全国のドクター9,306人の想いを取材
クリニック・病院 161,126件の情報を掲載(2020年10月28日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 立川市
  4. 立川駅
  5. 医療法人財団 立川中央病院
  6. 木村政人 理事長

木村政人 理事長の独自取材記事

立川中央病院

(立川市/立川駅)

最終更新日:2019/08/20

99999

立川駅南口から徒歩でおよそ10分の至便な地に建つ「立川中央病院」。2014年に3年がかりの改築を終えた新病棟は淡いピンクの外観が目を引き、空間を広く取った院内ではスタッフのアットホームな応対が印象的だ。周辺は自然にあふれ、病室や屋上からは四季折々の景観を望むことができる。「この街の住民が立川市内ですべての医療を完結できる一翼を担いたい」と語る木村政人理事長は、この地で70年以上歴史を刻んできた同院の3代目。さらなる地域密着をめざすビジョンについて、木村理事長に聞いた。
(取材日2017年2月16日)

「困ったとき、最初に支えになれる病院」に

まず、病院の概要をお聞かせください。

1

開業以来70年以上の歴史を持ち、内科と外科、乳腺外科を軸に、皮膚科、整形外科、婦人科、眼科、脳神経外科、麻酔科、放射線科、心療内科など幅広い診療科目を掲げています。耐震性の強化を主眼に3年間かけて取り組んだ改築が2014年10月に完成し、現在は医師の増員などソフト面の強化にも取り組んでいるところです。改築前の病床は一般が56床、療養が59床でしたが、改築を機に急性期対応の充実を図り、トータルの115床は変えずに一般病床を79床まで増加。都の二次救急医療機関として救急搬送を積極的に受け入れ、2室に増やした手術室の稼働率も上がっています。改築にあたっては、幸い当初計画より広い敷地が確保でき、病室にもゆとりを持たせることができました。大部屋でありながらベッドをカーテンではなくパーティションで区切り、音や人の気配をある程度さえぎることができる「準個室」など、プライバシーに配慮した工夫もしています。

診療科にはどのような特徴がありますか。

2

谷口正幸院長による心臓の冠動脈CTを筆頭に、専門性の高い医療を提供しています。外科では昨年末、消化器外科が専門の三宅邦智医師が部長に就任。理事長と外科部長を兼ねていた私に代わって現場で全力を注いでおり、救急対応などの面では単なる1名増にとどまらない体制強化が実現できました。このほか、人間ドックや健康診断など予防の分野にも力を入れており、CTは24時間・365日の稼働が可能。MRIも日曜日の撮影に応じているほか、消化器系の内視鏡検査では豊富な実績があります。さらに、医療法人財団である「立川中央病院」は中核となる当院に加え、健診専門の施設や在宅医療チームを擁しており、総合的な医療サービスを提供できることも特徴です。

地域密着型の病院として、長年にわたる支持を得ていますね。

3

「幸せはあなたの健康から」をモットーに、当院は一貫して、患者と地域に信頼される病院をめざしてきました。その伝統を受け継ぎ、さらに高めていくため、病院であっても個人的に信頼できるフェイス・トゥ・フェイスの関係を増やしていきたいと考えています。当院だから、というだけでなく「困ったときによくしてくれる立川中央病院の○○さんがいるから」と言っていただけるようにしたいのです。その主役となるスタッフが家庭生活と両立して長く勤められるよう、終業時刻の厳守や育児環境の充実など、地道な環境整備を続けています。もっと地域に根差す一環として、昨年からは地元の納涼祭に病院ぐるみで参加。調理師が出店で腕をふるった料理が大好評を得ました。

立川駅南口近くの立地ですが、北側にも拠点を置くそうですね。

4

はい。立川駅の北側、昭和記念公園近くに来年完成する有料老人ホームの1階に、本院のサテライトとなる診療所を開設する予定です。入所者のケアをはじめ、外来診療や訪問診療にも対応する施設とし、予定地のさらに北側に所在する当院グループの介護老人保健施設への処方なども移管させる計画です。これらの施設はすべて、電子カルテなどの情報をオンラインで共有できるようにしますので、現在こちらの本院へお越しの方も、サテライトのほうがご近所であればスムーズに通院先を切り替えていただくことができ、いっそう利便性を向上できると思います。

最後に、今後の展望をお聞かせください。

5

どの地域の方にとっても、医療はお住まいの地域で完結できることが理想だと思います。ここ立川市には、全国的にも高い水準の医療技術と設備を備えた大病院が複数あり、まさに理想を実現できる環境にあります。そうした中で当院は引き続き、基幹病院の機能を臨機応変に補完しながら、適切な医療を小回りよく提供していきたいと考えています。めざすのは「困ったとき、最初に支えになれる病院」。気軽に足を運んでいただけるよう、好評をいただいているスタッフの接遇もさらに磨きながら、皆さまの健康維持のお手伝いをしていく所存です。

Access