全国のドクター8,862人の想いを取材
クリニック・病院 161,499件の情報を掲載(2020年1月23日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 新宿区
  4. 東新宿駅
  5. 東新宿こころのクリニック
  6. 中山保世 院長

中山保世 院長の独自取材記事

東新宿こころのクリニック

(新宿区/東新宿駅)

最終更新日:2019/08/28

40434 df 1 main 1380159428

東新宿駅から徒歩2分、再開発で注目される街で今年6月に開院したのが「東新宿こころのクリニック」。居住空間のような落ち着いた雰囲気のクリニックでは、穏やかな笑みをたたえた中山保世院長が迎えてくれる。文系の大学を卒業した後、26歳で医学部に再入学したという中山院長。医師の道へ進むきっかけとなったのは、新宿でのアルバイト体験。「この街で開院したことに縁を感じています」と語る。企業のサラリーマン、繁華街で働く人たち、学生……さまざまな人が集まる新宿が好きで、人との関わりが好きという中山院長に、精神科医をめざすきっかけとなった若き日のこと、日々の診療で心を砕いていることについてお話を伺った。
(取材日2013年9月13日)

学生時代のアルバイトをきっかけに、精神科医の道へ

開院までのご経歴をお聞かせください。

40434 df 1 1 1380159428

医学部を卒業後、東京大学医学部精神医学教室に入局し、JR東京総合病院、東京武蔵野病院、東大病院などでの勤務を経てこの6月に「東新宿こころのクリニック」を開院しました。クリニックを始める時は、慣れ親しんだ新宿近辺がいいかな、と漠然と考えていたところ、東新宿は再開発で新しいビルも増えており、開院に適した場所を見つけることができました。実は新宿という街は、私が20代前半の頃にアルバイトをしていたゆかりのある場所なんですよ。なので、縁を感じますね。医師を志し、精神科の医師になることを決めたのもこの街がきっかけでした。

精神科医になるきっかけとはどのようなものだったのですか。

精神科医を目指したのにはいくつかの出会いや分岐点があるのですが、その始まりが新宿のスナックでのアルバイトだったんです。その頃は文系の大学で学んでいて、たまたま飲みに行ったお店で働かないかと誘われたのです。カウンターに入ってお酒を作ったり、お客さんの話を聞いたりする仕事でしたが、店に来た時は浮かない顔をしていた人が、話をしているうちにリラックスし、元気になって帰っていく。次第に、自分は人の話を聞くのが向いているのかな、将来は自分でお店を始めるのがいいかもしれない、と思ったのです。店に遊びに来た友人にも「大学にいる時より生き生きしている」と言われました。そんな頃、たまたま来店したお客さんで医師の方が「自分は28歳で医学部に入り直した。20代はまだまだチャレンジできる年齢」と話していたのを聞き、子どもの頃から持っていた医師への想いが甦ったのです。大学に進学する時、医学部も考えたのですが、試験の点数が足りずにあきらめたといういきさつもあります。この出会いがきっかけとなり、改めて医学部をめざそうと思いました。

人の話を聞くというのは、精神科医の仕事にも共通していますね。

40434 df 1 2 1380159428

そうですね。ただ、当時は一直線に精神科医をめざしたわけではなかったんです。直接のきっかけは、医学部をめざして受験勉強をしている時期に大きな失恋をしたことです。ごはんも食べられなくなるほど落ち込んで、吐き気がおさまらず、精神科のクリニックに駆け込んだのです。治療には2年くらい通いました。メンタルクリニックを受診したのは初めてでしたが、それまでもっていた精神科の病院のイメージと違い、メンタルに問題を抱える人にとって敷居が低く、頼りになる存在ということがわかりました。治療の中で人の話を聞くことの重要性にも気づき、自分に向いているのではないか、と。医学部に入学したのは26歳の時ですが、その時には精神科の医師になることを心に決めていました。それまでの自分を振り返ると、人との出会いで人生が拓けてきましたから、人との関わりを強くもつことができる診療科という意味でも、精神科を選択したのは自然な流れだったと思います。 

むりに聞き出すのではなく、患者の話したいことを聞くことから始める

こちらのクリニックには、どのような患者さんが多いのでしょうか。

40434 df 1 3 1380159428

うつ病をはじめ、パニック障害、社交不安障害、強迫性障害、自律神経失調症、認知症など、心療内科や精神科で診る病気はすべて診療の対象です。多いのはうつ病やパニック障害でしょうか。うつ病は出勤できなくなるほど重度な方もいますが、比較的軽めの抑うつ状態で受診する方が多いですね。最近、若い人を中心に心身の不調の原因にうつがある方が増えていると感じます。当院を受診されるのは20・30代の方が多く、性別では女性2、男性1という割合です。患者さんはビジネスマン・ビジネスウーマンの方もいますし、歌舞伎町に近い場所柄、夜のお仕事をされている方も多いです。仕事の行き帰りに看板で当院を知っていらっしゃる方もいれば、他の繁華街で働いている方が、インターネットで調べて来院することもあります。また、私は東京都や他県の市から委託を受けて、HIV感染者への結果告知から相談までを請け負っていた経験があります。そのような相談者の中には、セクシュアル・マイノリティの方 (同性愛者の方など)や、コマーシャルセックスワーカーの方(風俗業の方)も多くいらっしゃいましたので、もし今現在ご自身で何らかのマイノリティを抱えていらっしゃる方がいるのなら、力になれたらという思いはあります。

治療において、先生が大切にされていることを教えてください。

お話の中で、患者さんの抱えている問題をひとつひとつ理解することです。初診の時はまず問診票に記入してもらいますが、用紙はあえて1枚だけにしています。質問事項は身体症状や特にお悩みのこと、服薬、他の病気の有無くらいです。詳しいことは診察室で直接伺います。不眠の症状を訴えていらっしゃる方も、お話を聞く中で他の問題が浮かび上がってくることがありますので。ただ、患者さんには最初から根掘り葉掘り聞かれたくないという方もいて、中には、「私は人間を信用できないので、話したくない」と言う方も。そういう方には、最初は患者さんが話したいことだけを聞くようにします。そうすると、2回・3回と診察を重ねるうちに話してくれるようになっていきます。精神科の問診は、型通りにやることではありませんので、医師が試行錯誤しながら効果的な方法を編み出していくのですが、私の場合、先ほどお話したスナックでのアルバイトの経験が大きいと思います。お店に初めて来たお客さんがいきなり自分の身の上を話すことはなく、何度かお会いしていくうちに「この人なら話してみようかな」と思ってくださるんです。精神科医になり、その頃の経験が役立っているとつくづく感じています。

精神科の治療とは、人を診ることが大切なのですね。

40434 df 1 4 1380159428

その方のキャラクターに合わないことを熱心にやっても、うまくいかないものなんです。話したくない方には、まずは睡眠や食事について聞き、症状や生活の状況を把握しながら、少しずつその方を理解していくことを大切にしています。「家族や友人にも話せないことも、ここなら話せるかも」と思ってもらえることが大事ですから。当院には、メンタルに問題を抱える方のご家族が相談にみえることもあります。そういった場合は、いかにご本人にも受診に来ていただけるよう伝えるかが重要なのですが、ご家族を通して「安心して話ができますよ」「こわいところじゃないですよ」というメッセージを送ることに心を砕きます。ご家族にも、例えば統合失調症の疑いがあるのなら病気の核心ではなく、眠れないなど本人が自覚できる具体的な問題に焦点をあて、「ちょっと相談してみようか」と伝えるよう、アドバイスしています。

不安になった時や困った時に気軽に立ち寄れるクリニックでありたい

薬の処方などでの方針についてお聞かせください。

40434 df 1 5 1380159428

薬の使い方はスタンダードだと思います。薬の種類や量は少ないに越したことはありませんが、それにこだわると、必要なのに足りていないということになりがちです。患者さんの中には服薬に不安をもつ方もいますから、「これくらいの期間飲めば減らしていけますよ」と先の展望についてもお話しすると、安心していただけますね。また、どうしても飲みたくないという人には処方は控え、しばらく話だけをしに来院してもらうこともあります。薬を減らす時も、ムリにゼロにするのではなく、患者さんがいちばん安定して過ごすことができることを第一に考えていきます。例えば、うつ病の場合、仕事に行けなかった人が薬を飲みながらでも行けるようになることが大事なのです。治療全体では、大学と連携をとりながら最新の治療を取り入れ、最善の治療ができることを心がけています。また、例えば摂食障害の患者さんの場合は、食事がとれない期間が続くと生命に危険が及ぶことがあるので、内科の治療ができる総合病院を紹介するなど、連携体制も万全にしています。

お忙しい毎日と思いますが、先生のリフレッシュ方法を教えてください。

スポーツジムに通うことですね。週5回、診療を終えた後に汗を流しています。ジム歴は長くて、医学生時代に通っていたジムのオーナーがボディビルダーだったことがきっかけで、ボディビルにはまりました。筋トレをしている間はイヤなことも忘れられ、ストレス解消にもってこいなのですよ。人間は精神的なストレスがかかると、体が凝り固まってしまうので、筋トレで筋肉を収縮・弛緩させることで体の方から改善する効果があるんです。定期的な運動は、生活のリズムを整える効果もありますから、患者さんによってはジムなどで体を動かすことをアドバイスすることもあります。すっかり筋トレにはまってしまった患者さんに、「プロテインは何がいいでしょうね」と相談されることもあるんですよ(笑)。

これからの展望についてお聞かせください。

40434 df 1 6 1380159428

患者さんが本当につらい時にいつでも受診できるクリニックでありたいのですが、予約が詰まっていて随時の対応がむずかしいこともあります。そういう時にも対応できるよう、今後は大学病院から非常勤の医師を招くなど、2診体制にすることも考えています。メンタルクリニックでの受診を迷っている方には、気軽にいらしてください、とお伝えしたいですね。「何だか調子が悪いけど、これって精神科なのかな?」と思ったら気兼ねなく来院してほしいのです。患者さんにも、常に「何かあったらいつでも相談してください」とお伝えしています。相談できる場所があるというだけで安心する方もいますから。治療を終える方にも「たまには顔を見せてくださいね」と。呑み屋みたいですが(笑)。もちろん私のところに来なくてすむようになるのが患者さんにとって一番いいことですが、いつでもオープンで、不安になった時や困った時に気軽に立ち寄れるクリニックであり続けたいですね。

Access