全国のドクター9,132人の想いを取材
クリニック・病院 161,254件の情報を掲載(2020年7月09日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市住之江区
  4. 北加賀屋駅
  5. 医療法人 真芳会 上田歯科医院
  6. 上田 芳男 院長、上田 健佑 副院長

上田 芳男 院長、上田 健佑 副院長の独自取材記事

上田歯科医院

(大阪市住之江区/北加賀屋駅)

最終更新日:2020/04/01

108435

大阪市住之江区で30年以上歯科診療を提供している「上田歯科医院」。治療後の再発を防ぎ、健康な歯を守り育てる予防歯科を重視し、小児歯科・矯正歯科・虫歯や歯周病治療・インプラント治療などの幅広い診療を提供している。「地域の方々のためにも、常に歯科医師としてのアップデートは大事」と話すのは、院長の上田芳男先生。その上田院長の誠意ある診療が、子どもから高齢者までの幅広い患者層に長く親しまれてきた。3年前からは息子の上田健佑副院長も診療に加わり、二診体制に。同院の2階にはメンテナンス専用ルームが備えられ、8人の歯科衛生士がきめ細かな予防ケアを提供している。学生時代はサッカー部だった健佑副院長と、スポーツは苦手という上田院長。2人に同院の特徴について話を聞いた。
(取材日2020年1月10日)

予防歯科を柱に、小児歯科・一般歯科・矯正歯科を提供

開業して30年以上がたちましたが、振り返ってみていかがですか?

1

【上田院長】私は補綴を専門に学んできましたので、開業当初はその技術を生かしたいと、丁寧に義歯を作り、患者さんの希望を聞いて治療することに専念していました。そんな中、勉強会でどんなにきれいにかぶせ物を入れても、その後のケアを正しく行わないとすぐに駄目になってしまうことを知り、予防と歯周病ケアの大切さに気づいたのです。当院は小児の患者さんも多かったので、将来の歯のことを考えて、コツコツと予防の大切さを患者さんに伝え続けてきました。自然と予防歯科を柱にした歯科診療へ変化してきたようなかたちです。その結果、予防ケアを希望される患者さんが増えたため、7年前にこの地へ移転して2階にメンテナンス専用ルームを設けました。また、3年前から息子が副院長として診療に加わり、私としては心強い限りです。開業当初からの患者さんも多く、地域の開業医として認めていただけたかなと感じています。

こちらクリニックの特徴とは?

【上田院長】当院は、健全な歯周組織や歯を守り、維持することを目標としている歯科医院です。大きな1つの幹として予防歯科があり、枝葉として虫歯治療・歯周病治療・小児歯科・矯正治療・インプラント治療・義歯作製などを提供しています。実は、私は予防医学について長く勉強していますが、予防医学について注目されるようになると同時に、歯科の分野でも歯科衛生士によるケアを主体とした予防歯科が普及し始めていきました。現在、当院には歯科衛生士が8人いて、一人の患者さんを専属の歯科衛生士が担当するようにしています。患者さんの口腔内をよく理解し、小さな変化にも気づきやすくなりますので、適切できめ細かな治療・メンテナンスが提供できると考えています。

注力する予防歯科では、どのようなことを大切にしていますか?

2

【上田院長】歯科衛生士の技術向上が大事だと考えていますので、歯科衛生士には常に技術の研鑽を積んでもらえるよう、院内で勉強会を開催したり、学会発表に参加して学んでもらいながら、私たち歯科医師と一丸となって患者さんのメンテナンスにあたってもらっています。当院の歯のクリーニングは、染色剤を使用して徹底的にきれいにしていくのが特徴です。染色剤を使いますと、磨き残しを確認することができますので、歯磨きの指導にも役立ちますし、汚れた箇所をしっかりとお掃除していくことができます。

患者の思いをしっかりと聞き、丁寧な診療を提供したい

患者層と主訴を教えてください。

3

【上田院長】やはり高齢の患者さんが多いのですが、当院の場合は小児の患者さんの割合も多いです。子どもさんの主訴は、矯正の相談です。近年は、子どもの歯列に関するママさんたちの意識が高くなっているのを感じますね。紹介を受けて、遠方からわざわざ相談に来られるケースも多いです。高齢の患者さんの主訴は、入れ歯の相談です。そして、この30年間の診療で変わったと思うのは、歯のメンテナンスへの患者さんの意識の変化です。最近は自分から歯のお掃除に来られる方が増えました。以前はいくら予防の大切さを説明しても「なんでそんなことしないといけないの?」と、ご理解いただけないことが多くあったんですよ。時代の変化もあるでしょうが、コツコツと予防の大切さを伝え続けてきた結果だと思っています。

診療時に心がけていることはありますか?

【上田院長】患者さんの主訴や、患者さんがどのような希望を持って来院されたのか、話をしっかりと聞き、それに対して丁寧な治療の提供を大事にしています。また、糖尿病などで合併症を有する患者さんの治療の際は、血糖のコントロールなども重要になりますので、必ずかかりつけの先生から紹介状を持って来ていただき、密な連携を取りながら治療にあたるようにしています。
【健佑副院長】私も院長と同じで、患者さんの思いをくんで、それに沿った治療を行うことを心がけています。また私の場合は、院長に少しでも近づけるように、今はひたすら学ぶことを心がけている最中です。院長と一緒に診療していますと、話し方や患者さんへの接し方なども参考になりますし、開業医は総合的な歯科医療の知識を持つことが大切だということを痛感します。空いた時間には患者さんの情報を共有し、院長にアドバイスをもらうこともあり、日々勉強に努めています。

訪問診療も行っているそうですね。

4

【上田院長】病院やデイケアセンターからの依頼があるときに、患者さんの自宅に行き診療を行っています。団塊の世代が75歳以上になる超高齢社会によって生じる「2025年問題」を考えますと、医療では訪問診療のニーズがより高くなるはずですから、当院としても大切にしていきたいと思っています。息子が診療に加わってからは、訪問診療にも行きやすくなりました。訪問診療用の機材は、エックス線検査装置も含め必要なものはそろえています。口腔内の衛生状態を保ちたいと、歯科衛生士によるメンテナンスを希望される方もいますので、その場合は歯科衛生士さんと一緒に訪問診療に行っています。

再発防止と、健康な歯を守り育てるための歯科診療を

休日の過ごし方について教えてください。

5

【上田院長】診療中は絶えず時間に追われているせいか、休日は家で何もしないで、ボーッとしていることが好きです。運動が好きではないので、運動をすることもストレスになってしまうんです。家でボーッとすることが、私のストレス解消です。
【健佑副院長】中学・高校・大学までサッカー部に所属し、サッカーを楽しんできました。大学卒業後も仕事の後はフットサルをしに行っていたのですが、膝を痛めてからは遠ざかっています。最近は、大好きな焼き肉を食べに行くことが楽しみです。

今後の目標は?

【上田院長】医療は日々進化を遂げていますので、歯科治療に携わる私たちも日々バージョンアップを図っていきたいと思っています。新しく正しい歯科医療の知識と技術を取り入れながら、患者さんに歯科診療を提供していきたいですね。例えば、高齢の患者さんの中には、薬を服用していることで、唾液が出にくくなっているケースが多くなっています。それに対する相談も増え、指導する必要性が出てきていますが、新しい医療知識を勉強していないと、正しい助言や対応ができません。患者さんのお悩みにすべて回答・解決できるよう、これからも勉強は欠かさないようにしていきたいです。
【健佑副院長】患者さんの主訴や希望に対して、丁寧に治療を提供していきながら、歯科医師として実力をつける努力を重ねていきたいと思っています。それが地域の患者さんのためになることですので、頑張ります。

読者へメッセージをお願いします。

6

【上田院長】当院でできることには全力で対応しますし、もし当院で対応できないケースであれば、信頼できる医療機関へ紹介しています。それが開業医としての役割と考えています。お子さんに対しては健康な永久歯列を完成させるために、大人の方々に対しては虫歯・歯周病の発症予防・進行予防のために、予防歯科に注力しながら、これからも幅広い歯科診療に取り組んでいきます。歯や口腔内に悩みがある方、どこへ行けばいいのかわからずに困っている方は、遠慮しないで相談に来ていただきたいですね。
【健佑副院長】当院にはお子さんも多く通院されていますが、治療を嫌がるお子さんには無理強いはしていません。痛みがなければメンテナンスから入り、「歯科治療は怖くない」と認識できた頃に治療に入りますと、スムーズに進んでいけるようです。気軽に相談に来ていただきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~(上部構造込み)、矯正歯科/50万円~、小児矯正/15万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/65万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access