全国のドクター8,459人の想いを取材
クリニック・病院 161,437件の情報を掲載(2019年10月16日現在)

加藤歯科

加藤歯科

加藤 隆朗 院長

109686 %e5%8a%a0%e8%97%a4%e6%ad%af%e7%a7%91

名鉄津島線の藤浪駅、名鉄尾西線の町方駅からそれぞれ徒歩約10分、周囲にはのどかな雰囲気を残す地区に「加藤歯科」は立つ。1981年に加藤隆朗(たかろう)院長が開業した同院は、35年以上にわたり近隣だけでなく、名古屋市西側の広い範囲の住民に寄り添ってきた歯科医院だ。加藤院長は長きにわたって海部歯科医師会の活動にも尽力し、近隣3市2町1村の歯科検診や歯に関する相談を受けるなど、口腔内の健康を守るための啓発活動を続けてきた。今後はさらに、時代のニーズに合わせ、高齢者や認知症の患者に寄り添った診療も考えていきたいと話す。長年歯科医師として地域と深い関わりを持ち続けている加藤院長に、力を入れている治療や、今後の展望などたっぷり話を聞いた。
(取材日2019年8月20日)

奥歯でしっかり噛むことが、体の健康につながる

―この地区で開業されたのはどのような経緯からでしょうか?

私が開業した頃は、この地域はまだ歯科医院がとても少ない時代でした。私の父は内科医師だったのですが、この辺りへも往診に来ていました。その時「この近くには歯科医院が少ないから、遠くまで行かなければならなくて大変」という話を聞いたんです。それで、この地区で開業することで、地域の人たちの役に立てればと考えました。実際開業してみると、かなり広い範囲から患者さんが一斉にいらっしゃり、大変な時期もありましたが、それでも、地域の皆さんが喜んでくださるのはうれしかったですね。今は、歯科医院も増えましたし、以前に比べると虫歯のお子さんも減っているので、診療のあり方も変わってきていると感じます。

―先生が力を入れている治療を教えてください。

総入れ歯の治療ですね。歯がまったくない方の総入れ歯は、歯科医師の技術の差がそのまま入れ歯の具合の良しあしに出やすいです。総入れ歯の技術をアメリカで作られた先生に教えていただいたことがあり、当院でもそのテクニックを生かして入れ歯を作っています。総入れ歯になると、噛む力が大きく落ちてしまうので、それを補うため、刃物とまな板の関係のように、奥歯のどこで噛んでも一点で当たってしっかりと噛める入れ歯を作ることを心がけています。

―入れ歯に抵抗がある人もいると聞きました。

高齢の方は入れ歯の人も多いのですが、入れ歯にはどうしても抵抗があるとい方もいらっしゃいます。そうしているうちに体調を崩してしまうと、ますます入れ歯を入れるのが大変になってしまいます。でも、奥歯でしっかり物を噛むというのはとても大事なことで、奥歯できちんと噛めていない人は、転倒や認知症につながるリスクが高いともいわれています。ですから、歯がない方は、入れ歯を入れる習慣をきちんとつくってほしいと日頃からお話ししています。いきなり長時間入れるのは大変だと思いますので、まずは食事の時だけ、次に1日数時間だけというように、徐々に入れ歯に慣れてもらい、奥歯でしっかり噛む習慣をつけてもらうようにしています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

歯列矯正 25万円~ / 部分矯正 5万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細