全国のドクター9,013人の想いを取材
クリニック・病院 161,456件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 枚方市
  4. 宮之阪駅
  5. 医療法人 本多歯科
  6. 本多 弘明 院長

本多 弘明 院長の独自取材記事

本多歯科

(枚方市/宮之阪駅)

最終更新日:2019/11/18

104681 %e5%8c%bb%e7%99%82%e6%b3%95%e4%ba%ba %e6%9c%ac%e5%a4%9a%e6%ad%af%e7%a7%91

宮之阪駅前の大きな交差点の一角に構える「本多歯科」。本多弘明院長の父である本多信三理事長が開業し、今年で37年を数える歴史ある歯科医院だ。尊敬する父を目標に、20年先、30年先の将来を見据えて、日々まい進する本多院長。明るく気さくな印象だが、確固たる治療方針を持ち、話す言葉の隅々には患者への優しさや思いやりがあふれている。生まれ育った枚方への地域貢献への思いも強く、これからも地域のかかりつけ歯科医院として末永く親しまれそうだと感じる。今回は、そんな本多院長に、診療に対するスタンスや診療時に心がけていること、建物や内装のこだわり、今後の展望などについてじっくりと聞いた。
(取材日2018年12月6日)

尊敬する父を追いかけ、30年先を見据えた診療を行う

カフェか美容室のようなスタイリッシュな歯科医院ですね。こだわりを教えてください。

1

2016年に僕が院長に就任した際に新築しました。待合室は吹き抜けの天井で開放感のある明るい空間に。ソファーに加えて、上から小さなスポットライトが当たるハイカウンターの椅子席を設置したのがこだわりの一つで、この席には患者さんに「輝いてほしい」という思いを込めました。最初はちょっと不安だったんですが、意外に人気なんですよ(笑)。待合室から診察室の間の動線は患者さんとスタッフとで分けて、患者さんが通る通路はガラス張りにしました。これは治療の後、患者さんに「輝いて帰っていただきたい」という気持ちから。レッドカーペットみたいなイメージですかね。外からも見えるようになっていて、当院に通っていることを誇りに感じていただき、自慢してもらいたいという思いもあります。歯医者に通うことが患者さんのステータスになっていただければ、通院も楽しくなりますよね。皆さんが笑顔になれる、そんな歯科医院を私はめざしたいです。

院長に就任される時はどのような思いでしたか。

まず、父には負けたくないと思いましたね。僕は人間的にも歯科医師としても父を尊敬しているので、いつかは超えたい高いハードルだと思っているんです。そんな話を父にしたら、「例えば、1日1円でも積み重ねていけば1年で365円になるだろう。診療もだんだんうまくなっていくのだから、毎日こつこつやっていったらどう?」と言われて、「なるほど」と。それからずっと日々一つ一つ頑張るようにしています。でも、本当に大切なのはこのクリニックがより地域に根づき、10年、20年と言わず30年以上も地域の医療を支えられるかどうかです。2年うまくいったとしても、28年うまくいかなければ、父を超えたことにはなりませんから。今から30年先を見据えて、日々精進しています。

「H」をモチーフにした7色のロゴマークが目を引きますが、この7色に込めた思いを教えてください。

2

「H」は「Honda Dental Clinic」の頭文字で、それを7色で彩ることによって「どんな方でもいらしていただきたい」という思いを表しました。7つある診療室の扉にもその7色をそれぞれ使い、さらに診療チェアは扉の色と統一しています。これは「少しでも楽しい気持ちになってもらえたら」という思いからです。というのも、僕は昔から歯が悪く、子どもの頃、歯科医院に行くのがつらかったんですよ(笑)。歯科医院が苦手な方も「今日は何色の診察室かな」と楽しみにしてもらえたらと思います。

主に女性に向けて審美面にこだわった治療を提供

どういった患者さんが多いのでしょう?

3

当院は、女性を中心に審美面を重視した治療を提供しており、患者さんは主婦の方やお年寄りが中心ですね。虫歯や歯周病の治療ももちろん大切ですが、歯をきれいにするのも大切なことだと思うんです。それは若い世代だけでなくお年寄りも一緒で、歯が美しくなればおばあちゃんも気持ちが若返って表情が明るくなると思うのです。入れ歯も見た目がきれいなら積極的にはめてくださる方もいらっしゃるんですよ。最近は、どれだけ美しく仕上がるか楽しみに来てくださる患者さんが増えていますね。

どのような医療を提供したいとお考えですか。

患者さんにとってメリットがある治療をしたいですね。僕は現在のメリットだけでなく10年先、20年先の将来のメリットまで念頭に置いた治療が良いと考えているんです。といってもお金や時間の問題もありますので、「今回はこれだけ、次はこれだけ、その次はこれだけ、最終的にはこんな治療ができますよ」と理想の形を提示して、患者さんに十分理解していただいた上で、その方にとって最も良い治療は何かを見つけて差し上げることが大事なのではないかと。例えば、虫歯の治療では削って詰めることが大事と思われていますが、本当は「食生活が悪い」「歯をきちんと磨けていない」など、虫歯になった原因を見つけて、その改善方法をアドバイスすることのほうが大切だと思うんです。そして、患者さんがそのアドバイスを実践して5年、10年と虫歯にならなければ、それが治療の本当のゴールかなと考えています。

患者さんと接するときに心がけているのはどのようなことですか。

4

歯科医院で歯を抜いたり、神経を取ったりすると、多くの患者さんは、家に帰って「歯を抜かれた」「神経を抜かれた」とおっしゃると思います。でも、実際はその歯や神経の状態が良くないから、抜いたり取ったりしているはずですよね。なぜ「抜かれた」という言い方になってしまうのかと考えると、その治療をする必要性がきちんと伝わっていないのではないかと思うんです。ですから、なぜ抜くのか、なぜ取るのか、その治療の必要性や期待できる効果、メリットについて丁寧に説明するよう心がけています。

診療を通して地域の発展、住民の健康増進に貢献したい

印象に残っている患者さんとのエピソードを教えてください。

5

治療代が非常に高額になられた患者さんがいらっしゃいました。額が額でしたので治療前は相当悩んでおられたのですが、最後に全額現金で持ってきていただき、非常に喜んでくださったということがありました。僕の治療に納得してくださったということだと思うので、とてもうれしかったですね。もっと頑張ろうと思った転機にもなりました。

日々お忙しいと思いますが、休日はどのように過ごされていますか?

勉強会やセミナーに行くことが多いのですが、時間があるときは乗馬を楽しんでいます。実は最近始めて、京都の乗馬クラブに妻と一緒に月に2回ほど行っているんです。僕は動物が好きなんですよ。中でも犬が好きでミニチュアダックスフントとチワワを飼っています。馬はそれほど興味はなかったのですが、通っているうちに表情が豊かでかわいいなと思うようになってはまってしまいました(笑)。犬と一緒で、走れと言っても走らなかったり、言うことを聞かないときもあるんですが、じゃれてくるとやっぱりかわいいんですよ。今、一番の癒やしですね。

読者へのメッセージと今後の展望を教えてください。

6

患者さんのお話をお聞きしていると、審美的な治療は高齢になると治療自体が大変だと思い込み、始めから治療を諦めてしまう方も少なくありません。もちろん状況によっては難しいこともありますが、治せる可能性があることをお伝えしたいですね。当院では、高齢の方でも歯を美しく、きれいに、そして患者さんが笑顔になれるチャレンジをぜひともお手伝いしたいと思っております。気になることがあれば遠慮せずご相談ください。「本多歯科」としては、枚方の地域活性化や経済発展にも貢献していきたいと思っています。分院を出したり、託児施設をつくったりもしてみたいですね。地域の皆さんが健康で幸せに過ごせること、それが僕の一番の願いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/35万円~
マルチブラケット矯正/片顎:30万円~、全顎:55万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access