全国のドクター8,582人の想いを取材
クリニック・病院 161,523件の情報を掲載(2019年11月19日現在)

さるや歯科医院

さるや歯科医院

藤本記代 院長

10221 df 1 main 1411108404

高津駅近くの静かな住宅街にある「さるや歯科医院」は、藤本記代先生が院長を務める女性スタッフばかりのクリニックだ。同じ建物の階下には父が開いた猿谷耳鼻咽喉科医院があり、現在は弟が引き継いでいる。治療の中でも力を入れているのが歯周病や顎関節症、噛み合わせを重視した歯列矯正など。経験に裏打ちされた的確な診療技術に加え、ほがらかで優しい人柄が幅広い世代の患者に慕われている。「歯科嫌いも、ここに来れば解消される」と評判のさるや歯科医院を訪ね、日々の診療のことや噛み合わせの大切さ、歯周病の恐さなどについて聞きながら、話題は歯科診療に対する藤本先生の信条や、長く続けている趣味のことにまで及んだ。
(取材日2008年10月29日/更新日2014年6月11日)

一歩踏み込んだアドバイスができる、家族みんなのかかりつけ

―お父さまが医師でいらっしゃるそうですね。

父は私が小学4年生のときにこの場所で開業したので、毎日のように父の診療風景を見て育ちました。自分も医療の道に進みたいと思ったのは間違いなく父の影響ですね。歯科を選んだのは自分の歯があまり強くなかったから。同じように歯のことで悩んでいる人たちのお役に立てたらいいなと思いました。

―お父さまの時代からということは、地域の皆さんとの結びつきも強いのでしょうね。

おかげさまで長いお付き合いの患者さんが多く、ご家族ぐるみで通ってくださるケースがかなりありますね。比較的、新しい患者さんの場合は、お子さんの診療からお付き合いが始まり、次第にご家族全員を診させていただくようになります。当院はお子さんの患者さんも多いんですよ。歯の健康は食生活やメンタル面も大きく影響しますから、ご家族の皆さんを診療することで生活背景がわかり、一歩踏み込んだアドバイスができることも多々あります。当院には診療台が4台あるのですが、1組のご家族で貸し切りになることも珍しくないんですよ。どなたでも歯科にかかるのは気が進まないと思いますが、ご家族と一緒ならば少しは気が楽になるのかなと思います。

―先生はどんな治療に力を入れていますか?

どの治療も偏りなく行っていますが、中でも歯周病予防に力を入れています。歯周病は歯周組織に起こる病気全般を指していて、歯茎の炎症から、歯を支えている歯槽骨が溶け出す症状まで幅広いのですが、間違った認識をお持ちの患者さんもいて、歯周病=歯槽膿漏だと思われることが多いようです。かつては歯槽膿漏と呼ばれ年配者特有の症状といわれていましたが、今ではもっと広い意味合いで歯周病と呼ばれています。歯周病は若い世代にも増えていて、進行するとお口の中だけでなく全身に影響を及ぼします。例えば歯周病菌を知らず知らずのうちに飲み込み、血管の中で血栓となって、心臓疾患を引き起こすおそれもあります。また、肺炎や低体重児出産などにもつながりかねません。日頃の正しいブラッシングで予防するとともに、歯茎の腫れや出血などがあったら、すぐに歯科で診療を受けてください。当院でも歯周病のリスクをしっかりとご説明し、ご理解いただいた上で予防や治療にあたっています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細