求人情報ON
ひまわり歯科医院

ひまわり歯科医院

鈴木 滋院長

99999

歯科医師は提供する技術力で患者の納得を得る

―特に歯磨き指導に力を入れていると伺いました。

歯磨きは毎日行うものですから、当院では患者さんが歯ブラシを正しく使いこなせるように、歯磨き指導に力を入れています。歯ブラシの毛が動く方向と、ブラシの持ち方による力のコントロールについて、例えなどを使って、わかりやすく説明するように心がけています。しかし、特別な歯磨きの仕方を教えているというわけではありません。むしろ、歯の毛先で磨きましょうだったり、磨き残しがないようにしましょうだったり、「あたりまえ」の歯磨きの仕方なんです。歯ブラシも特別なものではなく、普通の安価なものを使っています。ただし、「あたりまえ」の歯磨きを患者さんがしっかり実行できるようになるまで、歯磨き指導はきちんと行います。ゴールは、患者さんの健康が続くこと。スタッフともそのゴールを共有して、技術をしっかり身に付けたうえで、指導に当たっています。

―診療でのモットーは何ですか?

歯科医師というのは、患者さんのお口の健康のための正確で誠実な道具であるべきだと思っています。歯科医院は技術を提供するところです。言葉で「予防は大事だよ」と言うよりも、きちんとした技術で磨いてあげれば「本当にきれいになる」とはどういうことか、患者さんに伝わると思うのです。だから私は、集中してきちんと作業できる環境づくりにこだわります。治療室は私が集中できるような構造にしているし、予防室のイスは歯科衛生士が作業しやすいように、治療室と同じ性能の高いイスを入れています。また、スタッフの歯磨き技術がきちんと維持できているか、毎年、私がスタッフの口の中をチェックするようにしています。だから私のモットーは、患者さんに納得していただける技術レベルを維持することと、良い仕事ができる環境をつくることです。

―スタッフ教育はどうされていますか?

毎日8時間も費やす仕事の時間は、絶対に楽しくなくてはいけないというのが私の考えです。だからスタッフも、仕事を一生懸命やってくれるなら、なるべく自由にやってもらった方がいいと思っています。あれこれ口を出すのではなくて、ちょっと方向性がずれてきたかな、というときにだけ少し修正するのが私の仕事だと思っていますね。責任もあるし大変なんだけれど、自分で考えてやりたいようにやれば、仕事って楽しいはずですなんですよね。スタッフは予防室に置く小物を考えたり壁に貼る掲示物を作ったり、いろいろ工夫してくれています。当院では接遇マナーを私が指導することはありません。ただ一生懸命やること、ベストを尽くすこと、技術を常に磨くこと、これは徹底してやってもらっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細