日:2023/08/08

小林大祐院長 こばやし歯科 main

永和駅から北西へ車で約6分、県道125号線沿いにある「こばやし歯科」は、シロクマのマークが目印の歯科医院だ。2023年に小林大祐院長が父の小林久人副院長から同院を継承し、リニューアルオープン。新しい院内は、清潔感のある白や温かみのあるベージュを基調としており、待合室にはアロマの優しい香りが漂う。患者がリラックスして過ごせるようにという小林院長の配慮が随所に感じられる歯科医院だ。約40年にわたり、地域に根差した診療を提供してきた同院では、一般的な歯科治療だけでなく根管治療や矯正治療なども手がけており、患者のさまざまな悩みに対応している。どんな質問にも丁寧に受け答えする小林院長に、診療方針やめざす歯科医院像についてなど、幅広く聞いた。

(取材日2023年6月27日)

歯科医院が苦手な人でも居心地の良い院内へ

とてもすてきな内装ですが、どのような部分にこだわられたのでしょうか?

小林大祐院長 こばやし歯科1

実は、私の妻は歯科医院が苦手なのです。そこで、同じような気持ちの患者さんもできるだけ怖がらずに来てもらえるようにと思い、妻にデザインの確認をしてもらいながらリニューアルを進めました。極端に歯科医院とかけ離れた雰囲気だと敬遠する方もいるのではないかと思ったので、歯科医院らしさは失わないようにしつつも、妻の意見を参考にしながら直せる所の改善に努めたんです。具体的には、なるべく息苦しさを感じないようにスペースを広めに取り、色合いにも気を配りました。真っ白だと患者さんが緊張しやすいと思ったので、診療室は温かみのある白を使用し、ベージュやグレーも配しています。音楽に関しても、オルゴール系は病院っぽさが強いという意見だったので、リラクゼーション系のBGMにしています。待合室には、リラックス効果が期待できるアロマをたいていますよ。

院長として、これからめざす歯科医院像を教えてください。

国は予防歯科や口腔機能の低下への対策などに力を入れているので、当院でもオーラルフレイルの対策として、口腔機能訓練などできることはしていきたいですね。あと、この辺りは高齢の方が多い地域なので、あえてすべてをデジタル化せずに、紙の資料を使って情報提供していこうかなと思っています。歯科医師として、少しでも患者さんやその周りの方が「知っていて良かったな」と思えるような情報を発信できる歯科医院にしていきたいですね。長年通ってくださっている患者さんを大事にしながら、新しい患者さんも増やしていきたいです。まだまだ予防歯科が浸透しているとはいえない地域なので、さまざまなことを啓発しつつ、歯科医師会の仕事にも携わりながら、私が今まで学んできたことを患者さんに還元できればと思っています。

患者さんやこの地域にどういった印象をお持ちですか?

小林大祐院長 こばやし歯科2

私もこの地域の出身ですが、周辺には田畑が多く、昔ながらの団地もあります。私が小さかった頃は働いている方が多かった記憶がありますが、今はリタイアされた高齢の方が多い印象です。父の代からずっと通ってくれている患者さんもいますよ。当院は特定の治療に特化せず、広く対応できるというのが強みでもありますので、そこを皆さんにお伝えしたいと思っています。幅広く診療内容を掲げているのも、どんな分野に対応しているか一目でわかりやすいようにするためです。

残存歯を大切にしながら、患者とともに治療を検討

こちらの歯科医院では、どのような検査や治療が可能ですか?

小林大祐院長 こばやし歯科3

口腔内スキャナーによる撮影のほか、エックス線や歯科用CTなどによる検査が可能です。治療に関しては、虫歯や歯周病の治療はもちろん、インプラント治療やマイクロスコープを使った根管治療、複雑ではないケースでしたら矯正治療も手がけています。訪問診療にも対応していますよ。例えば、インプラントが入っている状態で要介護者になってしまうと、口腔内にトラブルがあったときに困ることもあるでしょう。そのような場合は、ぜひ当院にご相談いただければと思います。

診療方針をお聞かせいただけますか。

できるだけ残存歯の保存をめざします。しかし、保存することが健康な歯に悪影響を及ぼす場合もあるので、その場合はきちんとご説明をして、患者さん自身に考えていただくスタイルです。私が一方的に方向性を決めることはありません。「勝手に○○されてしまった」と思わせることのないよう、選択肢を提示してアドバイスをしながら、最終的な治療方法の決定は患者さんにしてもらうようにしています。そのために大切にしているのが、質問しやすい環境をつくることです。「質問はありますか?」「スタッフにでも良いので、何かあったら言ってくださいね」などとお声がけしていますよ。わかりやすく丁寧に説明することも重視しており、なるべくご理解いただきやすい資料を選んで患者さんに差し上げるようにしています。

訪問診療について詳しく教えてください。

小林大祐院長 こばやし歯科4

父の代から訪問診療を行っています。父より上の世代では、ご家族に言われて運転免許を返納されたという方も多く、交通手段に困っている方も少なくありません。最近は駅近くに歯科医院が増えてきているのですが、この地域の方は駅まで行くのが大変な方もいるんです。そのため当院では、通院が難しい方の所へ訪問しています。私がメインで担当しており、木曜日の午後に巡回するスケジュールです。私が行けない場合は父が対応しています。個人宅だけではなく、例えば障害のある方の集合住宅のような施設にも訪問していますよ。今はまだそんなにたくさん回っているわけではありませんが、これから訪問診療先を増やす場合もあるかもしれません。

地域に根差した診療を行いながら、予防について啓発

開業されるまでは、どのようなご経験を積まれてきたのでしょうか?

小林大祐院長 こばやし歯科5

愛知学院大学歯学部を卒業後、同大学歯学部附属病院で研鑽を積み、小牧市にある歯科医院でも半年ほど勉強させていただきました。その歯科医院には口腔外科を専門にする先生がいらっしゃったので、私も親知らずの抜歯に携わる機会が多かったです。小牧には工場がたくさんあって外国人の方も多いので、ブラジル人の方も多く診させてもらいました。ブラジルは英語圏ではないので、患者さんのお子さんに通訳してもらったこともありましたね。時には通訳アプリを駆使しながら、患者さんとコミュニケーションを取ったことを覚えています。その後、三重県にある宇治山田歯科医院へ行き、歯科診療全般の研鑽を積みつつ、保険診療の範囲内における小児の矯正治療の経験を重ねました。

たくさんのスタッフさんがいらっしゃいますね。

現在スタッフは、私の家族も含めて10人ほどいます。歯科助手が4人、歯科衛生士が3人、受付・事務スタッフが2人です。私の母も歯科医師で、受付業務をしたり、エックス線の撮影対応をしたりとサポートしてくれています。すごく助かっていますね。スタッフはほとんどの方がママさんで、和気あいあいとした雰囲気です。みんな仲が良いので、休憩時間の会話も楽しそうです。スタッフ間では報連相を大切にしていて、検討事案があれば、私に相談してもらった上で改善に努めるようにしています。報告時はなるべく動画など、わかりやすく事実が伝えられるツールを活用してもらい、きちんと原因を確かめてから対応することを心がけています。

最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

小林大祐院長 こばやし歯科6

私が皆さんにお伝えしたいのは、どんなきっかけでもいいから歯科医院で検診を受けてほしいということです。日本の歯科医院の受診率は、海外に比べると高くないと言われています。トラブルが進行してからの治療ですと、治療期間も費用もたくさんかかってしまう可能性が高いです。歯科医院に行くのが怖い、面倒だという気持ちはよくわかるのですが、定期的に通ってもらうほうが結果的には大きな費用もかからず、大変な思いもせずに済むといえるでしょう。私がよく患者さんに言うのは「治療してからがスタート」ということ。そこから健康な状態をキープするために、継続して通ってくださいとお話ししています。当院はリニューアルしたばかりなので、新しくてきれいな状態です。入りやすく過ごしやすい落ち着いた雰囲気となっていますので、ご自身に合った歯科医院をお探しの方や、歯科検診を希望される方などはぜひ一度お越しください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正治療/32万円〜72万円、インプラント治療/38万円〜

Access