求人情報ON
ひまわり歯科医院

ひまわり歯科医院

鈴木 滋院長

99999

神沢駅、地下鉄1番出口から徒歩6分。大通りに面したビルの1階に「ひまわり歯科医院」はある。まもなく開院から20年を数えるが、改装を行っていることもあり、院内はきれいだ。待合室は通りに面して大きな窓があり明るい雰囲気。一角にはキッズコーナーもある。診療科目は虫歯や歯周病治療などの一般歯科、小児歯科、インプラント、ホワイトニング、審美歯科、矯正、さらに訪問診療と、ほぼどんなお口の悩みにも応えてくれる。鈴木滋院長が特に力を入れているのが予防歯科だ。診療室とは別に予防歯科専用の予防室があり、1時間かけてじっくり歯磨きトレーニングや歯ぐきマッサージを受けることができる。「歯科医院は虫歯にならないために通うところ」と強調する鈴木院長に、予防歯科の大切さを中心に話を聞いた。
(取材日2016年6月30日)

歯科医院は、虫歯にならないために通うところ

―開院から、来年で20年ですね。

当院は1997年6月に開院しましたから、2017年でちょうど20年になります。どうすれば患者さんが2度と歯で困らないようにして差し上げられるか、常にそれを考えながら診療を続けてきました。私は愛知学院大学歯学部を卒業後、いくつかの開業医に勤務し、広く一般歯科の知識と技術を学びました。最初の頃は、虫歯を治せばいいんだと思っていました。でも、いくら虫歯を治しても、患者さんはまた虫歯になるんですね。そのうち失った歯を補うために義歯になる。そういうことを繰り返すうち、次第に、できた虫歯を治すより、もっと予防に力を入れたい、自然歯を残してあげたいと思うようになりました。でも、どこの歯科医院でも予防は行っていなかったので、それなら、と開業することにしたのです。だから当院では予防に力を入れています。

―予防とは、具体的にどんなことをするのですか?

1つ目は、歯ブラシ指導です。歯磨きがきちんとできないのに、何をやっても効果は出ません。まず患者さん自身がきちんと磨けるようになることが大切です。初診の方には歯磨き指導だけで1時間くらいかけますよ。2つ目は、食事指導です。砂糖の取りすぎは虫歯につながってしまうので、気を付けるように指導します。私自身、3、4年前にダイエットを行い、細胞学や栄養学を学び、成功した経験から、食事指導を行うようになりました。3つ目は、クリーニングです。患者さん自身では取り切れない汚れをクリニックで取り除きます。4つ目は、マウスピースです。歯ぎしりによる歯のダメージを防ぎます。これら予防の4本柱は、患者さんの生活スタイルに合わせて、使い分けたり、バランスを変えたりして行っていきます。また、歯周病がひどい患者さんには、顕微鏡でチェックしながら、内科的治療を行うこともあります。

―予防室というのは珍しいですね。

開業時はなかったのですが、やはりしっかりと予防をやっていきたいという思いから、予防室を作りました。予防室は予約制で、1時間かけてしっかりとお口の掃除をしています。まず歯ブラシのチェックと掃除から始まり、隅々まで磨けるように歯ブラシの練習をしていただき、最後に歯科衛生士が指で歯ぐきのマッサージをして帰っていただきます。歯ぐきマッサージを継続するうち、血行が良くなり、歯ぐきの色も良くなってきます。患者さんにはここで歯ブラシの選び方から使い方まで知識と技術を覚えて、どんどん口腔清掃のレベルを上げていただきたいですね。予防室のインテリアはスタッフが考えて、リラックスできる空間にしています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細