求人情報ON
医療法人社団創福会 ふくろうクリニック等々力

医療法人社団創福会 ふくろうクリニック等々力

橋本 昌也副院長

20190327 bana

等々力駅からすぐの場所で、主に高齢者を対象とした訪問と外来の診療で地域住民の健康と安心を支えるのが「ふくろうクリニック等々力」。そんな同院で、認知症や神経変性疾患の患者を中心に診療を担当しているのが、副院長の橋本昌也先生だ。医学部を卒業以来、一貫して認知症やパーキンソン病などの神経変性疾患を専門としてキャリアを積んできた橋本先生は、同院でもその豊富な知識と経験を生かし、認知症に苦しむ患者とその家族に寄り添っている。たとえ治らない病気であっても、「主訴を楽にしてあげることが大切」と穏やかな口調で語る橋本先生に、同院での認知症治療にかける思いを聞いた。
(取材日2019年3月18日)

認知症の訪問診療と外来を担当

―クリニックでの、先生の役割を教えてください。

私は当院に来て2年ほどたちますが、認知症やそれに関連するパーキンソン病などの神経変性疾患、精神科領域も含めた診療を担当しています。訪問診療を中心に週に2日は外来でも診療をしています。認知症に特化した訪問診療をしているクリニックは、あまり多くないのですが、当院には私を含めて認知症を専門とする医師が3人いますので、充実した体制を整えられていると思います。また、当院のようなクリニックは地域医療という面もありますが、認知症や神経変性疾患の診療では、大規模な病院でもクリニックでもすることは一緒で、しっかりと診断して治療をすることが大切だと考えています。

―認知症の診療の特徴は、どのようなものでしょうか?

ほかに何かの病気があって、それに加えて最近、物忘れをするようになったという方は大勢いると思います。そして認知症というと、皆さん物忘れだと思うかもしれませんが、物忘れそのもので困る人は、あまりいないんです。それよりも、落ち着かなくなる「不穏」と呼ばれる症状や医療を拒否してしまうことで、もともとのかかりつけの病院にもなかなか行かなくなってしまい、家で孤立してしまうのです。家族と一緒に住んでいればまだ良いですが、一人暮らしや高齢の夫婦だけで住んでいると、なかなか医療に結びつかずに、対応も難しくなってしまうということがあります。つまり認知症は、物忘れが中心にあって、周辺症状と呼ばれる不穏や被害妄想、徘徊、医療の拒否など記憶の問題以外の部分で社会との関わりがうまくいかなくなることのほうが問題で、それに対処する必要があります。

―認知症の患者には、どのようなアプローチが大切なのですか?

一つは、なるべく早くということです。これは、啓発活動などで広めていく必要がありますが、ひどくならないうちに医療機関を受診してもらうことが大切です。もう一つは、認知症といってもいろいろな認知症があります。アルツハイマー型認知症が有名ですが、ほかにもさまざまな認知症がありますので、早いうちに診断をしっかりとつけることです。例えば、レビー小体型認知症には、「幻視」といってないものが見えるという症状があります。かなりリアルに見えますので、患者さんは、"そこに誰かいる"など言いだします。何も知らないと怖いですが、そういう症状があることを事前に家族が知っていれば、きちんと対処できますよね。診断がしっかりつけば、その後の治療もだいたい決まってきますし、どんな周辺症状が出やすいのかなど、いろいろなことの予想がつきますので、より適切な対処ができるようになるんです。



Access