求人情報ON
さとう歯科医院

さとう歯科医院

佐藤 憲治院長

10507 df 1 main 1436260683

美しい桜が立ち並ぶ駅前の坂道を西方面に少し上ったビルの3階に「さとう歯科医院」はある。「20年以上前、開業地を探しながらふらっと電車を降りて出合った場所がここなんです」と話すのは院長の佐藤憲治先生。宮崎台駅周辺の明るい雰囲気と駅から徒歩1分という抜群の利便性に魅了され、1991年に同院を開業した。以来、完治の難しい歯周病治療にとりわけ力を注ぎ、インプラント治療や歯周組織再生療法も取り入れながら歯周病の改善に取り組んでいる。また、診療の傍らで講習会などほかの歯科医師らへの技術伝授や育成にも携わっている。日々の診療で感じる思いから、歯科医師としての在り方を見出すきっかけになった勉強会のこと、趣味などプライベートに至るまでたっぷりと語ってもらった。
(取材日2015年4月7日)

全身疾患の原因にもなる歯周病。正しい認識を伝えたい

―宮崎台に開業した経緯を教えてください。

私は、大学卒業して千葉県浦安市のクリニックに5年ほど勤務した後、開業をめざして場所を探しました。私は、新宿区高田馬場出身なのですが、開業する場所を探している時、宮崎台という駅に惹かれ、降りてみたところ、駅前の明るい雰囲気ときれいな桜並木に一目ぼれしましたのを今でも覚えています。開業して20年以上たちますが、今でもこの街の雰囲気が好きです。

―クリニックの診療の特徴についてお聞きします。

地域の方のあらゆる口腔内のトラブルや悩みに対応し、治療しています。私が特に力を入れているのは歯周病です。日々診療をしていく中で、歯周病がトラブルの原因となっていることが多いと感じていました。歯周病は細菌による感染症で、歯を支えている歯槽骨が溶けてしまう病気です。歯周病は最近、全身疾患のさまざまな原因になるともいわれています。また、ある種の歯周病源細菌に感染している妊婦さんが妊娠中の口腔ケアが不十分だと、軽度の歯周病も重度になることもあるので念入りなケアが必要です。しかし、患者さんの中ではそのような認識をされている方は少ない気がしています。正しい情報をしっかり患者さんには伝えていきたいですね。ですから当院では早い段階で歯周病について患者さんにお話をして、理解していただけるように心がけています。

―治療はどのように進めていくのでしょうか。

患者さんには納得して治療に臨んでいただきたいので、治療の進め方については最初の段階でじっくりお話をしています。そして患者さんのご要望をお聞きしながら、一緒に治療プランを考えていきます。どんな症状に対しても妥協することなく治療にあたることをモットーとしている当院では、患者さんの状況に合わせて治療方法を提案し、納得していただいた上で治療を進めていきます。ただ、保険診療だとどうしてもできることが限られてしまうケースがあるため、自由診療の治療法も一つの選択肢としてご提案しています。そして、それらの選択肢の中から治療法を選択されるのは、私たちでなく患者さん自身。患者さんにとって本当によりよい治療結果が得られるよう、ベストな選択をしていただきたいと考えております。気になることがありましたら気軽にご相談にいらしてください。

―予防に関してはいかがでしょう。

予防に関しては、日頃の正しいブラッシングでプラークコントロールをするのはもちろん、それを継続していくことが何より大切です。そこで、当院ではただ単にブラッシング指導をするのではなく、歯科衛生士が患者さん一人ひとりのライフスタイルに合わせた指導・アドバイスを丁寧に行っています。こうしたきめ細かなフォローを行っている点も、当院の特徴だと考えています。

―先生が患者さんに接する際の心がけを教えてください。

患者さんに対して大事にしていることは、状況がイメージしやすく説明することですね。やはり写真を見ていただきながら説明するほうが、患者さんも現在の状況などをイメージしやすいようです。症状とともに、その治療にどれだけの時間と費用がかかるのかということもお話し、治療が長期にわたる場合は、その都度こまめに確認するようにしています。患者さんに丁寧に接して、正確な治療をし、患者さんに満足のいく結果を出していけたらいいですね。そして、私自信も一人ひとりの患者さんと丁寧に向き合える歯科医師でありたいと思っています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/50万~60万円(目安価格)
歯周組織再生療法/13万円~14万円(目安価格)



Access