ドクターズファイル特集 名古屋市×病院協会×医師会 今だから知っておきたい!名古屋市の災害対策 | 病院・医者を探すならドクターズ・ファイル

「総合病院」や「クリニック」は必ずしも規模が大きければいい、有名だからいいというわけではありません。両者にはそれぞれに特性や得意な診療分野があるため、私たち患者は病気の症状や目的によって医療機関を使い分けるのが賢明。いざというときに最適な判断をするための知識を身に付け、万が一に備えましょう。

頼れる総合病院を紹介

東京都

「総合病院」と「クリニック」のちがいってなんだろう。

かかりつけをいくつも回るより、たくさん診療科がある総合病院で
まとめて診てもらったほうが効率的でいいような気がしますが?

「総合病院」と「クリニック」それぞれのちがいと特徴

健康に暮らしているときにはあまり気にならない「総合病院」と「クリニック」のちがい。おそらく多くの人が、病気や体の不調を診てもらえる医療機関をひとまとめにして「総合病院」と呼んでいるのではないでしょうか。ところが両者には明確なちがいがあって、基本的なところでは複数の診療科を持ち、入院病床数も多い医療機関を総合病院、町のあちらこちらにある小規模の医療機関をクリニック(診療所)といいます。クリニックは開業医の個人経営による場合がほとんどで、軽い症状や健康相談でも受診できる、患者に最も身近なかかりつけとして機能しています。一方、総合病院には大学病院や国公立・企業病院など高度な医療を提供し、それを求めて地域の内外から患者が集まる「大規模病院」と、地域医療の中核を担う「中核病院」、さらにそこから一歩踏み込み地域のきめ細かい医療ニーズに応える「地域密着型病院」とがあり、それぞれの役割を果たしています。大規模病院の中でも特殊な検査機器や設備を完備し、先進のがん治療などを行っているのが「特定機能病院」。これは厚生労働省が承認する限られた病院で、許可病床数400以上、診療科10以上などの条件を満たしています。また、一般的に「総合病院」とも呼ばれる中核病院の機能に加え、近年では保健・介護・福祉施設とも連携しながら、高齢化社会の医療ニーズにきめ細かく応える地域密着型病院が増加。高齢化が進む中で、今後ますます数も増え、体制も強化されていくと見られています。ちなみに私たちがよく使う総合病院という呼び名ですが、国の定める医療法に明確な規定はなく、ごく一般的に浸透している通称と言えるでしょう。

使い分けることで起こるいいこと!

  • 軽症の患者の総合病院利用が減ることで慢性的な患者の集中が軽減され、より多くの救急患者を受け入れてもらえたり、高度な医療を必要とする重症患者が治療を受けられるようになる
  • 日常的な症状や慢性的な病気は身近にあるクリニックのほうが、総合病院よりも短い待ち時間で継続的に診てもらえる
医療機関のちがい

医療機関は実態として大きく4つに分かれる。高度医療を提供する「大規模病院」、地域医療の中核を担う「中核病院」、地域の病院やクリニックのほか保健・介護・福祉施設などとも連携する「地域密着型病院」、そして施設数が最も多く身近なのが「クリニック」だ。

医療機関の違いイメージ図
普段はかかりつけの「クリニック」重度のときに大規模病院へ!

日常的な病気の治療や予防、生活指導といった日々の健康管理は身近なクリニックにかかりましょう。重い病気が疑われる場合は適した中核病院や大規模病院を紹介してもらえます。紹介先の総合病院には必ず紹介状を持参するようにしましょう。そうすればスムーズに精密検査が行われ、必要に応じた先進的な治療が迅速に受けられます。この基本をおさえておかないと診察まで長時間待つことになったり、余計に費用がかかったりする医療選択のミスマッチが起こる可能性があります。

使い分けのポイントはわかったけれど
「総合病院」と「クリニック」の関係って?

総合病院とクリニックはどうやって連携を取っているの?
どうするれば上手に使い分けができるんでしょう?

「総合病院」と「クリニック」の関係、上手に活用するには?

万が一、病気になったとき、いきなり総合病院へ駆け込むのは得策ではありません。総合病院を受診するには原則として、かかりつけ医が発行する「紹介状」が必要です。紹介状は正式名称を「診療情報提供書」といって、紹介先の総合病院宛に患者の情報を伝えるものです。紹介状があることでスムーズに初診が行われ、検査の重複やそのためにかかる余分な検査費用なども防げます。ちなみに紹介状はクリニックの提携先以外にも患者の希望する総合病院宛に書いてもらえますが、発行には診療情報提供料として別途費用が必要。紹介状を持たずに総合病院を受診すると、診察料と初診料以外に「選定療養費」(料金は病院によって異なる)を支払わなくてはならないこともあります。
また、一日に何千人もの患者が詰めかける大規模病院では紹介状持参の患者が優先されるため、待ち時間が長くなるのは必至。よく「3時間待ち、3分診療」といわれますが、その多くは紹介状を持たずに受診しようとするケースともいわれています。病気の早期診断・治療のためにも普段から信頼できるかかりつけクリニックを持ち、適切な病院へ紹介してもらうことが欠かせません。
さらに「逆紹介」というシステムもあります。重い病気の手術や入院といった急性期治療後のケアを紹介元のかかりつけ医に引き継ぐもので、日常的にはかかりつけ医に、そして定期的なチェックは総合病院を受診します。また、かかりつけを変える必要がある場合や患者が別のかかりつけを持ちたいと希望する場合などは、その患者の住む地域のクリニックを新たに紹介したり、長期入院が必要な患者の転院先を紹介したりします。これらも逆紹介にあたります。

紹介状の役割と通院の流れ

日本の医療制度では紹介状がなくても、患者が自由に医療機関を選ぶことができますが、かかりつけ医の書く紹介状があれば受診が円滑になります。紹介状は「診療情報提供書」といって、紹介先の総合病院の診療科や医師宛に、患者に関するさまざまな情報が記されています。

まずはクリニックで受信 専門的な検査や高度医療が必要と判断された場合に病院へ 病状が安定したら、気軽に通えるより身近なクリニックでリハビリや経過観察を

紹介状を活用すると……

1. 受診がスムーズに
紹介状によって、症状や既往歴などの医療情報が引き継がれるので、紹介先での問診や初診時間を軽減できます
2. 費用が節約できる
検査や治療経過が伝わることで、検査の重複を防げます。そのため検査費用の節約にもつながります
3. 適切な治療や検査の受診ができる
専門的診療の必要性を選別してもらうことで、症状に合った機関でより適切な治療を受けることができます

診療情報提供書に記される主な内容

  • 氏名、生年月日、性別、住所など患者の基本情報
  • 検査、手術など紹介の目的
  • 主な症状や疑われる病名
  • 病状や治療経過
  • 投薬内容 など

総合病院を利用するときの「なぜ?」にお答えします!

初診料と再診料って何ですか?
総合病院やクリニックを初めて受診する際、診察料と別にかかるのが初診料です。さらに同じ症状で診察を受ける場合、2度目以降にかかるのが再診料です。ただし、同じ症状でも一定期間が空いていったん治癒したと見なされると再診料ではなく初診料がかかります。
総合病院に支払う「選定療養費」って何?
紹介状なしで総合病院を受診する場合、通常の医療費のほかにかかる費用のこと。総合病院によって料金は異なるが3000〜4000円が相場。高度医療を担う総合病院と日常的な病気診療を行うクリニックの役割を明確に分け、必要な患者に必要な治療が行き届くよう設けられたシステムの一つ。
入院・治療費用の問題を総合病院で相談できるって本当?
手術や入院にかかる費用負担が重い場合、総合病院に設けられた総合相談窓口で相談できる。名称はさまざまだが、いずれも医療ソーシャルワーカーが常駐し、保険診療の立場から患者やその家族が抱える経済的な問題や心理的な不安の解消にあたる。困ったときには相談を。
救急車を呼ぶ以外の緊急時の対処法って?
迷わず救急車を呼ぶなら[119]をダイヤル。救急車を呼ぶべきか、病院へ行くべきか迷ったら緊急相談ダイヤルへ相談してみよう。
[特集]119番通報と救急相談ダイヤルの役割
「信頼できるかかりつけを持ち必要に応じて病院にかかる」が基本

高齢化社会や病気の多様化に伴い、ますます地域医療が重要視される中、かつてはあいまいだった「総合病院」と「クリニック」の使い分けが極めて大きなポイントとなります。一見複雑そうに思えるシステムも、基本は身近に信頼できるかかりつけクリニックを持ち、必要に応じて適した病院にかかるということ。そこをおさえればいざというときに最適な検査や治療が受けられ、長い目でみて自身や大切な家族の健康な暮らしにつながります。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
ドクターズ・ファイル特集

レポート 特集

医療や介護の現場に専用ロボットを導入!締結式レポート

地域特集 イベント

名古屋市医師会主催、救急・防災フェスタ-2016-

外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細