医療法人社団愛恵会 湘南メディカル記念病院

医療法人社団愛恵会 湘南メディカル記念病院

加藤 貴志理事長

頼れるドクター

99999

両国駅の西口改札を出てすぐの好立地。地域のかかりつけ病院にもなる総合内科のほか、ほとんどの診療科が予約なしで受診できる身近な病院でありながら、主な診療科をそれぞれ専門の医師が担当するなど高度な医療にも対応する「湘南メディカル記念病院」。高度な検査や診療ができるホームドクター的な病院をめざしている。さらに2017年2月からは日中の休診時間をなくし、平日も土曜日も9時から18時までの終日診療に切り替えたと語るのは加藤貴志理事長兼院長。「お勤めの方は昼休みを使って受診したいとの希望があるはず」と、診療内容だけでなく利便性の面でも患者の要望に応えたいからと、その狙いを説明する。加えて急性期治療を終えた患者を受け入れる医療療養病床を55床設け、病気の予防や早期発見のため健診部門を充実させるなど、地域や時代のニーズに即した体制を整える。大学卒業後は地域医療、へき地医療を中心に大学病院や総合病院で経験を積んだ加藤理事長が、同院に就任したのは「当院のバックボーンであるSBCグループの理念、『究極の三方良しを実現する』に共感したから」という。その診療への真摯な思いを聞いた。
(取材日2017年2月16日)

駅前の身近さと高度な医療の両立をめざす

―こちらの病院の成り立ちや診療方針を教えてください。

1929年開院の田島病院、それを継いだ両国駅前病院をSBCメディカルグループが継承し、2015年12月に開院したのが「湘南メディカル記念病院」です。両国駅前で90年近く続く歴史と責任をしっかり受け止めながらも、新たな病院として地域や時代のニーズに適応した医療を提供しています。当院の理念はSBCメディカルグループと同様に「究極の三方良しを実現する」であり、患者さんに適切な医療と丁寧な対応を心がけると同時に、スタッフがやりがいと満足を感じられる職場を実現し、それが社会への貢献につながる「三方良し」が目標。私自身は大学卒業後は外科を専門として地域医療、へき地医療に従事し、救急医療や災害医療も含めて総合病院等での診療を約20年続けてきました。そうした経験をもとに新たな分野に挑戦したいと考えていた中、当グループの「三方良し」の理念に共感して入職し、2016年から当院の理事長兼院長を務めています。

―地域や時代に適応した医療とはどのようなものですか?

現在、当院の診療は外来、入院、健診、透析、美容の5本柱で、外来では地域のかかりつけ病院の役割を担う総合内科、消化器のがんに対する早期発見に力を入れる消化器内科、健康寿命の延伸をサポートする整形外科やリハビリテーション科など、地域で特に必要な診療科をそろえています。さらに私は日本外科学会外科専門医、消化器内科の春山先生は日本消化器病学会消化器病専門医および日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、整形外科の村瀬先生は日本整形外科学会整形外科専門医と、各分野を専門家が診ている点も大きな特色。アットホームで親しみやすい雰囲気の中、専門性の高い診療を行うことで、多くの皆さまに高度な医療を提供したいと考えています。また当院では2017年2月から日中の休診時間を廃し、平日も土曜日も9時から18時まで診療しています。働きざかりの方は昼休みの受診希望も多いはずで、そうしたニーズに応えた改革の一つといえます。

記事更新日:2017/03/10


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細