所沢肛門病院

栗原 浩幸院長

42202

西武池袋線小手指駅の北口から歩いて5分の地に「所沢肛門病院」はある。緑多い公園にほど近く、4階建ての本院に大腸検査施設が併設。1階ロビーから院内に入ると、待合室には診療を待つ多くの患者の姿があった。外科的な考えに基づいた独自の治療を実践している同院。特に肛門疾患において多数の経験があり、遠方からも患者が訪れているという。併設の大腸検査施設では年間9000件にものぼる大腸内視鏡検査を実施しており、予約なしでも受診可能。クチコミから近年受診者が増加しているそうだ。インタビューでは同院の診療ポリシーや肛門・大腸における診療の内容を、栗原浩幸院長に語ってもらった。
(取材日2016年7月5日)

日々研鑽を続ける肛門疾患診療の専門病院

―まずは病院の成り立ちと歴史についてお聞きします。

1981年に肛門科単科の専門病院として、金井忠男名誉院長が設立し、2016年には35周年を迎えました。肛門専門の病院は全国でも少なく、それだけに患者さんは県内はもちろん、県外、それも新潟、大阪など遠方からも来院されます。また、肛門病に関する学会発表や論文発表なども行っていますので、紹介でこちらに来られる患者さんも少なくありません。過去、良性の肛門疾患は多くが軽視されがちだったため、医師の卵がこれらの治療について教育を受ける場面もほとんどありませんでした。当院の金井名誉院長をはじめとする肛門科の医師達が発展させることに尽力し、ようやく現在は医師のみならず社会全体にその認知と必要性が広まってまいりました。肛門疾患は患者さんの日々の生活に直接かかわるものであり、治療の成果がQOL(生活の質)に直結します。それだけに専門病院としての責任感をもって診療にあたっています。

―先生のポリシーはなんでしょうか?

「服薬や塗り薬で完治するのか」あるいは「手術が必要なのか」をしっかりと診断し、早めに治療方針を患者さんへお伝えするよう心がけています。同時に、肛門疾患診療の砦となるべく、スタッフ全員が日々研鑽を怠らず、モチベーション高く診療にあたっています。肛門疾患に対しては、医学的な根拠に基づいた適切な治療を遵守しています。モットーは、病状に合わせた治療を通して再発のないきれいな肛門に治すことです。大腸疾患で肛門科を受診する患者さんが多いことから、比較的早期から大腸内視鏡検査を導入し、迅速な診断・治療に取り組んできました。肛門疾患に隠れて大腸がんが存在することもありますから、病変を見逃さないよう気を配っています。診断と簡易なポリープ切除までが当院の役割で、開腹手術が必要な場合は大学病院などにご紹介します。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細