全国のドクター12,757人の想いを取材
クリニック・病院 158,424件の情報を掲載(2024年7月14日現在)

  1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市中京区
  4. 三条駅
  5. 小林歯科医院
  6. 小林 俊博 院長

小林 俊博 院長の独自取材記事

小林歯科医院

(京都市中京区/三条駅)

最終更新日:2024/05/17

小林俊博院長 小林歯科医院 main

京阪本線・三条駅より徒歩4分。その他、京都市役所前駅や京都河原町駅からもアクセスの良い場所にあるビルの4階で診療を続けてきたのが「小林歯科医院」だ。分野ごとの専門の歯科医師の担当制を取り入れ、質の高い医療の提供をめざしている。「機能的にも審美的にも満足してもらいたい」と語る小林俊博院長は、痛みの少ない治療や丁寧な事前説明など、患者の負担軽減にも尽力している。アクティブな趣味で鍛えた足腰と、長年研鑽を重ねた技術を武器に、40年以上にわたって多くの患者から選ばれてきた歯科医院だ。「痛みに敏感な方にこそ頼ってほしい」と話す小林院長に、担当制というスタイルを取り入れた背景や患者に対する思いを聞いた。

(取材日2024年4月5日)

担当制で「質の高い医療の提供」をめざす

40年以上この地で歯科医院を続けていらっしゃいました。この場所を選んだ理由から教えてください。

小林俊博院長 小林歯科医院1

開院当時から、自由診療を主体とした治療を行っていきたいと考えていました。地域の皆さんはもちろん、遠くからも通っていただけるようにと考えて、交通の便が良い場所を探していました。この場所であれば、複数の駅が徒歩圏内にあり、買い物ついでに立ち寄ることも容易なので、利便性が高いと思い選びました。京都市内だけでなく、大阪府や兵庫県、福井県から通院されている方もいらっしゃいますね。当院は担当制を取っていて、私がメインで行うのは、審美歯科や補綴、インプラント治療です。遠方から泊まりがけで来られる患者さまもいらっしゃるので、完全予約制で一人ひとりにしっかりと時間をかけて向き合っています。

担当制というスタイルは、こちらの大きな特徴ですよね。

はい。現在は、一般歯科や予防歯科の他に、歯周病治療、矯正、審美歯科、インプラント治療など、専門性の高い技術を持った9人の歯科医師が、分業しながら診療にあたっています。アメリカでは、一つの診療に特化した歯科医院が各地に点在していて、必要な治療に合わせてそれぞれの歯科医院に通うのが主流なんです。歯周病の治療はあちらへ、それが終わればこちらの歯科医院で根管治療を……と、患者さまが歯科医院を転々としなければいけません。専門性を確保しながら、それと同じ診療を当院に来るだけでできることをめざしました。それぞれの分野で高い専門性を持ち、多くの症例に携わってきた歯科医師が治療を担当することが、当院の強みです。

担当制にされた理由や、小林院長が大切にされている思いを教えてください。

小林俊博院長 小林歯科医院2

私が目標にしているのは「質の高い医療の提供」です。その実現のためには、機能的にも審美的にも患者さまの理想に近づけることが大切だと考えています。例えば、矯正をする場合きれいな歯並びをめざすことは当然なのですが、機能的回復、つまりしっかりと噛めるようになることにつなげるのが、きれいな歯並びをめざすこととイコールになると考えています。それぞれの分野に特化した歯科医師が治療にあたり、全体のバランスも診ながら機能的な改善を図る。それが心理的な喜びにもつながることで、質の高い医療となり得ると思っています。

徹底したコミュニケーションで「納得できる治療」を

「質の高い医療の提供」のために、診療で気をつけていることや工夫されていることは何でしょうか。

小林俊博院長 小林歯科医院3

当院では「一口腔一単位」という考え方を大切にしています。一本の歯だけではなく、お口全体を一つと捉えて、機能的かつ審美的な回復を最終目標とする考え方です。そのために必ず初回の診察の際にエックス線検査器や歯科用CT、診断用模型などを使いながら口腔内をチェックし、患者さまに現在の状況を説明します。今後の計画を組み上げた「プランニングノート」を作成して、納得していただいた上で治療を進めています。また、可能な限り痛みの軽減を図り、リラックスした状態で治療を受けていただくために、表面麻酔や笑気吸入鎮静法(笑気ガス麻酔)を導入しています。寒い時期に急に冷たいものを注射されると不快感につながりますから、麻酔薬を人肌に温めることなども刺激軽減の一つとして取り組んでいます。

インプラント治療にもこだわっているとお聞きしました。特徴を教えてください。

インプラント治療に限ったことではなく、どんな歯科医師でもめざすべき基本の姿勢ではありますが、何よりも大切にしているのは「決して傷つけないこと」。間違ったところを傷つけてしまい、患者さまが「治療を受けなければ良かった」と後悔するようなことはあってはならないと考えています。また、当院がめざす「質の高い医療の提供」には、やはり納得して治療を受けていただくことが大前提です。カウンセリングをしっかりと行い、診断や検査の結果を丁寧に説明します。その上でどんな治療を選択するかは患者さま自身の意志と理解に基づいていなければいけません。いわゆる「インフォームドコンセント」は何十年も前からいわれていることですが、形式だけのものではなく、徹底したコミュニケーションが重要だと考えています。

どんな治療でも、ベースになるのはコミュニケーションの徹底ということでしょうか。

小林俊博院長 小林歯科医院4

そうですね。例えば、手術当日にお酒を飲みたい方や、インプラントの手術をして満足してしまい歯磨きを怠る方もいらっしゃると思います。避けてほしいこと、してほしいことなど、こちらの願いもしっかりと理解していただかないと、治療をしても中途半端な期待で終わってしまう可能性があるのです。やはり、患者さまとのコミュニケーションは欠かせませんね。また長く健康を維持してもらえるような土台作りには、生活習慣や高血圧症や糖尿病などの歯科以外の病気についても考える必要があります。当院で診療にあたる歯科医師は、全国各地で日々経験を重ねています。その上、内科や耳鼻科、精神科などの医師に加え、薬剤師、医療事務など院内外のさまざまなスタッフとの交流や連携が可能です。その中で得た多角的な視点から、歯科治療だけではない選択肢を提案することは、今後もっとスタンダードになっていくべきであり、当院の大きな強みだと考えています。

めざす診療の実現のため、スタッフ一丸で臨む

院内のこだわりを教えてください。

小林俊博院長 小林歯科医院5

担当制を採用することにより曜日や時間帯によって診療に出ている歯科医師が変わるのが、当院の大きな特徴です。そこで、特に時間のかかる治療をメインにしている私の診察台は奥に、虫歯や歯周病など保険診療をメインに行う台は手前に配置しました。どの患者さまも落ち着いて治療を受けられるよう、動線に配慮しています。加えて、インプラントの処置をする場合、院内を貸し切りにして行うこともポイントです。周囲を気にせず治療を受けていただけるので、患者さまの安心にもつながっていると思います。また、ご希望に合わせて訪問診療に対応していることも、より「かかりつけ医」として利用してもらいやすい歯科医院づくりの一環です。

ところで、休日の過ごし方やご趣味はありますか?

夏は水上スキーやウェイクサーフィン、冬はスキーが趣味です。スキーは3歳から、水上スキーも長年の趣味として50年ほど楽しんでいますね。体力づくりのために、休日はウォーキングやトレーニングをしています。肉やワインなど、好きなものをしっかりと食べることも大切にしていますが、孫の存在が一番の元気の源ですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

小林俊博院長 小林歯科医院6

当院では十分なご説明を行い、納得いただいてから治療に進むことを徹底し、「質の高い医療の提供」をめざしています。機能的にも審美的にも満足いただきたいという思いのもと、歯科医師、歯科衛生士が一丸となって患者さまを支えています。痛みに敏感な方や不安を感じている方にこそ、頼っていただきたいですね。お困りのことがあれば、何でもご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/1本55万円~、矯正/16万5000円~、ホワイトニング/1万1000円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access