全国のドクター9,506人の想いを取材
クリニック・病院 160,465件の情報を掲載(2022年10月05日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 高槻市
  4. 高槻駅
  5. なかや歯科医院
  6. 中矢 健二 院長、中矢 紘嗣 副院長

中矢 健二 院長、中矢 紘嗣 副院長の独自取材記事

なかや歯科医院

(高槻市/高槻駅)

最終更新日:2021/10/12

107465

高槻駅から車で10分ほど、緑豊かな住宅街の一角に位置する「なかや歯科医院」は、今年開業30周年を迎えたという。院長の中矢健二先生は大阪歯科大学で口腔衛生学を専攻。その後、同大学付属病院で長年にわたり研鑽を積んだ。同院では一般歯科だけでなく、小児歯科、予防歯科、口腔外科など幅広く対応。2年半前から、息子である中矢紘嗣副院長とともに二診制で診療にあたる。診療においては、できるだけ歯を削らずに、患者本来の歯を長持ちさせる治療を施すよう尽力。また、患者の希望をできるだけ尊重するようにも努めている。穏やかで患者思いの中矢院長とそんな父親を尊敬する紘嗣副院長に、開業の経緯から今後の展望に至るまで幅広く聞いた。

(取材日2018年11月19日)

開業30周年。3世代にわたって通う家族も

今年で30周年を迎えられたそうですね。

1

【中矢院長】1988年11月に開業しましたので、満30歳になります。私はもともと化学に興味を持っていたのですが、父や周囲の勧めもあり歯科医師をめざすようになりました。大学では口腔衛生学を専攻して口腔疾患の予防について学び、卒業後は付属病院で長年にわたり研鑽を積ませていただきました。大学時代に予防歯科を専門としていましたので、開業医として地域の皆さんの病気を未然に防ぎたいという思いは強いですね。開業当初は、昼は大学病院に勤め、18時から21時半まで当院で診療していたのです。お陰さまでご近所の方々がたくさん来てくださり、本当にうれしかったです。2年半前からは息子である副院長とともに診療しています。

副院長はいつ頃から歯科医師をめざすようになったのですか?

【紘嗣副院長】高校2、3年ぐらいからですね。歯科以外に興味のある分野もありましたが、父の苦労を身近に見てきましたので、私も何か力になれることはないのかと考えるようになり、結果として一緒に働ける歯科医師をめざそうと思いました。当時父は大学病院での診療を終えた後、クリニックで23時頃まで診療していたのです。私の歯科医師としてのベースは父にありますね。父は治すだけではなく人と人のつながりを本当に大切にしています。私も父と同じく大阪歯科大学に進みましたが、父の知り合いも多く、よく声をかけらましたね。付属病院での研修後、神戸のクリニックでの勤務を経て、こちらに戻りました。神戸のクリニックは患者数も多く、さまざまな治療の経験を積むことができました。やりがいも多く、歯科医師という職業は自分に合っているのではないかと思いますね。

クリニックの患者層についても教えてください。

2

【紘嗣副院長】年配の患者さんが多いですね。開業当初から通っている方もいらっしゃるんです。男女比は半々ぐらいでしょうか。最近ではインターネットを見て来られる方も多くなりましたので、今年6月にホームページをリニューアルしました。当院について多くの方に知っていただくため、こちらからも医療の情報発信しなければと考えたのです。
【中矢院長】私は、口腔内の良い状態をできるだけ保つことを大切にしています。新たな虫歯ができたり、歯を失ったりしないようにして差し上げたいのです。メンテナンスのために定期的に通ってくださる方は多いですね。開業当初は40~50代だった方が、今では70~80代になられました。家族3世代にわたって通ってくださる方もいらっしゃいます。

患者の希望を尊重し、満足のいく歯科治療をめざす

診療の際どんなことを心がけていますか?

3

【中矢院長】どうすれば患者さんを満足させられるだろうか、といつも考えています。患者さんの希望をできるだけ尊重するよう心がけております。例えば、歯を抜くことを嫌がるのであれば、なんとかして残して差し上げるよう努めますし、抜歯せざるを得ない場合でも、納得されるまでお待ちします。また、できるだけ歯を削ったりせずに今の状態を保てるようにも努めていますね。メンテナンスのために定期的に通ってもらえるクリニックとなることが、私の理想なんです。何でも気軽に相談してもらえるよう、「こんなときは様子を見てもいいですよ」「こういうときはご連絡ください」とお伝えするようにもしています。緊急の場合は、できるだけその日のうちに診るように努めていますね。

副院長はいかがですか?

【紘嗣副院長】患者さんの希望を尊重するという点では院長と同じ考えです。加えて、今よりも良い状態にして差し上げたいという思いも強いですね。クリニックに来た時と帰る時で変化があったほうが、患者さんも喜んでお帰りになって頂けますし、その笑顔が私はとてもうれしいです。少し手を加えることで見た目がきれいになると、「来て良かった」と感じていただけるはず。見た目が気になると、口を開けて笑うことさえ躊躇されるかもしれませんよね。もちろん治療の前には、メリットやデメリットをきちんと説明して、患者さんに選んでもらうようにしています。また、一つの治療方法だけでなく、保険診療から自由診療までさまざまな方法をご提示して、患者さんに満足していただける治療を施すようにも努めていますね。

訪問診療も行われているのですね。

4

【中矢院長】患者さんのご要望を受けて始めました。歯科医師会から「訪問診療を希望される方がいるので行ってほしい」と打診されたら、できるだけ引き受けるようにしていますね。訪問の際は患者さんの状況を診て、必要な処置を施すようにしています。ご年配の方がご飯をおいしく食べられるようサポートして差し上げたいですね。副院長は神戸でも訪問診療を行っていましたので、私より経験豊富ですよ。
【紘嗣副院長】当院に通われていた患者さんがご高齢になったために、訪問させていただくというケースもありますね。訪問診療には、父と別々に行くようして、必ず1人は院内に残るようにしております。私は土曜日のお昼前に、父は平日の午後になど、交替で出かけるようにしていますね。

痛くなってからではなく、普段から気軽に通ってほしい

衛生管理も徹底されているようですね。

20181226 5

【中矢院長】開業当初から衛生管理は徹底してきました。歯を削る器具も、患者さんごとに滅菌しています。患者さんのお口の中に入れる器具を、何度も使い回したりすることは考えられません。
【紘嗣副院長】使用した器具は必ず滅菌しています。数年前に器具の使い回しについてメディアで指摘されましたが、幼い頃から衛生管理を徹底する父の姿を見てきましたので、そのようなクリニックが実在している事に驚きました。

休みの日はどのようにお過ごしですか?

【中矢院長】妻は両親の世話などで忙しいのですが、妻と一緒に楽しく過ごしている時に、何より幸せを感じますね。
【紘嗣副院長】休みの日は栃木県や新潟県などまで、ドライブに出かけることも多いですね。平日は診療がありますので、土日しか運転しませんが、5年で15万キロほど走りました。

今後の展望についてお聞かせください。

【紘嗣副院長】小児歯科にも力を入れていきたいですね。子どもの虫歯は減ってきたといわれていますが、まだまだ多いのが現状です。例えば、共働き家庭では子どもの歯磨きがおろそかになることもあるかもしれません。幼いときからお口の健康を守る意識を高めていきたいですね。
【中矢院長】痛くなってから、噛めなくなってからではなく、普段から定期的に来ていただけるクリニックをめざしています。お口の状態によって期間は変わりますが、基本的には3ヵ月に1回の定期検診をお勧めしているんです。3ヵ月後の検診を忘れていらっしゃったら、お電話を差し上げることもありますね。

最後に読者に向けたメッセージをお願いします。

6

【紘嗣副院長】悪くなってしまう前に気軽に来院してほしいですね。人間ドックで体の状態を知るように、自分の口の中がどうなっているのかを知ることは大切です。現状を把握したら、対処することができるからです。治すためではなく、悪いところを教えてもらうぐらいの意識で来ていただければ幸いです。
【中矢院長】私は、「散髪に定期的に行くように、歯科医院にも3ヵ月に1回は歯の掃除をしに来てほしい」という話をよくします。散髪代に比べれば、歯のメンテナンスにかかる費用のほうが安いぐらいです。歯科医院は歯のお掃除をする所だという意識を持っていただければうれしいですね。どうぞ気軽にいらしてください。

Access