全国のドクター9,238人の想いを取材
クリニック・病院 160,799件の情報を掲載(2021年4月11日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市平野区
  4. 平野駅
  5. 西歯科医院
  6. 西 一幸 院長

西 一幸 院長の独自取材記事

西歯科医院

(大阪市平野区/平野駅)

最終更新日:2019/08/28

108303 %e8%a5%bf%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2

明るい光が差し込む診療室、ほのかに香るアロマの香り、子どもたちのための個室のキッズルーム…平野区にある「西歯科医院」は、開業予定の多くの歯科医師が「参考にしたい」と言うほど、細部に至るまでこだわってつくられた歯科医院だ。もちろん、こだわりは建物だけでなく治療の内容にも及び、医院一丸となってめざすのは「歯科の総合病院」。「医科の病院のように、それぞれの分野専門の歯科医師が集まって、総合的に診られる病院をつくりたいというのが僕の夢です」と語る西一幸院長に、歯科医師としてのこだわり、クリニックづくりへのこだわりなど、さまざまな話を聞かせてもらった。
(取材日2018年8月30日)

患者の安心のためガラス張りのクリニックで院内を公開

まるでショールームのような、美しいクリニックですね。

1

ありがとうございます。とにかく患者さまの不安を少しでも減らせるようにと考えてつくりました。当院の通りに面した診療室はすべてガラス張りで、通りがかる人に見えるようにつくられています。もちろん、治療中はカーテンをしてプライバシーを守りますが、誰もいない部屋はいつでも外からご覧いただけます。診療するスペースはもちろん、実際に仕事をしている歯科医師やスタッフの様子も見ることができるので、雰囲気を身近に感じてもらえると思います。

そのようなクリニックをつくろうと思ったのはなぜですか?

「歯医者は怖いところだ」と思っている人の気持ちをほぐすにはどうしたらいいのか?と考えたんですよ。そうしたら、中が見えないのも不安の一つだと思ったんです。普通、医院の中は見えませんよね? どんな場所で治療しているかは、実際に医院の中に入って、治療する時に初めてわかります。中に入ってみて、暗い雰囲気だったり苦手な感じだったとしても、そこで「やっぱりやめます」と言って帰れる人は少ないじゃないですか。そうすると患者さまは嫌な気持ちのまま診察を受けることになり、治療自体にも良い印象はなくなると思いました。だったら、うちは先に全部見せてしまおう、そして安心して来てもらおう!とガラス張りにしました。

他にもこだわったポイントはありますか?

2

車いすやベビーカーでそのままお入りいただけるように、バリアフリーにしたこと。それから、診療室を個室にしたことですね。プライバシーはもちろん、衛生の意味でもいいと思います。個室には予防専用ルームや、インプラントや歯周病の手術を行う際に完全滅菌できるVIPルーム、自費治療専用のエグゼクティブルーム、小児専用のキッズ診療室、キッズルームなどを用意し、さまざまなご要望にお応えできるように治療環境を整えています。どのお部屋もプライバシーには最大限に配慮しておりますので、リラックスして治療を受けていただけると思います。またお部屋の明るさや、香りも工夫しています。そして、女性用のトイレを快適にすることもこだわったところ。来院された際にはぜひ行ってみてください。

すべては患者の笑顔のために

診療で心がけていることはありますか?

3

患者さまの不安や疑問を軽減するように努めることです。わかりやすい説明を心がけることは基本です。そのために、手術じゃなくてもCTなどを使用して、視覚的にも理解していただけるように努めています。口の中は、自分では見えにくい部分です。だからこそ、わかりやすくお伝えする努力を怠ってはいけないと思います。そして、患者さまご自身のご希望をよくお聞きし、相談しながら治療を進めることを大切にしています。医療に携わるものとして、患者さまのプラスになることは何かを第一に考えて、行動しなくてはいけない。当たり前のことですが、そういったことを医院として徹底していくことが大切だと考えています。大所帯のクリニックですが、幸いにも僕が指導するまでもなくそうしてくれる人ばかりなので、すごくいいムードで仕事ができています。

院内をいいムードに保つ秘訣は何ですか?

当院は一回のお休みが長いんですよ。ゴールデンウィーク・夏休み・年末年始など、2週間ほどお休みをいただいています。真剣に仕事をしていれば、当然疲れますし、疲れが蓄積すると笑顔になれないことが増えてきます。そうすると、人として余裕を持つことができなくなるので、いい仕事ができません。いい仕事ができないことは、患者さまのために良くないことです。いつもフレッシュな気持ちで「みんなを笑顔にしたい」と思って過ごせば、自然に感謝の気持ちや自分自身にできることが増えてくるものだと思います。ですから、しっかりお休みを取って心身をリフレッシュし、新たな気持ちでまた患者さまに向き合っていくことを大切にしています。もちろん、患者さまには迷惑をおかけしないよう、計画的に治療をするようにしています。

患者さまとの接し方で気をつけていることはありますか。

4

患者さまとは治療のことだけじゃなく、世間話などいろいろなお話をしてコミュニケーションを取っています。私自身、人としゃべるのが好きなので、ついしゃべりすぎてしまいますね。患者さまからはこんなしゃべる先生初めてだと言われたこともあります(笑)。歯の調子が悪いわけじゃないけど、お話をするために顔を見せてくれる方もいますよ。笑ってくれるのが一番うれしいので、治療の面でもそれ以外の面でも来院してくださる方への配慮は忘れたことはありません。

めざすは「総合歯科クリニック」

10名もの先生が在籍されているんですね。

5

当院は、総合歯科クリニックをめざしています。医科の病院に行くと、内科・外科・循環器科・胃腸器科と診療項目が細分化されているじゃないですか。一方で、歯科は基本的に1人の先生が全部を診ます。でも、例えば大人の歯科と小児歯科では必要な治療が違います。僕は「ここに来てよかった」と患者さまに笑顔になってもらうために、高い水準の診療を提供したいと考えています。そのため、各分野のスペシャリストに集まってもらいました。一般歯科・小児歯科・口腔外科・インプラント科・歯周病科・審美歯科・予防歯科・矯正歯科・歯科麻酔科・美容歯科・訪問歯科に精通する歯科医師がそれぞれ在籍しており、必要に応じて主治医と連携して診療をしています。

お子さん向けの設備も充実しているんですね。

そうなんです。キッズルームは、エントランスからベビーカーで直接入れますし、大人の方の待合室とは別なので気を使いすぎずにお過ごしいただけます。キッズルームとつながったキッズ診療室では、お子さまはもちろんお母さまも治療できます。治療しながら、キッズルームの様子を見ることができるので安心です。小児歯科はお子さまの歯の健康を守り育てる医療だと考えています。単に治療するだけじゃなく、お子さまの成長に合わせた医療を提供しなくてはいけません。そのため、楽しんで通ってもらうために工夫しなくてはいけないと思います。

お子さんの治療で、心がけていることはありますか?

まず、無理やり押さえつけて治療することはしません。どんなに小さくても一人の人間。自尊心だってあるし、それを傷つけられたら誰だって嫌です。緊急で今すぐ処置が必要という場合を除いては、お子さまときちんと向き合い、時間と愛情をかけてゆっくりと理解を深めて治療をしていくことが大切だと考えています。良い治療には保護者の方の理解と協力が必要になりますが、それだけでなくお子さま自身の理解と協力が必要です。お子さまと私たちの間に信頼関係が生まれたら、歯科医院は怖いところではなく、気持ちが良いところになります。実際に、うちに来てくださっているお子さまたちは「先生!来たよ!」と笑顔で来てくれますし、「次はいつ来たらいいの?」と来院を楽しみにしてくれています。

最後に、クリニックの今後の展望を聞かせてください。

6

僕は歯科医師として、患者さまの笑顔を見られた時に喜びを感じます。元気な子どもたちの笑顔、20年以上ずっと変わらず「顔を見に来たよ」と来てくださる患者さまの笑顔。その笑顔を守れるクリニックでありたいです。そのためにも、もっともっと一つ一つの精度を高め、より満足でき、より納得できる治療ができるようにしていきたいと思います。また、クリニックの環境に関しても、皆さまの声を聞きながら改善するべきところを改善して、よりリラックスできる環境づくりに努めたいと思います。もちろん僕自身も歯科医師として、人間として、もっと成長できると思っています。これからも皆さまの笑顔に出会えるように、私たちにできることをしっかり積み重ねていきたいです。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access