全国のドクター9,561人の想いを取材
クリニック・病院 160,681件の情報を掲載(2022年11月27日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中野区
  4. 鷺ノ宮駅
  5. さぎのみや皮膚科クリニック
  6. 松田 芳和 院長

松田 芳和 院長の独自取材記事

さぎのみや皮膚科クリニック

(中野区/鷺ノ宮駅)

最終更新日:2022/10/03

20220905 36555 top

西武新宿線・鷺ノ宮駅北口から徒歩15秒。アクセス抜群の立地に立つビルの2階に「さぎのみや皮膚科クリニック」はある。2013年4月に開院したフレッシュなクリニックで、院内は明るく清潔だ。スタッフの応対もアットホームなので、気軽に肌のトラブルも相談できる。皮膚疾患を対象とした一般皮膚科・小児皮膚科・皮膚小手術と、しみやほくろ取りなどを対象とした美容皮膚科まで幅広く掲げており、さまざまな患者のニーズに対応。院長を務めるのは松田芳和先生。東京大学理学部を卒業後、医師をめざし同じく東京大学医学部に進学した異例の経歴を持つ医師である。兄がアトピー性皮膚炎を患っていたことから皮膚科を専門とし、研鑽を積んだ。診療技術はもとより、患者の素朴な疑問にも気さくに応えてくれる人柄で、患者から信頼を集めている。クリニックの特色、診療のこだわり、医師をめざしたきっかけなどについて松田院長に聞いた。

(取材日2014年8月5日)

治療から、美容まで。幅広い肌のトラブルを安心して任せられるクリニック

開院はいつ頃ですか?

20220905 1

2013年の4月です。2004年に東京大学医学部を卒業し、同じく東京大学医学部付属病院はじめ、さまざまな病院で研鑽を積み開業に至りました。この鷺ノ宮に開業したというのはあるご縁からなのですが、前々から地域にお住まいの方へ身近で安心な医療を提供したいと考えていたので、当院で診療にあたることができることに、やりがいを感じています。駅前ということもあってか、当院にはさまざまな年齢層や症状の患者さまが来院しますね。その幅広いご要望に応えられるように、ソフト・ハード面ともに今日までクリニックづくりに努めてきました。

クリニックの特色を教えてください。

医院全体としては、気軽に安心して通えるアットホームな雰囲気がモットーです。私だけでなく、スタッフ一同で患者さんにリラックスしてもらえる空間づくりや応対を心がけています。診療では、一般皮膚科、小児皮膚科、アレルギー科を標榜し、アトピー性皮膚炎や湿疹、にきびなどの比較的よく見かける症状から、皮膚がんやリンパ腫などに至るまで、さまざまな皮膚疾患の診療にあたっています。皮膚小手術も実施しており、粉瘤や脂肪腫や陥入爪などの治療も当院で可能です。また、自由診療とはなりますが、美容皮膚科にも対応していることも特色ですね。しみやほくろを取ることにはじまり、医療レーザー脱毛、ニキビ改善目的の治療などを実施しています。やはり、肌という部位は目につくものですし、気になってしまうもの。状態の差こそあれ、皮膚の悩みは深刻になりがちです。疾患だけではなく、あらゆる患者さまの皮膚のトラブルを改善できればと考え、現体制となりました。設備面では、周囲組織へのダメージを抑えながら、ホクロや脂漏性角化症、首周りのアクロコルドンなどを蒸散させて目立たせなくするための「CO2レーザー」、しみやそばかすに有用な「Qスイッチアレックスレーザー」、レーザー脱毛において、特に歴史と実績がある「ロングパルスアレックスレーザー」などさまざまな機器を導入しています。

さまざまな肌のトラブルで、まず通えるクリニックなのですね。

20220905 2

そうですね。医療提供では、大きな手術や重い病気の場合は、適した病院をご紹介しますが、基幹病院と遜色ないレベルの診療を提供できるクリニックをめざしています。肌のトラブルで悩む方、誰もが気軽に通え、精度の高い治療を受けることができるクリニックがコンセプトですね。美容に関しても、美容皮膚科のみの施設に行くのは、敷居が高いと感じる方が少なくないとも聞きますので、お役に立てているのではと思っています。

「正確な診断」と、「患者がわかる説明」をこだわりとして

皮膚科疾患ではどのような患者さんが多いですか?

20220905 3

年代・性別に関しては、駅前という当クリニックの立地もあり、まんべんなく患者さまが来院されます。症状では、大人の方はアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎を代表とする一般的な湿疹、ニキビ、じんましん、水虫、ウイルス性のいぼ、お子さんは水いぼやとびひ、あせも、乳児湿疹で受診される方が比較的多いと思いますね。

診療に対するこだわりをお聞かせください。

まず一つは、当然のことですが何の疾患なのかしっかりと診断をつけることですね。水虫を例に挙げますが、水虫の診断は見た目だけでは判断はできません。足の皮がむける、水ぶくれが生じるとしても水虫とは限りません。必ず顕微鏡による真菌の証明が必要です。また、なぜそのような症状が出たのかという原因・理由についても、できる限り説明するように心がけています。ここは患者さまも最も気にされる部分ですが、原因というのはさまざまであり、ここをわかりやすくお伝えすることはとても大切です。あと、治療に関しては、処方する薬の使用目的、副作用、塗る回数や塗り方についてもできる限りわかりやすく説明するようにしています。皮膚科は塗り薬がメインになることが多いので、ここをしっかり説明し、理解していただくことで効果が期待できるんですね。例えば、ニキビに関しても、現在いくつかのお薬がありますが、作用するポイントや機序、塗り方についてもまったく異なります。また、症状の見た目を気にされて、不安や緊張されている患者さまもいますので、コミュニケーションも欠かしません。よく、「話しやすい先生」と言っていただくことが多いので、安心されている患者さまが多いのではないでしょうか。私が関西出身だからなのかはわかりませんが(笑)、患者さまとお話しするのも好きですし、かかりつけ医として重要なことだと思っています。

今、先生が力を入れている分野はありますか?

20220905 4

特にこだわっている疾患があるわけではないのですが、どの皮膚科疾患にしても、いかに早く症状が改善できるかについてはいつも考えています。皮膚疾患というものは皮膚という患者さま自身にも見える部位に症状が出るため、できるだけ早く治して目立たなくしたいというのが患者さまの本音だと思います。そのためには、これくらいの症状ではどの強さの塗り薬をどの程度塗ればいいのかということを知っておくことが重要であり、それを患者さまに実践していただくことが必要です。同じ塗り薬でも塗り方や塗る回数によって期待できる結果も変わってきます。また、塗り薬というのは飲み薬と違って、結果は患者さま自身の塗り方に依存します。いかに塗りやすいかといった剤型にも気を配る必要があります。患者さまのコンプライアンスをできるだけ保つことが重要だと思います。

訪れた転機。兄との記憶から、皮膚科医をめざす

どのようなきっかけで医師をめざし、皮膚科を専門にしたのですか?

20220905 5

医師をめざしたのは結構遅くて、一度目の大学卒業直前なんです。実は、私は小さい頃から、数学や物理が好きで、宇宙の構造やアインシュタインの相対性理論に興味を持っていて、将来は数学者か物理学者になりたいと思っていました。ですので、東京大学理学部の数学科に進学しました。専門課程では「やわらかい幾何学」といわれる“位相幾何学”を専攻したのですが、自分の興味は受験数学のような与えられた問題を解くことにあっただけで、新しい問題を自分で構築し、それを証明していくという大学の数学にはなじむことができませんでした。その結果、進学当初に考えていた大学院に進むこともやめてしまい、自分の将来をあらためて見つめるようになったんです。いろいろ考えているうちに、思いついたのが医師の道でした。これには理由があって、私の兄がアトピー性皮膚炎でつらい思いをしたことがあったからです。兄が中学生の頃のことですが、治療がうまくいかず苦しんでいました。その当時の記憶と、子どもながらに何とかしてあげたいと感じていたことが、将来に逡巡していた私の気持ちに踏ん切りをつけてくれたわけです。そうして、皮膚科医をめざすことを決心し、理学部を卒業後、同じく東京大学の医学部を再受験し、進学しました。

休日はどのようなリフレッシュをしていますか?

自宅に戻れば、父親ですから、家族と過ごす時間が良いリフレッシュになっています。個人的な趣味と言えば、ペーパークラフト、電子工作、プラモデルといった物づくりや蝶の採集ですね。ユニット折り紙という何枚ものパーツを組み合わせて幾何学的立体を作ったり、超複雑系といわれる難易度の高い折り紙が好きで、今も暇なときに折ったものを院内に飾っていますので、来院の際には見ていただければと思います。蝶の採集は最近は時間がなくてご無沙汰ですが、以前はかなり本格的で標本も作っていました。もちろん国産のものはすべて頭に入っています。小さい頃の家族旅行というと、観光ではなく、蝶を採集することがメインだったんです(笑)。ちなみに、クリニックのマークに蝶を使ったのもこれが理由なんですよ。

最後に、「ドクターズ・ファイル」の読者にメッセージをお願いします。

20220905 6

湿疹やじんましん、水虫などのお薬はドラッグストアで手軽に購入できます。しかし、お話ししたように皮膚科疾患は適切な診断が大切ですし、放置すると症状がますます悪化することもよくあります。肌のトラブルを抱えている、または心配事がある方は早めに皮膚科を受診されることをお勧めします。そして、当クリニックは開業して、まだまだ日が浅いですが、地域密着型の皮膚科クリニックとして、患者さまが安心できる医療提供に全力を注いでいきます。駅からもとても近いですし、ご相談だけでもかまいませんので、ぜひ一度お気軽にお越しくださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

レーザー脱毛/1760円~、ニキビ治療/1万6500円~ ホクロのケア/5500円~、しみのケア/5500円~ アクロコルドン(CO2レーザー)(20個以内)/1万1000円~、※別途初診料として3300円かかります

Access