医療法人社団 仁雲会 さくら歯科医院

医療法人社団 仁雲会 さくら歯科医院

岡本善彦 院長

頼れるドクター

102838 df 1 main 1452654398

「さくら歯科医院」に入った瞬間、目を奪われるのは待合室の約半分ほどのスペースを占めるキッズスペースだ。有名ブランドが手掛けるおもちゃの木の風合いは大人にとっても心癒やされる優しさがある。しかし、同院を訪れているのは子連れの親子だけでなく会社員、高齢者など種々さまざま。岡本善彦院長がポリシーとして掲げているのは「究極のまち医者をめざす」ということ。誰もが来られる歯科医院とはどんな歯科医院か追求した結果、診療は患者の希望がない限り保険診療だ。その一方で、自由診療分野の先進的な治療技術の獲得にも余念がない。多忙を極める岡本院長にその意図など詳しく話を聞いた。
(取材日2015年12月28日)

開業医であることにプライドを持ちつつ専門性の高い治療も押さえる

―とても大きなキッズスペースですね。

当院は2015年10月にこの場所に移転しました。その時にこだわって作ったのがキッズスペースです。以前は待合室がとても狭く、現在、ソファーが置いてあるスペースぐらいしかなかったんです。そこで、今度は子どもが遊べる場所がほしいなと思い、広いキッズスペースを作りました。当院は海外の知育玩具を中心に扱う有名なブランドにプロデュースしてもらっていて、そのブランドのおもちゃしか置いていません。千葉県の歯科医院ではそんなに多くないかもしれませんね。キッズスペースのおかげで確かに子どもの患者さんは多いんですが、高齢の患者さんも多くいらっしゃいますよ。総入れ歯もたくさん作っています。どの年代の患者さんにもまんべんなく来ていただいていますね。僕が気取ったことが言えないので、建て前よりも本音で話せる人がよく来院してくださっていると思います。また、自費診療は希望がある方には行いますが、こちらから患者さんに勧めることはあまりしないですね。目指しているのは究極のまち医者なんです。

―「究極のまち医者」とは具体的に言うとどんな歯科医師ですか?

一般的な開業医がやっている治療を開業医なりのプライドを持って治療する歯科医師ということですね。何か特定の分野に特化するのではなく、すべての患者さんを診るということです。皆さんが安心して来られる歯科医院をつくりたいですね。例えば、自分が歯科医院に通うとして、いつも自費診療中心の歯科医院に行くかというと、なかなかそうはいかないと思うんです。正直に言うと、僕自身も一時期、自費診療中心の歯科医院をめざしたこともありました。しかし、ほとんどの人が行ける歯科医院ってそういう歯科医院ではないのではないでしょうか。地域の人のニーズにできるだけ応えていくこと、それが私の目指す姿なんです。

―一方で、先生は歯科用CTの導入など先進的な治療もしていますね。

歯科用CTはインプラントの治療や、難抜歯などで使います。でも、それで利益を得ようなどとは考えていないんです。ただ3Dだと患者さんの口の中がどう見えるのか見てみたい、という興味から導入しました。そのほうが治療もやりやすいですし、歯科用CTは保険診療でも一部適用できる治療もありますから。こういった自費診療分野は、大学卒業後、自分で治療に携わるようになってから、知識の必要性を感じて勉強し始めました。特に、自分の歯科医院を持つようになってからとてもたくさんのセミナーに行きましたね。1ヵ月間休日返上で行くこともありました。ただし、患者さんには皆さん言っていることなのですが、歯科医院というのは歯を削るところではないんですよね。歯を削らないようにするために来る場所なんです。当院の土曜日の患者さんも1/2以上はクリーニング、つまり歯を削らないための予防に来ている患者さんです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細