全国のドクター8,470人の想いを取材
クリニック・病院 161,469件の情報を掲載(2019年9月23日現在)

医療法人ガルシア会 うらす梅本歯科

医療法人ガルシア会 うらす梅本歯科

梅本 康人 院長

20190718 106185 %e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b3%95%e4%ba%ba%e3%82%ab%e3%82%99%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a2%e4%bc%9a %e3%81%86%e3%82%89%e3%81%99%e6%a2%85%e6%9c%ac%e6%ad%af%e7%a7%91

開業20年を超えているとは思えないほど、モダンな外観が目を引く「うらす梅本歯科」。県道沿いで車でのアクセスが便利な場所にあるため、松山市内はもちろん伊予市や松前町など近隣の市町からの患者も多い。生粋の松山人である梅本康人院長は、地域に密着したホームドクターをめざし、1998年に開業。自分の歯で「噛む」ことの大切さ、喜びを伝えるため、虫歯などの治療はもちろん、予防、メンテナンス、ホームケアのアドバイスなど、患者一人ひとりの口腔内の状況や生活習慣に応じた適切なアプローチを試みている。海をイメージしたという開放感あふれるすてきな院内で、クリニックの特徴や患者への想いについて聞いた。
(取材日2019年6月13日)

開放感あふれる空間で、地域密着のデンタルケア

―とても開放的でおしゃれな院内ですね。

当院は県道沿いにあるので、開業にあたり、建物は宣伝効果を生むようなインパクトのあるものにしようと考えていました。いい意味で病院らしくない、モダンな外観になったかなと思います。院内は、できるかぎり明るく開放的に。高い位置に窓を設け、そこから太陽の光を取り込みました。待合室の壁もクリアなブロックガラスなので、晴れた日なんかはとても明るく気持ちいいですよ。実は、待合室の椅子も結構良いものを選んでいるんです。全体的なテーマとしては「海」をイメージし、床はブルーに。ロゴもクリオネをモチーフにしました。院名の「うらす」の意味をよく聞かれるのですが、これは祖父が商売をしていた時の屋号を頂戴したものです。

―クリニックの特徴を教えてください。

地域の方々に気軽に来ていただき、虫歯や歯周病の治療、予防、定期的なメンテナンスができればと考えています。初めての方には、まずはどのようなことでお悩みかカウンセリングをした上で、お口の中全体を見せていただき、総合的な診査・診断のもと、治療計画を立てて、患者さんにご説明します。そしてしっかりと納得していただいた後に、治療を開始します。そして、治療は終わってからが肝心。ですからお口の中を健康に保つための定期的な検診やメンテナンス、クリーニングをお勧めしています。いくら虫歯を治しても、しっかりケアができていなければ再発のリスクは高まります。大切な歯を守るためにも、しっかり継続的な歯の健康管理を行っていきたいですね。

―来院される患者さんは、どのような症状の方が多いですか?

2歳頃から90歳まで、幅広い方にお越しいただいていますので、症状も年齢によってさまざまです。近年は少子化により子ども一人ひとりを丁寧に見る傾向が強まったからか、定期的に検診を受けたり、お母さんがお子さんの口腔ケアをしっかりされたりしているので、幼年期に虫歯のあるお子さんはずいぶん減りましたが、それでも要注意なのは母乳。母乳には糖分があるので、歯が生え始めた1歳から2歳頃でも虫歯になる可能性があります。その予防としてはやはりブラッシング。そしてフッ素洗口もお勧めです。また、成人の患者さんに関しては、虫歯と歯周病が多いです。歳をとると唾液の量が減ったり、歯茎が痩せたり、口臭を感じたりとトラブルが出てきます。松山市では40歳以上に対して無料検診を実施しているので、それをきっかけに受診される方も増えました。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

矯正治療/(小児)30万円、(大人)60万円



Access