義澤皮膚科内科クリニック

義澤皮膚科内科クリニック

義澤 雄介院長

頼れるドクター

%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

京王片倉駅から徒歩4分、緑色の大きな文字が目を引く「義澤皮膚科内科クリニック」。「開業当初は先を悲観するほど患者さんは少なかったですね」と笑う義澤雄介院長だが、日々の診療への真摯な姿勢が伝わってか、今では多くの患者が訪れている。大学病院時代の長年の経験を生かし、アトピー性皮膚炎や水虫、円形脱毛症など一般的な皮膚疾患を診る一方、しみやしわなど美容面の悩みにも幅広く対応。一人ひとりに合った医療を施したいとの思いから、皮膚科診療は2017年から予約制を導入した。医師となって30年以上たった今も、貪欲に新しい治療を学び続ける義澤院長。その熱い想いを改めて聞いた。
(取材日2018年4月2日)

一般的な皮膚科疾患から美容面の悩みにも対応

―クリニックの概要を教えてください。

2008年に開業し、今年でちょうど10年になります。最初の1~2年は先を悲観するほど患者さんは少なかったですね(笑)。その後、ありがたいことにクチコミなどで徐々に地域の方に広まり、今では小さなお子さんからご高齢の方までさまざまな年代層の患者さんが来られています。大学病院で25年間勤務してきた経験を生かし、地域密着型のクリニックとしてアトピー性皮膚炎や湿疹、水虫、巻き爪など一般的な皮膚科全般から、毛髪の悩みやイボやしみ、しわなど幅広く対応しています。また、妻が内科を担当していますが、内科に通っていた患者さんが皮膚科に来たり、皮膚科に来ていた方が内科へ通うようになったりというケースも多くあります。

―最近、皮膚科は予約制にされたとか?

昨年から皮膚科については、基本的に予約制にいたしました。皮膚科に駆け込んで来る人たちの中には、しみやしわ、ほくろなど、一般的な保険診療内ではなく、いわゆる美容的な悩みを抱えた方も多くおられます。また、当院には他院に長年通われたにもかかわらずなかなか改善しないと悩む脱毛症の患者さんも多く来られます。いずれもお一人お一人時間を十分にかけてオーダーメイドの治療をご提供する必要があるので、予約制を取り入れました。基本的にはウェブでの予約となりますが、急を要する場合はお電話でご相談ください。当院のあるべき姿として、私は今でも外部セミナーに参加したり海外の研究にも目を通し、効果的な良い治療法があれば取り入れております。他院で対応が難しいと言われたケースでも一度お声がけいただければと思います。

―美容機器も導入されているのですね。

「美容専門クリニックに行くのは抵抗があるけど、いつも診てもらっている先生や医院なら」と、中高年の方がお肌の悩みを相談しに来院されます。土地柄もあって処置室のスペースを広く取れましたので、美容に関する処置を行う専用ルームを設けることができました。ヒアルロン酸やA型ボツリヌス毒素製剤の注射、光を用いた施術など美容目的の場合はすべて自由診療となりますが、近隣の方に気楽に来ていただきたいので、価格設定も配慮しています。レーザーについては疾患により、保険が適用される場合がありますのでご相談ください。まだ日本で導入しているところは少ないですが、当院で使用するヒアルロン酸やA型ボツリヌス毒素製剤の注入機器は注入する深さを一定に保つことができるもので、血管を傷つけるリスクも痛みも少ないのが特徴です。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細