全国のドクター9,285人の想いを取材
クリニック・病院 161,120件の情報を掲載(2020年10月21日現在)

  1. TOP
  2. 症状から探す
  3. 歩行困難の原因と考えられる病気一覧
  4. 骨盤裂離骨折
  1. TOP
  2. 足の病気一覧
  3. 骨盤裂離骨折
089

こちらの記事の監修医師
帝京大学医学部整形外科学講座
教授 帝京大学医学部附属病院・外傷センター長 渡部 欣忍 先生

こつばんれつりこっせつ骨盤裂離骨折

概要

主にスポーツ活動によって、筋肉の急激な収縮により、筋・靱帯・腱と骨との付着部で骨の一部が引き剥がされて生じる骨折を「裂離骨折(剥離骨折)」といいます。正式名称は裂離骨折ですが、一般呼称として剥離骨折と呼ばれることもあります。特に、骨盤や足関節、膝関節などに生じやすい骨折です。ここでは、骨盤裂離骨折について説明します。成長期の骨盤には力学的に弱い骨端線(成長軟骨)があり、ほとんどの裂離骨折はこの骨端線で起こるのが特徴です。そのため、主に成長期の中学生や高校生に多くみられる外傷で、陸上やサッカー、野球などのスポーツ中の急な方向転換をはじめ、ランニングやダッシュ、ジャンプ、キックなどによって引き起こされます。痛みや腫れなどのほか、重症の場合は感覚障害や歩行困難を伴うため、早めに適切な治療を受けることが大切です。

原因

成長期の骨盤にある骨端線(成長軟骨)は力学的強度が弱く、裂離骨折が発生します。陸上やサッカー、野球などのスポーツをする際に、骨と付着している筋肉が急激に収縮し、骨が耐えられなくなって骨折を生じます。ダッシュや走り幅跳びなどで縫工筋や大腿筋膜張筋が収縮することで起こる「上前腸骨棘裂離骨折」、短距離走やキックなどで大腿直筋が収縮することで起こる「下前腸骨棘裂離骨折」、全力疾走やハードル競技、走り幅跳びなどでハムストリングや大内転筋が収縮することで起こる「坐骨結節裂離骨折」、内外腹斜筋上方へのけん引力と中殿筋下方へのけん引力が同時に作用して起こる「腸骨稜裂離骨折」などに分けられます。

症状

ランニングやダッシュ、ジャンプ、キックなど、スポーツで体を動かした直後に骨盤やお尻に強い痛みを感じ、歩きづらくなったり、立ち続けることができなくなったりします。剥離骨折した部分に痛みや腫れ、皮下出血などが生じるほか、場合によっては剥がれ落ちた骨が元の正しい位置からずれてしまうこともあります。症状が重い場合、感覚障害や歩行困難に陥ることもあります。

検査・診断

まずは問診により、痛みが生じた経緯などを確認し、身体診察で痛みがある部分や骨のずれなどをチェックします。裂離骨折が疑われる場合はエックス線検査を実施し、骨が剥離しているかどうかの診断を行います。さらに詳しい検査が必要な場合は、CT検査やMRI検査を追加します。

治療

基本的には、保存的治療により裂離骨片の癒合を図ります。痛みが生じにくい姿勢をとって、安静に努めることが重要です。痛みが強い場合は、鎮痛剤を服用したり、歩行に松葉杖を使ったりします。保存的治療によって、数週間程度での骨癒合が見込めます。4~6週でジョギングなどの軽い運動が開始でき、2~3ヵ月でスポーツ復帰が可能となるでしょう。なお、受診前の応急処置として、痛みや腫れがある部分の安静を図るのはもちろん、患部を氷などで冷やしたり、圧迫したりすることも有効だと考えられています。骨のずれが大きい場合や、裂離骨折した部分が広範囲にわたる場合などは、全身麻酔による手術を行いますが、極めてまれなケースです。

予防/治療後の注意

安全にスポーツ復帰するためには、骨と裂離した部分が癒合し、股関節の可動域と筋力が回復しなければいけません。十分に治っていない状態でスポーツを行うと、悪化や再発の恐れがあります。そのため、リハビリテーションなどを通して可動域と筋力のトレーニングを行うことが重要です。また、スポーツ復帰後は、体を動かす前に骨盤の周りの筋肉や、股関節の準備体操をしっかりと行うことも再発予防につながります。

089

こちらの記事の監修医師

帝京大学医学部整形外科学講座

教授 帝京大学医学部附属病院・外傷センター長 渡部 欣忍 先生

1987年京都府立医科大学卒業。同大学附属病院研修医。1994年米国 Louisville 大学病院などでの勤務を経て、2004年より帝京大学医学部整形外科学講座教授、2018年より同大学医学部附属病院・外傷センター長。専門は整形外傷後の合併症(骨癒合不全、感染性偽関節、骨髄炎、変形癒合など)。日本整形外科学会整形外科専門医。