全国のドクター8,986人の想いを取材
クリニック・病院 161,453件の情報を掲載(2020年2月18日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 神田駅
  5. あづさ歯科
  6. 小林 哲 院長

小林 哲 院長の独自取材記事

あづさ歯科

(千代田区/神田駅)

最終更新日:2019/12/18

36594 %e3%81%82%e3%81%a5%e3%81%95%e6%ad%af%e7%a7%91

「あづさ歯科」は、オフィスビルが立ち並ぶ神田・外堀通り沿いに2002年に開業。治療に加え、デンタルエステティックやメンテナンスにも力を入れ、「治療のために通う場」というだけでなく「忙しい会社員が緊張をほぐし、くつろげる場」であることをめざす歯科医院だ。2018年に全面リニューアルした院内は、白を基調にしたラグジュアリーな雰囲気。一般歯科からマイクロスコープを用いた根管治療、インプラント治療、審美歯科までオールマイティーなケアを行っているのが特徴で、「人生100年時代」の中で、歯を守っていくため予防歯科にも積極的に取り組んでいる。多くのビジネスパーソンが通う同院の得意な治療や診療体制について、小林哲院長に聞いた。
(取材日2019年2月22日)

忙しい会社員のニーズにスムーズな診療で応える

スタイリッシュできれいな内装ですね。

11

ありがとうございます。2002年に開業した当時は木の色合いだったんですが、2018年に全面リフォームして、今のように白が基調になりました。これから予防歯科をメインにしていきたいので、清潔感を重視したのと、時代に即した感じにしたかったんです。この場所で開業したのは、まずビジネス街のクリニックに勤務しており「開業するときはオフィス街にしよう」と考えていたこと。加えて、お茶の水にある大学に通っていたので土地勘もあり、神田の立地が気に入ったことが決め手になりました。患者さんは近隣にお勤めの方が大半で、治療だけでなく、ホワイトニングやメンテナンスで通われている方も多いです。忙しい合間を縫って、お昼休みや帰宅途中などに来院されることがほとんどなので、スムーズな診療を心がけています。

なぜ、予防歯科に注力されるようになったのでしょう?

「人生100年時代」といわれる中で、健康な生活を送るために歯はとても大切なもの。最近では研究が進み、口腔内の細菌が全身のさまざまな場所で悪さをすることもわかってきており、改めて、健康を維持する上での歯の重要性を、患者さんに伝えていきたいと感じたからです。具体的には、まずご自身のお口の中の状態を知ってもらうために歯科検査をお勧めしています。当院の検査は、唾液成分や歯肉の炎症、骨の状態などを総合的に調べるものなんですが、採取した歯周病菌を実際に患者さんに見てもらい、視覚にも訴えかけるようにしています。そうすることで、患者さんの意識も変わりますからね。検査結果は、治療計画を立てる前提となりますし、また一人ひとりの状態に合わせて、食べ物などの生活習慣や歯の磨き方、歯磨き粉の選び方についても、アドバイスを行っています。

診療全般については、どんな特徴がありますか?

22

虫歯や歯周病から、マイクロスコープを活用した根管治療やインプラント治療まで、あらゆるお悩みに応えるオールマイティーな治療を心がけています。近年は患者さんの予防・審美歯科に対する意識が高まっていることから、クリーニングをはじめとしたケアにも力を入れていますね。中でも、歯の表面の傷を修復するためのエナメルケアをお勧めしています。ナノ粒子とカルシウムイオンなどの力で再石灰化を促進し、歯の表面にできた傷の修復をめざすというものです。歯には、目に見えないミクロ単位の傷が無数についており、その傷に色素や菌が入り込むことで色素沈着や病気につながるケースがあります。予防歯科の観点からはもちろん、審美歯科の面から見ても、定期的に行っていただきたいケアの一つですね。また、汚れがつきにくくなることから、歯周病予防の一助になると考えております。

予防・審美歯科的に見ても重要なエナメルケア

エナメルケアには、多くのメリットがあるんですね。

33

ええ、そうです。中でも大きいのは見た目の変化で、修復ペーストを歯の表面に塗るため、表面がツルツルにコーティングされたようになります。持続期間は歯の状態によって異なりますが、おおよそ半年程度。ヘアサロンにトリートメントを受けに行くイメージで、定期的なケアをしていだけると予防的にも審美的にも良い状態を保てると思います。審美歯科というと女性のものと思われがちですが、実際にエナメルケアを受けられているのは、半数以上が男性です。エチケットとして見た目に気を配っていらっしゃる方が多いかもしれませんが、「気持ち良いから」と3ヵ月ごとぐらいのペースで、メンテナンスと一緒に受けられる方も結構いらっしゃいますよ。

予防の観点からも、虫歯治療にも工夫があると伺いました。

虫歯治療に関しては、保険内の金属は耐用年数が7~8年といわれているので、長い目で見た場合には、セラミックの詰め物をお勧めしています。セラミック素材のかぶせ物や詰め物は汚れがつきにくく、それだけ虫歯になりにくいなど、治療法や素材は虫歯・歯周病の予防と大いに関係があります。もちろん、セラミック素材なので、自然な透明感と豊富な色調が再現でき、周囲の歯の色となじませることができ審美的です。治療前にはそんな点も含めて患者さんにしっかりお伝えし、治療法を選んでもらっています。

診療にあたり、先生が常に心がけていることは何ですか?

44

患者さんが何を望んでいるのかしっかり聞き出すように心がけています。僕には言いにくさを感じていても、歯科衛生士には話してくれることもあるので、情報はシートに記入してスタッフ全員で共有しています。また、最も大切な信頼関係を築いていけるように、まず「○○さん」と意識して患者さんの名前を呼ぶこと、治療中にも「大丈夫ですか」などの声かけで思いを伝えることは気をつけています。また、お一人約30分の治療時間の中で、処置についての説明時間を長めに設けるようにし、治療のたびに治療前・中・後の口腔内写真も撮影。時系列を追った写真を並べて細かく説明することで、患者さんには、歯科医院でありがちな「何をされているのかわからない」という不安を感じず、安心して治療を受けてもらえるように努めています。

人生100年時代の健康に、歯科医院を役立ててほしい

先生が歯科医師を志したきっかけを教えてください。

55

父が歯科医師で歯科医院を営んでいたので、その背中を見ているうちに、自然と同じ道に惹かれていました。父の時代と今では、診療方針や考え方が違っている部分も多いので、歯科医療について意見を交わすことはあまりありません。ただ、開業医として地域の患者さんを支え、家族を支え続けてきた姿はすごいな、偉いなと尊敬していますし、自分もそうなれるかなという思いはありますね。歯科医師は、体力勝負のところもありますが、患者さんに喜んでもらえた時は本当にうれしいですし、とてもやりがいのある仕事だと感じています。

診療で忙しい日々を過ごされていることと思いますが、どんなふうにリフレッシュされているのですか?

以前はサーフィンが趣味でしたが、今は、息子の野球チームのコーチとして過ごすことが多いですかね。土日は子どもたちとのコミュニケーションを楽しんでいます。日々成長していく子どもの姿を身近で見られるのは、親として何よりの喜びですね。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

66

20年以上診療を続けてきて、虫歯は確実に少なくなってきたと思います。一方、歯周病に関しては、まだまだ予防の重要性や方法が普及していないと思うので、そこに力を入れて、口内の健康管理と歯周病を予防するお手伝いをしていきたいですね。歯周病の予防は、口の中だけでなく生活習慣全般の話になるので、全身のこともアドバイスできるような歯科医師になりたいと思っています。人生100年時代なら、100年間ずっと自分の歯で食事をし、元気で過ごしたいもの。そんな大事な歯を守るための管理はお任せください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/45万円~、歯科検査/6000円、エナメルケア/1回 5000円、ホワイトニング/3万円、PMTC/3000円~、オールセラミックインレー/5万5000円~、オールセラミッククラウン/13万円~、部分歯列矯正/20万円~
※症例によって費用が異なります。詳細はクリニックにお問い合わせください。

Access