和みのクリニック

和みのクリニック

丹羽 和賀美院長

10852 df 1 main 1404372610

あざみ野駅から徒歩5分。ピンクやクリーム色のバラが咲き誇るエレガントなフレンチジョージアン様式の建物がひときわ目を引く「和みのクリニック」。院内は丹羽和賀美(にわ・わかみ)院長が自ら選んだというセンスの光るインテリアで、まるですてきな友人宅に遊びに来たかのよう。その名のとおり訪れる者の気持ちをほっこりと和ませてくれる。患者同士の目線が合うことのない窓から外を見渡す造りの待合室など、随所に見られるきめ細かな配慮は診療においても同様で、丹羽院長は「人と人の間の空気」を大切にした医療を提供。運動療法としてヨガを組み合わせた自律訓練法も推奨している。診療の合間を縫って世界中を旅するというパワフルな丹羽院長。診療にかける思いや人生哲学について語ってくれた。
(再取材日2014年6月5日)

ヨガを組み合わせた自律訓練法に注目

―ヨガと精神医療の関係に注目されているとお伺いしました。

5年ほど前から、ヨガを組み合わせた自律訓練法に注目しています。もともとは私自身の健康のためにと始めたのですが、実際にやってみると精神医療に通じる大きな発見があり、これはぜひ運動療法の一環として導入したいと考えたんです。近年、精神医療では何かあるとすぐに薬を出すことが多いのですが、私はそれに疑問を感じていました。もちろん、どうしても薬を使わなくてはいけない患者さんには使用しますが、薬を飲んだという安心感のほうが大きい場合や、まずは休養や環境変化から入ったほうが良い場合があるのです。そこで、薬や精神療法以外の方法で対応できればと、ヨガを組み合わせた自律訓練法に興味をもつようになったのです。

―具体的にどのような方に自律訓練法を行うのでしょうか。

人間には自分で動かせる神経(随意神経)と自分では動かせない神経(不随意神経)があり、例えばパニック障害や不安神経症の患者さんの場合、始めは「原因が思いあたらない」とおっしゃっていても、お話を伺っているうちに「そういえば過去にこんなことが……」と思い出されるケースがよくあります。つまり、これらの症状は無意識の葛藤のようなものが随意神経を動かして起きていることが多いんですね。体の不調で検査をしても何も異常がないからと心療内科の受診を勧められた場合などは、まず会話のキャッチボールをしながら少しずつ心を開いてもらうと、このような無意識の葛藤が根っこにあることが徐々にわかってきます。自律訓練法はこのような病態の患者さんに適していると考えています。

―自律訓練法を行うことでどのような変化が期待できますか?

自律訓練法ができるようになると、例えば電車の中で突然パニック発作が起こっても、「これは自分で起こしているのだから自分で解除もできる。大丈夫!」と、ご自身を落ち着かせることができるようになるのが期待できます。そんなときは呼吸、特に吐く息が大切です。「吸う」ことは交感神経が優位になる興奮系、「吐く」ことは副交感神経が優位になる鎮静系。パニック発作が起こると、多くの方は不安のあまり息を口から大きく吸います。過呼吸症候群も胸式呼吸でどんどん口から吸って苦しくなってしまう。でも本当は、吸う前に全部吐き出して肺を空っぽにしてから鼻から吸えば、おなか、胸、背中まで十分に酸素を入れることができる。人間は力を入れることと・息を吸うことは得意ですが、力を抜くこと・息を吐くことは苦手です。鍵となるのは力を抜くことと入れることのメリハリです。人生もそう、パンパンに張っていてはダメ。いかに力を抜くかが肝心なのです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細