医療法人宏和会 池尻歯科医院

医療法人宏和会 池尻歯科医院

池尻 良治院長

108475

新大阪駅から一駅と交通利便性に富み、大阪市営地下鉄・御堂筋線「東三国駅」の5番出口から徒歩1分のところにある「医療法人宏和会 池尻歯科医院」。院長の池尻良治先生は、虫歯・歯周病をはじめ、小児歯科、顎関節症の治療、矯正治療など幅広い歯科治療を行う傍ら、国際睡眠時無呼吸アカデミー「ISASA」会長としての顔を持ち、睡眠時無呼吸症候群の治療にも注力している。睡眠時無呼吸症候群は、睡眠不足を招くだけでなく生活習慣病のリスクを高める怖い病気だ。池尻先生のもとには的確な治療を求め、遠方から訪れる患者も多いという。診療だけでなく、書籍出版、セミナーや講演会を精力的に開催し、自身の経験と理論を発信するパワフルな池尻先生。診療に対する思いや信念などを聞かせてもらった。
(取材日2017年6月16日)

歯科医師として「食べること」の大切さを伝える

―口腔内だけでなく、健康に関する多くの情報提供をされているんですね。

僕はね、むちゃくちゃうるさいんです。患者さんにも「いい加減な気持ちで来るんだったら来なくていい」と言った事もあります。僕は厳しい言い方をします。オブラートに包むとわからないから。仕事が忙しいからって、治療の途中なのにほったらかす人は嫌いですね。自分の身体のことでしょう? 歯だから、今は痛くないからってバカにしないでもらいたい。薬を飲んだからって、そんなに簡単に健康になったり治ったりしないんですよ。もっと根本的な事をきちんと患者さんに伝えていかないといけない。僕は歯科医師だから虫歯や歯周病の状態を把握してコントロールしていくのは当然。でもそれだけじゃなくもっと根本的な事を伝えないといけないと思っているんです。

―その一つが食育や生活習慣の指導でしょうか?

口と身体って、一緒じゃないと思ってる人たくさんいますけど、違います。一緒なんです。口は生きるためのエネルギーの入り口です。その部分が不健康だったら身体が健康なわけがない。全部繋がってる。ですから食べることだって大切なんです。食べることを大切にしないと口の中だって健康になりません。僕から見たらすごく当たり前のことなんですけど、誰も食事指導までしない。だからこのままじゃいけないと思って、僕は食育指導はもちろん、運動や生活習慣までいろいろと話をしています。

―特に食育に関する情報提供が多くされているなと感じたのですが。

日本では食べるものに困らないですよね。なんでもあるけど、きちんとした栄養のものは少ない。だから食事だって意識して食べないといけないんです。今と昔とでは、単純にメニューも違うだろうし、農法が変わったから土壌も違う。果物も野菜も皮をむいて食べるし、小魚を食べたりすることも減っているから、食べ物の全部を食べるということが減ってるんですよ。柔らかい食べ物が増えて、噛むことも減ってしまっている。噛む回数が減ると唾液が減るから、虫歯や病気にもなりやすくなるし、顎の発達も悪くなる。噛むことによって認知症の予防にもなるんです。ぜひ、一口で30回は噛むということを意識してもらいたいですね。

記事更新日:2017/08/08


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細