全国のドクター9,137人の想いを取材
クリニック・病院 159,055件の情報を掲載(2024年2月25日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市東住吉区
  4. 針中野駅
  5. 西川歯科医院
  6. 西川 敏文 院長

西川 敏文 院長の独自取材記事

西川歯科医院

(大阪市東住吉区/針中野駅)

最終更新日:2022/10/20

西川敏文院長 西川歯科医院 main

50年以上も続く「西川歯科医院」は、近鉄南大阪線の針中野駅から商店街を西へ徒歩約3分、大阪メトロ谷町線の駒川中野駅からも徒歩約10分の場所にある。西川敏文院長は岡山大学歯学部を卒業後、大阪歯科大学で補綴学の博士号を取得。同院ではさまざまな治療を行うが、特に噛み合わせ治療や入れ歯治療を得意とする。また、セラミックの詰め物やかぶせ物を作製するCAD/CAMシステムを活用した治療やインプラント治療など、幅広く対応。多様な選択肢から、患者の状態に合わせた治療法を提案している。取材では、西川院長に治療におけるこだわりなどについて聞いた。

(取材日2022年7月11日)

「来て良かった」と思える歯科医院が目標

お父さまの代から50年以上続く歯科医院だそうですね。

西川敏文院長 西川歯科医院1

父はこの地で開業した歯科医師で、私は岡山大学歯学部に進学するまで、この街で生まれ育ちました。父の代から通われている患者さんも多く、父と一緒に診療していた頃は「大きくなったね」「こんなに小さかったのに」とよく声をかけられたものです。そんな父の思いも受け継ぎ、「西川歯科医院に来て良かった」と思っていただけるような診療を心がけています。歯科医院へは、誰にとっても多かれ少なかれ足が向きにくいですよね。できれば行きたくない場所に挙げられるくらいだと思います。だからこそ、多くの方が来院しやすい雰囲気をつくれるよう、スタッフ一同で常に考えています。歯科医院が増え、どこで診てもらうか患者さんが選択する時代になりました。患者さんが選びやすいように、専門や得意とすることをさまざまな形でお伝えしていくことも大切だと考えています。

大学時代はどのように過ごしましたか?

全学の体育会ボート部に所属していました。授業や実習が忙しい上、5時からの朝練と夕方の練習に行くという生活を5年間続けました。補綴に関心を持ったのは、大学在学中に受けた補綴学の講義が非常に興味深かったからです。もともとは顎関節症を専門にしようと学んでいたのですが、補綴学を深く学べるということで大阪歯科大学の補綴学講座に入局し、博士号を取得しました。現在は同講座で非常勤講師を勤めています。小さい頃からプラモデル作りなど細かい作業が好きで、手先が器用なほうだったので、細かい調整が必要な補綴の分野は自分に向いていたのかなと思っています。

治療についての基本姿勢を聞かせてください。

西川敏文院長 西川歯科医院2

患者さんのお口の中の状況をきちんと把握するとともに、さまざまな条件を考え合わせて、選択可能な治療法を提案するように心がけています。例えば歯をなくした場合の治療法には、入れ歯、ブリッジ、インプラントがありますが、すべてが適用できるとは限りません。また、それぞれの治療法にはメリットとデメリットがあるので、それらをきちんと説明した上で、最終的には患者さんに選んでいただきます。例えば入れ歯治療の場合、当院では複数の種類の入れ歯に対応しており、その中から患者さんに適したものをお勧めします。患者さんの条件や希望に合った治療を提案するためには、治療法の引き出しをたくさん用意しておく必要があると思いますね。

基本に忠実に作り、調整を怠らない

入れ歯で悩んでいる人は多いですね。

西川敏文院長 西川歯科医院3

うまく噛めない、食べ物が挟まってしまうといったことに悩んでおられる方は少なくありません。このようなトラブルを避けるためには、正確に型採りをして、噛み合わせを考えてきちんと設計し、入れ歯ができあがってからも丁寧な調整を怠らないといった基本に忠実な治療が不可欠です。入れ歯のことで悩んでおられる方の多くは、こうした基本ができていない物を着けていることが原因です。がたついた状態で入れ歯を使っていると、当然のことながら食べ物は挟まりやすくなります。しかし問題を見つけて適切に修理をすると、多くの場合はトラブルの解消が図れると思います。当院では新しく入れ歯を作る場合、まずは今お使いの入れ歯を調整します。そして悩みや問題の改善を試みてから、調整した入れ歯に合わせて新しい入れ歯を作ります。問題を改善せずに新しい入れ歯を作っても、同様のトラブルが増えていくばかりです。

調整について詳しくお聞かせください。

調整の内容は、大きく「適合」と「噛み合わせ」の2つです。適合とは、入れ歯の歯茎と接する面や引っかけるための金具が患者さんのお口としっかり合っているか、入れ歯がスムーズに着脱できるかを調整することです。金具の締めつけが強すぎると着脱が難しく、緩すぎるとがたついてしまいます。また、噛み合わせの調整では、上下の歯がきちんと噛み合うように、入れ歯を削ったり、場合によっては入れ歯の高さを上げたりすることもあります。

歯が抜けた部分は放置してはいけないのですか。

西川敏文院長 西川歯科医院4

中には歯を1本なくしたものの、問題なく噛めるため入れ歯を作らなくてもいいと考える方もいます。しかし歯は隣の歯や噛み合う歯との関係で現在の位置を保っているため、1本でもなくなると周囲の歯が動くなど、いろいろな問題につながる恐れがあるんです。例えば下の歯をなくすと隣の歯は倒れこんでくるし、上の歯はどんどん下がってきます。その結果、入れ歯を入れるスペースがなくなることも。さらに噛み合わせが変わり、歯並びも乱れてしまいます。入れ歯は食べ物を噛むためだけではなく、歯並びや噛み合わせを維持し、お口の中を正常な状態に保つためにも必要なのです。また、せっかく入れ歯を作っても使いづらいからと装着しない方がおられますが、部分入れ歯を使わない場合も前述のようなリスクを伴います。3、4日間入れない期間があるだけで違和感が出て、数週間以上入れていない状態が続くと、まったく合わないということにもなりかねません。

新しい技術や治療を積極的に導入

インプラント治療の新しい機器を導入されたのだとか。

西川敏文院長 西川歯科医院5

コンピューターを使ってリアルタイムで手術のガイドをしてくれる新しいシステムを導入しました。現在の一般的なシステムではCT画像と模型を用いてインプラントを入れる場所や深さを指定するガイドを作製し、それをもとに手術をします。最初の埋入時の位置や深さ、角度を綿密に計算することはできますが、径を広げていく段階ではガイドを使えないことが多く、最終的に多少の誤差が生じる可能性もあります。手術の際は気づかなくても、後でわずかなずれに気づくことも。しかしインプラントが骨に強固にくっついた後からの修正は不可能です。一方、新しいシステムを使うと手術の様子をリアルタイムで画面に映し出すことができ、その場で修正が可能なためリスクを軽減できます。そのため従来の方法に比べて、より正確で安全なインプラント手術をめざせるようになりました。これはわれわれ歯科医師にとっても、患者さんにとっても、非常に有意義なことです。

早くからセラミック治療も手がけておられますね。

セラミックの詰め物やかぶせ物を作製するCAD /CAMシステムの設備を10年以上前に導入しました。シンプルなものなら最短1時間半ほどでお口の中にセットして即日で治療が完了する場合もあります。院内で作れるので通常のセラミック治療より費用が抑えられるのもメリットですね。また、銀歯に用いられる金属と歯の隙間から虫歯になってしまうケースが多いのですが、セラミックであれば、そうしたリスクも大きく軽減できるはずです。金属の詰め物やかぶせ物はアレルギーの心配もあり、審美的にも気になりますよね。保険適用でこれだけ銀歯を使用している国は世界的にも非常に少なく、材料費も高騰しているので、今後はセラミックのニーズがより高まっていくでしょう。そうした変化に対応できるよう、さらにセラミック修復に関するスキルを向上させたいと考えています。

読者にメッセージをお願いします。

西川敏文院長 西川歯科医院6

当院は入れ歯治療と噛み合わせ治療を得意としています。合わない入れ歯は日常生活にも悪影響を及ぼしてしまいますし、噛み合わせが悪いと、頭痛や耳鳴り、肩凝りなどさまざまな症状が出ることも。入れ歯が合わない、噛み合わせが良くないと感じておられる方は、まず一度ご相談いただければと思います。また、入れ歯治療もインプラント治療も、実施するにあたり、歯の健康状態を保てていることが大前提です。悪くなった部分は治療をしますが、それ以前に虫歯や歯周病にならないよう予防することが重要なため、予防歯科にも力を入れています。当院ではご自宅での歯磨きの際には「つまようじ法」というブラッシング方法を中心に、患者さんに合った歯磨きの仕方をお勧めしています。興味のある方はぜひお声がけください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

・インプラント治療/39万6000円~
・金属床義歯/29万7000円~
・セラミックを用いた治療/4万4000円~

Access