公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立うわまち病院

公益社団法人地域医療振興協会 横須賀市立うわまち病院

管理者 沼田 裕一先生

頼れるドクター

41643 %e6%a8%aa%e9%a0%88%e8%b3%80%e5%b8%82%e7%ab%8b%e3%81%86%e3%82%8f%e3%81%be%e3%81%a1%e7%97%85%e9%99%a2

2002年に国立病院から「横須賀市立うわまち病院」が誕生。病院引き継ぎ前からこの仕事に取り組み、管理者を務める沼田裕一先生は、「開設当初は引継ぎに伴う医療事故を起こさないため旧病院のやり方をできる限り踏襲する方針で臨み、運営が安定したことを確認した開設1ヵ月後から、病院は病院らしく入院医療と救急を中心機能とする方針を立て、診療情報のデジタル化を手始めに、診療連携と病院機能充実に力を入れる病院運営を始めました。また職員が期待以上に高い能力を発揮、着実な発展に貢献、職員皆の力が現在の病院をつくっています」と歩みを振り返る。開設から15年で診療科を14科から28科に拡充、回復期リハビリテーション病床などが入る新棟を建設、地域医療支援病院や救命救急センターの指定など、地域医療充実に向け医療環境を整備。近隣の医療機関と十分な連携を図り、患者からの相談や疑問などに応えていく患者支援室も備え、「近隣の医療機関が安心して紹介でき、患者が安心して治療を受けられる」病院をめざす。「数年後に建て替えにも着手予定」と語る沼田管理者に、同院の地域での役割と診療面の特色を聞いた。
(取材日2017年10月30日)

地域に必要な医療を求めて進歩し続ける病院

―こちらの病院の成り立ち、地域での役割を教えてください。

当院は国立病院を経て、2002年に横須賀市の市立病院となりました。経営難だった国立病院時代は廃院も検討されましたが、地域の強い要望により公益社団法人地域医療振興協会への管理委託という形で再スタートしたのです。「地域のための医療」を、近隣の医療機関と密接に連携して行うのが当院の使命と考え、24時間対応の「敷居が低く間口の広い」救命救急センターのほか、紹介の患者さんを中心に心臓や脳血管、小児医療といった分野の高度医療、さらに診療所ではできない、あるいは地域で不足する医療分野などをカバーするために、現在28科の診療科を設けています。また「優しい心、深い知識、高い技術」の理念のもと、患者さん一人ひとりに優しい医療を心がけ、医療の説明責任と透明性に責任を持ち、救急・災害医療、診療連携による充実した地域完結型の地域医療、医療従事者の自己研鑽、将来の地域医療を担う人材育成の5本柱を基本方針としています。

―身近なクリニックを受診後、紹介先となる病院なのですね。

そのために診療科は受け入れの幅広さと同時に一定水準の医療レベルを維持するよう努め、ご紹介いただく医療機関の窓口となる地域医療連携室を設置し、専任スタッフがご紹介の依頼・予約を受けています。また緊急の場合や、医師に相談したい時のために医師対医師専用のホットラインも準備。当院の担当医に診療情報が事前に届くため、紹介患者さんを長時間お待たせせず、余裕をもって診療にあたっています。担当医がマイクを使わず、待合室で患者さんを直接呼ぶといった「優しい医療」が実践できるのも、そうした診療連携で生まれた余裕のおかげ。当院の医師も専門分野の手術や治療に専念し、各自の専門性を磨くなど、診療連携による患者さんのご紹介は地域医療の質の向上に貢献していると感じています。また胸痛の患者さんをご紹介いただく場合、一刻を争うケースである可能性も考慮し、当院から専門の医師が同乗したドクターカーを向かわせることも多いですね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細