求人情報OFF
すずき歯科

すずき歯科

鈴木 啓元院長、萬田 佑唯先生

109591

歯は削らず守ることを優先。子どもの話もしっかり聞く

―こちらでは予防も重視されていると伺いました。

【鈴木院長】歯は、私たちが削ったりすればするほど、弱くなってしまいます。やはり天然の歯が一番強く、それに代わって一生持つような人工の素材はありません。例えばインプラントは確かに強いのですが万能ではなく、噛む力の強い人だとセラミックが欠けてしまうこともあります。天然の歯は歯根膜がクッションの役目をするので大丈夫ですが、人工の歯にはそれがないのです。もちろん壊れないように治療しますし、壊れても修理できるのですが、予防して歯を守ることが一番大事です。当院のモットーはできるだけ「削らないこと」。お口の中の細菌を顕微鏡で調べ、歯周病のリスクを確認することもできますので、その人に合わせて定期的な来院をお勧めしています。

―院長は噛み合わせも大事に考えておられますね。

【鈴木院長】必要な方、関心のある方には、夜だけマウスピースを装着して強く噛みしめないようにするための提案をしています。噛みしめや歯ぎしりの問題だけでなく、睡眠時無呼吸症候群の方の中には、顎をゆがめないと呼吸できないという方もいます。噛み合わせを良くしようと思うと呼吸ができなくなってしまうので、いかにそれを調整するかということも噛み合わせ治療の難しいところであり、おもしろいところでもありますね。

―佑唯先生は、お父さまである院長と仕事をされて、いかがですか?

【佑唯先生】おこがましい言い方かもしれませんが、父は、効率の良い仕事の仕方をしていると感じます。複数の患者さんの診療がスムーズに行くよう、順序や動線を考えながら常に配慮しているんですね。また一緒に暮らしてみて、父はこんなにも休みがないんだ、と驚きました。休診日はしょっちゅう講習会や勉強会に参加しているんです。私も一緒に行くこともありますが、ベテランとなってもまだ学びたいことがある、そんな探求心と向上心は見習いたいと思います。

―お二人が普段、心がけていらっしゃることを教えてください。

【鈴木院長】患者さんにはなるべく専門用語を使わないで、わかりやすくご説明しています。レントゲン写真をお見せしたり、時には絵を描いてみたり、目で見ると理解していただきやすいと思っています。
【佑唯先生】お子さんと接する時はしっかり目線を合わせ、お子さん本人にお話していただくように心がけています。お母さんは、この時間にこれをして、ということははっきり覚えていらっしゃるので、それももちろん大事なこととしてお聞きするのですが、口の中のどこが気になるのか、どんな時に痛いのかなどは、やはり本人が感じていることを伝えてもらった方が正確な診察ができます。ですから、お子さんとのお話の時間は大事にしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細