求人情報ON
こじまウェルネスデンタルクリニック

こじまウェルネスデンタルクリニック

小嶋 章寛院長
頼れるドクター掲載中

10408 df 1 main 1422577178

鷺沼駅から徒歩1分。「こじま歯科医院」は2000年の開業以来、口内から全身の健康のサポートをモットーに地域住民の口腔の健康を通じて体全体の健康維持に尽力してきた。院長を務めるのは小嶋章寛先生。穏やかな笑顔と、丁寧な語り口が印象的なドクターで、診療では虫歯や歯周病の予防に力を注ぐ。ライフステージとリスクの関係性を踏まえて、口腔のトラブルを根本的に解消し、健康な状態が長く続くように指導している。より多くの人に予防の大切さを知ってほしいと、院外でも積極的に活動する小嶋先生に、予防の大切さや、治療に対するこだわり、患者に対する思いをたっぷりと語ってもらった。
(取材日2017年5月31日)

歯から全身の健康をサポートする

―まずこちらの医院の診療の特徴から教えてください。

この地域にお住まいの方は歯や健康への意識の高い人も多いので、まずは患者さんの健康をサポートするという考え方をもとに、日頃どんな生活をしてどう考えているか、どうして歯科医院に来られたのかをしっかりとお聞きしてから治療にとりかかるようにしています。健康な状態に戻ってからもできるだけ長くその状態が維持できるような診療を行うと同時に、それほど問題のない方の場合でもその人の持っているリスクを相手に伝えてあげるなど、予防歯科を中心に長く体全体の健康を維持できるように、患者さんに正しい知識や情報を提供することを心がけて診療しています。

―力を入れておられる予防歯科ではどのような診療を?

食生活に着目し、患者さんが日頃どんな物を食べているかお聞きします。従来より虫歯の原因である糖質、主に砂糖の摂取頻度については指導してきましたが、最近では食事のバランスにもアドバイスしています。例えばご高齢の方は、よく噛めないことから軟性の食材が多くなりがちです。しかしそれが糖質過多を招き、タンパク質やビタミン不足に陥ることも。ですから口内を観察して患者さんの生活スタイルを知り、それによって指導する内容も臨機応変に変えていく必要があります。予防で大切なのは、患者さん自身が健康でいたいと思えるように誘導していくこと。虫歯の数自体は減ってきていますが、リスクを抱えている人はたくさんいるので、若いうちから知識を持って自分のお口の中の状態を把握していただけるように働きかけています。

―虫歯や歯周病の治療についてはいかがでしょう?

いくつになっても自分の歯で食事ができるよう、いかに歯を残すかを考えながら治療を行ってきましたが、最近は、ただやみくもに残せばいいものでもないという考えです。実際、虫歯や歯周病などの進行が進んだ歯は明らかに抜いたほうがよい歯もあるわけです。そういった問題がある歯を無理やり残すことで、残りの健康な歯が侵襲され、歯の土台である歯槽骨にまで悪い影響が及ぶ場合もあるのです。もちろん、自分の歯をいかに長く残すかは大事ですが、それはあくまで健康な歯の場合であって、残すか抜くかは、歯科医師として慎重にかつ正しく判断していくべきだと考えています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/40万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細