全国のドクター9,372人の想いを取材
クリニック・病院 160,980件の情報を掲載(2021年1月16日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市浦和区
  4. 北浦和駅
  5. 医療法人 光清会 安田デンタルクリニック北浦和
  6. 安田 光伸 理事長

安田 光伸 理事長の独自取材記事

安田デンタルクリニック北浦和

(さいたま市浦和区/北浦和駅)

最終更新日:2020/09/30

20200929 40851 top

JR京浜東北線の北浦和駅西口から徒歩5分の地にある「医療法人光清会 安田デンタルクリニック北浦和」。理事長の安田光伸先生は、勉強のために海外にも度々渡航し、技術と知見を磨いてきた。多忙な中、現在も研鑽を怠らないのは、「持てる歯科技術をより多くの患者さんに提供することで、歯を残し、できるだけ長く快適に過ごしてほしい」との思いがあるからだそう。外国で学んできたからか、とてもフラットで親しげに語ってくれる姿が印象的だった。同クリニックの精度の高さにこだわる診療とともに、特に力を入れている分野を中心に話を聞いた。
(取材日2020年8月29日)

歯科のあらゆる分野で質の高い治療提供を追求する

まずクリニックの概要からお聞きします。

1

2013年に開院して8年目を迎えた歯科クリニックです。このエリアには勤務医として働いていた時代から愛着があり、今では私も浦和市民です。クリニックのコンセプトとして一番大切にしているのは、患者さんの歯を長く使えるよう残すこと。90歳、100歳になっても豊かな食生活を送っていただくために歯科医師が介在し、さまざまな治療やアドバイスを通じて、歯と全身の健康を守ることが私たちの使命と考えていて、それがやりがいでもあります。勤務医時代にはスペインやスウェーデンなど歯学先進国といわれるところへ技術を学びに何度も渡欧する機会がありました。その後も研鑽を続けて現在に至っています。虫歯・歯周病治療から矯正、入れ歯などの補綴、ホワイトニングなどの審美歯科、それら歯科に関するすべてをオールラウンドに、なおかついずれも質の高い治療を提供していくよう努めています。

特色を挙げるとすれば何になるのでしょうか?

歯科すべてに質の高い診断と治療を提供していますが、あえて言えば、インプラントや抜歯はもちろん、虫歯治療においても外科的な処置の際にはできるだけ痛みを抑えるよう麻酔や鎮静剤を使用して、患者さんが負担をあまり感じないで治療を受けてもらえるようにしていることです。インプラント治療においては国内はもとよりヨーロッパでも、新しい技術を学んできました。これまでにも数多くの治療を行ってきています。もう一つは自費診療にはなりますが、リラクゼーション鎮静法という方法を採り入れているのも特色でして、歯科が苦手にならないよう、痛みや不安、怖さというものをできるだけ取り除くように配慮しています。患者さんがうとうとしている間に治療が終わるようにしていまして、この方法を使って治療を受けられた方は驚かれることもありますね。

インプラント治療はどのような方に勧めているのでしょうか?

2

当クリニックの基本姿勢としては、その方の生活習慣や口腔内の環境から、無理のない治療計画を考えて提案し、それを希望されるのであれば実施するという姿勢でして、無理にお勧めすることはありません。内容によっては治療期間が半年かかる場合もあります。仕事が忙しいなどの事情があれば時間を優先してブリッジでの治療をお勧めすることもあります。その上で希望されるのであれば、できるだけ長く快適に過ごせるよう、素材の質にこだわり、その素材を使って精密に治療を行っていきます。これはインプラント治療に限りませんが、私は口腔外科・補綴・矯正など歯科のオールラウンダーをめざして研鑽を積んできましたので、責任ある歯科医師の立場からその患者さんにとって最良の選択は何かを常に考えて提案していますよ。

新しい機器を活用して、精度の高い診断や治療に努める

歯周病治療にも力を入れられていると聞きました。

3

歯をできるだけ長く残すことをめざしていますので、歯を失う最大の原因とされる歯周病予防にもしっかりと取り組んでいます。例えばスケーラーで歯石を取り除く際の痛みが嫌で歯科医院に行かなくなってしまう方もいますから、当院では歯石クリーニングにおいても歯や歯茎への刺激が少ない機械にこだわり3台導入し、歯科衛生士がそれを使って歯石を除去しています。歯石をある程度取った後はパウダーメンテナンスといって、水と空気と微粒子による吹きつけ清掃。さらに自宅ケアとして電解水でのうがいを推奨しています。歯磨き指導は基本ではありますが、60年近く自分なりに磨いてきた方にいきなり「ペンを握るような持ち方で磨きなさい」といっても、できない方もいますからね。歯磨き後に電解水でうがいをすることのほうがはるかに現実的な予防策かもしれません。

最近新たに導入された機器もあるそうですね。

印象材を使って歯型を採ることなく、口腔内を撮影するだけで歯型が採れ、そのまま自動的に歯の詰め物やかぶせ物を作製していく3D技工システムを導入したほか、高圧蒸気洗浄器、そして矯正治療の計画をデジタルシステムで行うための口腔内スキャナーも備えました。3D技工システムは、主に自由診療の詰め物を作る際に使用していまして、このシステムを使うことで最短で1時間で技工物が完成でき、そのまま装着することで細菌が入り込むリスクを減らしていけるメリットもありますし、技工の精度が高く、歯と一体化した詰め物が期待できるんです。高圧蒸気洗浄器はユニフォームや使用器具を滅菌するためのものです。そして矯正治療のスキャナーは取り込んだデータによりシミュレーション画像をその場で患者さんに説明でき、ビフォー&アフターも見てわかってもらえるため重宝しています。

スタッフ体制についても伺います。

4

診察は私と廣神壮俊(ひろかみ・たけとし)副院長の2人で行っていまして、そのほかに割と大がかりな手術の際に歯科麻酔の先生にも来てもらっていて、あとは中等症から重度の不正咬合の場合に矯正歯科専門の先生が治療を担当します。副院長とは特に役割分担はしていなくて、副院長にもオールラウンドに診療してもらっています。歯科衛生士は非常勤も含めて10人が在籍。皆、意識が高くて勉強会にも度々参加して知見を深めてくれています。また帰ってきてからも参加できなかったスタッフと教え合うなど、いい形で当クリニックの力になってくれていますね。

恩師の言葉を心に刻み、一人ひとりの患者に寄り添う

開院以来7年たちましたが、患者の年代層などに変化はありますか?

5

ほぼ変わらずに、小さなお子さんからママさん、働く世代、高齢な方まで幅広く受診されています。開院2年後くらいから患者さんも増えてきたので、増床して診療ユニットも4台から7台にし、個室の治療室も設けました。患者さんはほとんどがご紹介で増えていまして、当クリニックに信頼を寄せてもらっているんだなと思うと、改めて責任も感じますね。また浦和地区の皆さんは健康に対する意識が高い方も多く、私たちが選択肢として提示した中から、「治療するなら長持ちする質の良いものを」と自由診療の分野の素材や方法を選ばれる方が多いように思います。

新型コロナウイルス感染症への予防対策についても伺います。

もちろん来院時にアルコール消毒をしてもらい、治療前にうがいなどは行ってもらっていますが、当クリニックは以前からグローバルなスタンダードプリコーション(標準予防策)に準拠した衛生管理体制のもと診療を行っていますから、グローブやエプロンは診察ごとの使い捨てですし、ハンドピースなどの器具類も1回ごとに高圧滅菌器で滅菌していますのでね。特に変えたと言えるのは、大学病院などでも備えている天井埋込型の医療施設用空気清浄装置を今年導入したことくらい。スタッフが咳込むのを見て、これは早く入れようと決めました。やはり患者さんはもちろんですが、それ以前にスタッフの健康と感染予防が大事ですからね。

最後に、地域に向けたメッセージをお願いします。

6

幸い当クリニックの治療に満足された患者さんからの紹介で新規に来院される方も多いです。その期待と信頼に応えられるよう、現在の医療クオリティーをさらに上げていければと考えています。かつて恩師に言われた「困っている人の人生を変えるくらいの仕事をしなさい」という言葉を心に刻み、患者さんに向かう基本姿勢としています。日々研鑽を続けている医療技術をできるだけ多くの方に提供し、しかも楽に治療を受けてもらえるようさまざまな工夫や取り組みを行っていますので、何か歯科分野のことで困ったことがあれば相談してほしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

リラクゼーション鎮静法/筋肉内鎮静:1回2万円、静脈内鎮静:1回7万5000円、インプラント治療/23万3000円~、歯列矯正/30万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/約52万円~、ホワイトニング/1万5000円~、セラミックの詰め物/3万6000円~ (いずれも税別)

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access