全国のドクター8,992人の想いを取材
クリニック・病院 161,454件の情報を掲載(2020年2月24日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市阿倍野区
  4. 東天下茶屋駅
  5. 医療法人 吉村歯科医院
  6. 吉村  信一 院長

吉村  信一 院長の独自取材記事

吉村歯科医院

(大阪市阿倍野区/東天下茶屋駅)

最終更新日:2019/08/28

108707 %e5%90%89%e6%9d%91%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

東天下茶屋駅から歩いて7分ほどの住宅街にある「吉村歯科医院」。現院長の吉村信一先生で3代目となる歴史あるクリニックで、子どもの矯正から歯周病治療、高齢者の口腔ケアまであらゆる口の悩みに対応している。「患者さんのためにより良い治療を提供したい」と語る吉村先生は、先進の矯正治療を学ぶ研究会に参加したり、東洋医学を治療に取り入れたりして日々技術向上に励む努力家。通院が困難な高齢者のために訪問診療に赴き、休診日にも電話応対をするなど熱い情熱をもって地域医療の発展に取り組んでいる。そんな吉村先生に、診療方針や仕事のやりがい、口腔ケアのポイントなどについてたっぷりと聞いた。
(取材日2018年9月6日)

夫婦二人三脚で患者の心に寄り添う

これまでのご経歴について詳しく教えてください。

1

大阪歯科大学を卒業後、大学の補綴学第3講座に入局して部分入れ歯や顎関節症について研究しました。その後島根県にある予防歯科に力を入れておられるクリニックでお世話になり、学校の虫歯予防推進プロジェクトに参加したり、高齢者の訪問診療に取り組んだりして、地域医療のさまざまな分野に関して研鑽を積みました。祖父の代から続く当院で勤務を始めたのは1997年のことで、その後父の後を継いで2005年に院長に就任し現在に至ります。この間にも補綴や歯周病に関する専門知識を身につけたり、咬合治療を学んだりしましたね。現在も月に一度、福岡県で開かれている床矯正の研究会に参加したりして、新たな知識や技術を習得しています。

どのような患者さんが多く来られますか?

今は小さなお子さんから高齢の方まで、さまざまです。子どもの矯正治療に力を入れているので、お子さんの受診は多いです。10年くらい前と比べると新しく転入してきた若い世帯も増えたようで、最近では街でもお子さんの姿をよく見かけるようになりました。私もこの地域の出身なので、活気が出ているのを感じてうれしく思っています。ありがたいことに、当院の患者さんの多くはクチコミで来ていただいています。駐車場もあるので、車を使って遠方から来られる方もいますね。中には、結婚して東京に引っ越されたのに、帰省の時を利用していまだに通院してくださる患者さんもいらっしゃるんですよ。

診療の際に心がけていることは何ですか?

2

時間をかけて患者さんの話を聞くことです。歯科衛生士である私の妻が間に入って、患者さんの訴え、症状、ご希望、治療にどれくらい時間がかかりそうかなどをカウンセリングして洗い出し、きちんと患者さんを診られる体制を整えてくれています。初診の患者さんには、時には1時間近くお話を伺うこともあります。特に妻の説明は詳しくてわかりやすいと言っていただくことが多く、そういうところでご支持いただいているのかなと思っています。2人で集中して話を伺い、できる限り複数の選択肢から治療法を選んでいただき、患者さんが希望されるペースで、正確な治療ができるよう心がけていますね。他にもベテランのスタッフがたくさんいるので心強い限りです。またなるべく神経を抜かずに治療することも重視しています。神経を取ると歯がもろくなり、破折などで歯を失うことが多いからです。そこで定期的に虫歯や歯周病のチェックをするようにお勧めしています。

子どもの床矯正に注力し、生涯使える健康な歯に導く

多い主訴や、力を入れている治療を教えてください。

3

やはり歯周病でお困りの方が多く来られます。当院ではクリーニングの他、抗生物質などの薬を服用する歯周内科療法も取り入れています。またPMTCといって、やわらかい器具で歯面や歯肉を傷つけずに優しく磨くクリーニングも行っていて、歯周病の治療や予防に役立てています。歯痛や口内炎の痛みを緩和するために、漢方を処方することもあるのは当院ならではでしょうか。他には特別なことをしているわけではありませんが、基礎となる治療をしっかりと行って、予防に力を入れていることがこだわりです。歯科治療は何と言っても予防が大切なのです。その点で、幼少期の歯のケアには特に気をつける必要がありますね。虫歯が見つかったり、噛み合わせに問題がある場合は早期に治療を始め、口のトレーニングなどを行って早めに治すことが肝心です。

お子さんの治療では、具体的にどのようなことを行っているのですか?

重視しているのは床矯正、つまり歯の周りの骨を広げることによって歯列を整えることをめざす矯正方法です。口の中が狭いと障害を生じやすいんです。口内は上顎の形によっておおよそ「丸型・三角型・V字型」の3型に分かれます。丸型のお子さんはきれいに歯列が整っていることが多いのですが、三角型の子は問題が起きやすく、V字型の子は不正咬合が起きやすい傾向があります。単に歯並びが悪くなるだけでなく、年を取った時にオーラルフレイル(歯・口の虚弱)や摂食嚥下障害を招きやすいので、生涯健康で過ごすためにも幼稚園くらいからきちんとケアしておくことが大切です。方法としては口内の状態を調べ、問題があれば装置を使って矯正していきます。合わせて機能訓練をしながらきちんと噛めるように導きます。またお子さんに前向きに治療を受けていただくためにも、その子に合ったペースで治療を進め、笑顔で帰っていただくよう心がけていますよ。

向上心が高くていらっしゃいますが、その原動力となっているものは何ですか?

4

当然のことですが、すべては患者さんが喜ぶ良い治療をするためです。新しい知識や技術を身につけるのもそのためですし、休診日も困っている方がいれば力になりたいので、電話がきたらスマートフォンに転送していつでも受けられるようにしています。また、患者さんにとって歯科知識はわかりづらいものも多いので、疑問解消のためにも医院オリジナルの新聞を作りご紹介したりもしているんですよ。子どもの頃から両親に歯科医師になるよう言われてきて、自分も当然のように歯科の道へ進みましたが、今まで続けてこられたのはやはりこの仕事が天職だからではないでしょうか。仕事に関しては嫌だとか辞めたいとか思ったことは一度もないんです。きちんと治療すれば口が応えてくれるのが、歯科の何よりの魅力です。やはり目に見えて良くなるとやりがいを感じますね。

高齢者の口腔ケアを通じ地域医療に貢献

今後の展望を教えてください。

5

これからは高齢化が進み、高齢者の嚥下障害なども増えてくると思われますから、ニーズに応え、しっかりと対応していきたいですね。高齢の方の往診に行くと、やはりおいしくご飯が食べられることはQOL(生活の質)を高める上でもたいへん重要なことだと感じます。週に一度、介護施設でも訪問診療をしているのですが、認知症の方に快く診療に応じていただくにはどうすればよいかなど、要介護者の口腔ケアならではの課題にも、日々工夫しながら取り組んでいます。今は主に休診日を利用して往診をしているのですが、今後はクリニックに来るのが難しい方の診療も増やしていきたいです。

お忙しいかと思いますが、休日のリフレッシュ法や健康法を教えてください。

テニススクールに通っていて、体を動かすのが良い気分転換になっています。テニスは大学時代から始めたのですが、体育会系クラブに入ってハードな練習をこなしてきました。そのおかげで体力がついて、仕事で忙しくてもなんとか耐えられています(笑)。テニスがきっかけで交流の輪も広がりましたから、やって良かったと思っています。また家でチワワを飼っているので、犬と一緒に泊まれる宿を見つけて旅行に行くのも好きです。健康面では、ダイエットをして痩せたのをきっかけに、食事はずっと野菜中心のヘルシーなものを取るようにしています。

最後に、読者へメッセージをお願いします。

20180926 6

口の中の健康状態は、生まれた時から高齢になるまで、ずっとつながって影響していくものです。まず子どものうちは、口の中の広さやボリュームを正しく診てもらえる歯科に相談してケアしてあげてください。30代から50代にかけてはクリーニングを定期的にやっておくと、その後の人生の健康維持に大きく役立ちます。高齢の方は口のリハビリテーションを諦めずに、少しでも長く口から食べられるように頑張ってほしいですね。当院では飲み込むコツや喉を鍛える方法なども教えていますので、ぜひお問い合わせいただければと思います。できる限り患者さんの意思を尊重し、希望を伺いながら治療を進めるようにしていますので、何でも遠慮なくご相談ください。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access