全国のドクター8,948人の想いを取材
クリニック・病院 160,842件の情報を掲載(2021年6月25日現在)

  1. TOP
  2. 沖縄県
  3. 沖縄市
  4. 医療法人博正会 ヒロ歯科クリニック
  5. 松川 博一 院長

松川 博一 院長の独自取材記事

ヒロ歯科クリニック

(沖縄市)

最終更新日:2020/10/30

106509 top

沖縄市出身の松川博一院長が1997年に開業した「ヒロ歯科クリニック」。大学卒業後、大学病院の口腔外科と千葉県内の歯科医院で研鑽を積み、培った知識や技術を生かしながら地域密着を掲げて、歯と口腔に関する患者の困り事に寄り添い続けている。診療においては「患者さんの要望にきちんと応えること」を信条に、コミュニケーションを重視。患者と信頼関係を築くための努力も惜しまない。高校時代はハンドボール、大学時代はアメリカンフットボールに打ち込んでいたといい、若々しく爽やかな笑顔が印象的だ。そんな松川院長に、クリニックの特徴や診療方針、開業までの経緯などについてじっくり話してもらった。
(取材日2020年8月28日)

患者が通いやすいような診療時間設定を

こちらはどのようなクリニックなのでしょうか。

1

虫歯や歯周病の治療と予防、小児歯科、口腔外科、入れ歯治療、矯正治療、審美歯科、ホワイトニング、インプラント治療まで幅広く対応する、地域に密着した歯科医院ですね。矯正治療とインプラント治療については、それぞれ経験豊富な先生に東京と横浜から月1回来ていただいています。私は横浜の大学を卒業したのですが、大学時代から懇意にしていただいている先生になります。患者さんは、お近くにお住まいの方を中心に、お子さんからお年寄りまであらゆる世代の方がいらっしゃいます。中には、北中城村やうるま市から来られる方もおられます。開業して20年以上になり、2世代、3世代で来てくださるご家族がいたり、小学生だった患者さんが成人されたり、長いお付き合いの方も多いですね。

年中無休で診療されているそうですね。

平日と土曜日は夜8時まで、日曜日、祝日は午前10時から午後3時までですが年中無休で診療しています。開業当初は週休2日だったのですが、僕が手術が必要な病気を患ってしまったんです。そこで、仲の良い先生に相談したところ、「休診せずに続けたほうがいいよ」と年中無休でカバーに入ってくださって。退院後、僕は平日と土曜日の午前中、ほかはその先生が担当してくださるようになりました。現在は、さらにもう1人の先生に加わっていただき、歯科医師3人体制で診療しています。こんなふうに病気がきっかけだったのですが、平日はなかなか来院できないという方も多いですし、患者さんが通いやすい環境というのは重視していますので、今では年中無休にして良かったなと思っています。

診療方針についてお聞かせください。

2

まずは患者さんのお話にしっかり耳を傾けて、そして、それぞれのご要望に的確にお応えしていきます。例えば、最初に当面の治療方針を決めたとしても、次の診察時に患者さんが「ほかのところを治してほしい」とおっしゃったら、そこから治療を始めます。「インフォームドコンセント」、つまり、きちんとご説明し、患者さんの同意を得た上で、あくまでも患者さんの意思を尊重するのが当院の基本姿勢です。そのために、歯科衛生士には患者さんのご意向を事前にしっかり確認することの徹底をお願いしています。

歯科技工士が常駐し、入れ歯の修理などに迅速に対応

診療において大切にしているのはどのようなことですか。

3

コミュニケーションですね。コミュニケーションをきちんと取らないと治療できないとも考えています。患者さんにも思ったこと、気になることはなんでも伝えていただきたいと思っています。先日ある患者さんが「お盆までに治してほしい」とおっしゃって、ちょうど今日治療を終えたところです。歯は急に痛くなることもありますし、患者さんのご事情もあるでしょうから、難しいと思われるようなことでもできる限りお応えするようにしています。一方で、患者さんが話しやすい環境づくりにも力を入れています。例えば、治療には保険診療と自由診療がありますが、自由診療を無理にお勧めすることはしません。ですから、安心してなんでもご相談いただければうれしいですね。

お子さんの虫歯対策についてはどのようにお考えですか。

まず、日頃からのケアによる予防が大切ですから、寝る前には必ず歯を磨きましょう。小さいお子さんは、ガーゼで歯を拭いたり、口をゆすいであげるだけでも十分です。前歯が虫歯になるお子さんは、哺乳瓶で甘い飲み物を飲んでそのまま寝てしまうということが多いようですが、飲み物や飲ませ方に気をつけることも大切ですね。乳歯など生えたての歯は歯質が弱く、虫歯になりやすいので、歯質を強くするためにフッ素塗布をお勧めしています。このほか、歯並びの矯正にも力を入れていますので、お子さんのお口や歯のお悩みについても気軽にご相談ください。

歯科衛生士や歯科技工士など、スタッフの皆さんも活躍されているようですね。

4

歯科衛生士は、僕より経験の長いベテランの方もいますし、若手の方もいます。若手の皆さんも仕事に対する意識は高いですし、彼女たちにはベテランスタッフがきちんと教えてくれていますので、技術も向上していますね。クリーニングなど予防処置はもちろん、患者さんとのコミュニケーションでも歯科衛生士は大切な役割を果たしてくれています。また、当院は歯科技工室を併設し、歯科技工士が常駐しています。詰め物やかぶせ物の作製、入れ歯の修理などは外部に発注することなく院内で行うことができますので、迅速な対応が可能です。入れ歯を直してほしいと持ってこられたら、待合室で休憩されている間に修理してお渡しするということもよくありますよ。

予防のために通う歯科医院へ。定期的なチェックが重要

歯科医師をめざしたきっかけと開業までの経緯を教えてください。

5

僕は沖縄市出身なのですが、中学校、高校は熊本県の一貫校に進学したんです。高校時代はハンドボール部で国体に出場するなど大学の推薦をいただけるほどでしたが、もともと医学部、歯学部など医学系をめざしている学生が多い学校で、さらに親の勧めもあって、途中から受験勉強を始めて歯学部へ。大学卒業後は、大学の口腔外科で抜歯や顎関節症など外科的な治療を学んでから、千葉県の歯科医院で経験を積みました。沖縄に戻って開業することは大学に入学した時点で決めていましたので、1人でやっていけると自信がついた時点で開業に踏み切りました。

広々としたクリニックですね。院内や設備面などのこだわりを教えてください。

3階建ての建物の1階部分がクリニックになります。待合室はゆったりと広めに取り、奥にキッズスペースを備えています。診療室はパーティションで仕切った半個室の設計です。診療ユニットごとに距離もありますので、リラックスして治療を受けていただけます。設備としては、先進のデジタルエックス線を導入しています。従来のフィルム式と異なり、現像する必要がなく、撮影したらすぐに診療ユニット前のモニターに画像を表示することができるのが特徴で、治療前のカウンセリングや、治療後にお口の中の状態を確認していただくために活用しています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

歯科医院というと、虫歯になったら行かなければいけない怖い、痛い所というイメージがあるかもしれませんが、本当はそうではありません。治療するところでもありますが、予防するところでもあるんですよね。歯磨きやクリーニングなど予防だけならば、怖くも痛くもないはず。定期的に歯の状態をチェックしたり、クリーニングをしたりしていれば、たとえ虫歯になったとしても早く治療に入ることができますし、痛くなってから治療を受けるよりも時間も費用もかからないことが多いです。定期的に通うことは、長い目で見るととても重要です。ぜひ予防のために歯科医院に通うことを習慣にしていただければと思いますね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

矯正/55万円~、ジルコニア/7万円~、ホワイトニング/3万5000円~、インプラント治療/25万円~

Access