全国のドクター8,986人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 八王子市
  4. 京王片倉駅
  5. 義澤皮膚科内科クリニック
  6. 義澤 雄介 院長

義澤 雄介 院長の独自取材記事

義澤皮膚科内科クリニック

(八王子市/京王片倉駅)

最終更新日:2019/08/28

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

京王片倉駅から徒歩4分、JR片倉駅から徒歩10分にある「義澤皮膚科内科クリニック」。院長の義澤雄介氏は25年間の大学病院勤務の経験を生かし、一般皮膚疾患だけでなく、しみやしわ、AGA(薄毛治療)など美容面にも対応している。「特にしわ・しみやAGAなどの問題は、むしろ一般的皮膚疾患の場合よりも深刻な悩みの原因となります。そのような方にはこちらも全力で治療にあたらなければならないので、先進の治療ができるように情報収集を怠りません。新しい施術については、大学時代にそれこそペースメーカー挿入から下肢の切断術まで多様な経験を積ませていただいたので、何でもこなせる、という自信はあります」。新しい治療を学び続ける義澤院長。その想いを改めて聞いた。
(取材日2018年4月2日/更新日2018年10月3日)

一般的な皮膚科疾患から美容面の悩みにも対応

クリニックの概要を教えてください。

1

私は本質的に研究好きで、大学では疑問に思ったことは論文を読みまくって研究し、それを新しい論文として報告していました。その結果として博士号が取れたわけですが、2008年に開業してからは、次々に来院される患者さまの中で、深刻に悩んでいる皮膚問題を解決することができなかった時、今後どう対応すべきか、やはり論文を読みまくって自分が知らなかった新たな治療法を見つけて、そしてそれを習得し、次に同じ疾患で来られる患者さまのために備えるようにしてきました。その結果、現在では多様な疾患・皮膚問題に対応できるようになりました。やはり患者さまの希望に添えない時の自分への情けなさは重いもので、かつ、深刻に悩んでいた皮膚問題が解決できたときの患者さまの喜びを目前にした時は自分も非常にうれしく感じ、仕事へのやりがいにつながります。義澤皮膚科内科クリニックは、このような積み重ねを10年続けて今があります。

皮膚科は予約制をとっているのですね。

一昨年から皮膚科は予約制にしました。理由は、予約制にしないときちんとした治療ができないと思うからです。また、美容の患者さまにとっても予約制のほうが便利ですし、当院側といたしましても、美容の施術時間の調整ができ重宝しております。以前は野戦病院のように混乱した状況のこともありましたが、現在は整然とした外来運営が可能になりました。また当院では、予約が取れなかった場合でも、どうしても診てもらいたいという状況の際は、予約がなくても診察することにしており、なるべくご迷惑をおかけしない外来運営を心がけています。

美容機器も導入されているのですね。

現在では、美容医療は当院の看板でもあります。先に述べましたように、この10年間、コツコツと新しい治療を習得してきた結果、しみだけでなく、しわやAGAに対する対応も可能になっています。しわや薄毛の問題は、男女に関わらず深刻な問題であることがあり、その深刻度が深いほど、こちらは全力で治療しなければなりません。そのために美容機器や施術の技術は必要不可欠なものなのです。

最近はしわやAGAの治療に積極的に対応しているようですが?

20181003 2

そうなんです。しわやAGAは女性も男性も深刻な悩みの原因になります。深刻にお悩みの場合は、それに相応した積極的な治療を行い問題解決へつなげていきます。治療方法は日進月歩で変化しております。ホームページ内の私のブログでも詳細な内容を書いていますので興味のある方は参考になると思います。

説明を怠らず、治療法を提案

患者さまとお話しされる際に、心がけていることは何ですか?

3

外来診察時に説明を怠らないことを大切にしています。例えばアトピー性皮膚炎の治療では、論文を見せながら治療法を解説したりして、患者さまが理解しやすいよう心がけています。また、肌荒れを伴うニキビ外用剤を処方する時などは、持ち帰ってご自宅でも確認できるよう、自作のプリントを配布して注意事項を説明します。資料任せではなく、口頭でもお話ししますから一日を通じてかなりたくさんしゃべらなければならず、非常に疲れます。なので、運動などで体力維持を心がけています。

他に大切にされていることはありますか?

20181003 4

開業以来10年続けている習慣ですが、スタッフよりも早くクリニックに入るようにしています。朝7時頃に来て、まずクリニック前の駐車場に落ちているゴミや吸い殻を片付けて、それから中に入り、電気とクーラーを入れて空調などに不備がないかチェックします。特に真冬は早めに空調しないと、開院時間までに快適な温度になりませんから、そのためにも朝は早く出勤します。その後、郵便物やメールのチェックをしてから、院内製剤の化粧品を作成し、最後に外来のトイレを掃除をします。トイレとはその施設の全体像を反映するもので、言ってみれば施設そのものであると考えます。 

スタッフがそれぞれの仕事に専念し、医院全体の活力へ

なぜトイレ掃除までも、ご自身でやるのですか?

5

トイレ掃除などは職員にやってもらえば良いじゃないか、とよく言われます。しかし、トイレ掃除や化粧品作りなど喜んで行う人はいません。いやなことを無理にやらせた結果、不手際が生じる可能性も出てきます。そうなったとき、一番迷惑をこうむったり、ご不快に思われるのは患者さまです。大学時代、私自身も意にそぐわない仕事は嫌でした。その仕事だけ効率が悪かったのを覚えています。スタッフにもそんな気持ちで仕事に取り組んでもらうより、事務の係は事務の仕事、看護の係は看護の仕事といったふうに、それぞれ本来の仕事に集中して専念してもらいたいと思います。そのほうがやりがいも感じてもらえるでしょうし、めぐりめぐってクリニックの診療全体の活力向上につながります。だから、自分でやるのです。

良い医療を提供したいという真摯な思いが伝わってきます。

「ここは自分の家の庭なのだ」と思うようにして、この習慣を続けています。クリニックの周りを掃除するのも日課ですが、理由は同じです。それにしても、吸い殻のポイ捨てはなくならないものですかね。

お忙しい日々と思いますが、お休みの日の趣味などございますか?

20181003 6

休みの日は家でプロレス番組の録画を観ながらゴロゴロして過ごすのが好きです。ただ、趣味と呼ぶほどではなく、ここ10年間は仕事が中心で趣味はありませんでした。ランニングや筋トレもしますが、これは健康体で診療を続けたいと思うからです。雑誌はよく読みます。待合室にもプロレス、ゴルフ、釣り、相撲、マラソン、美容関連など雑誌を置いております。さまざまな雑誌を読む中で60歳を過ぎた頃から何か趣味を始めたいなと考えるようになりました。これまで読んでいた雑誌の中では釣りが一番現実的かなと考え、最近は休日は釣りに出かけるようになりました。朝暗いうちに出かけて昼には釣りを止めて午後のうちには帰宅。休息はしっかりとって、翌日の仕事に影響しないようにしています。釣果についてはまだ語れるほどではありません。夢は岸から80cm以上のブリを釣って、近所の居酒屋さんで料理してもらうことですが、いつのことになるでしょうか。

自由診療費用の目安

自由診療とは

AGA治療/3800円~
※症例によって費用が異なりますので、詳しくはクリニックにお問い合わせください。

Access