蛭間歯科クリニック

蛭間歯科クリニック

蛭間 重能院長、國本 あゆみ先生
頼れるドクター掲載中

20181101 bana

1982年に開業以来、地域に根づいた歯科医院としてたくさんの患者から厚い信頼を得ている「蛭間歯科クリニック」。両国駅から徒歩で約3分という好立地で、待合室、院内と、温かみのある空間となっている。蛭間重能院長は、歯を抜いたり削ったりせずに虫歯や歯周病を治療することをめざす「歯科保存治療」を専門とする歯科医師だ。院長の娘である國本(旧姓蛭間)あゆみ先生は、口腔外科を専門としている。口腔機能の衰えが、全身の機能の衰えにつながっていくという「オーラルフレイル」にならないよう、予防歯科にも注力する。5人常駐する歯科衛生士とともに、患者とのコミュニケーションを重視した丁寧な診療を行う蛭間院長、あゆみ先生の2人に、診療方針や心がけていることなどについて聞いた。
(取材日2018年12月21日)

歯を削らない、抜かない、神経を取らないために

―こちらは歴史のある歯科医院なのですね。

【院長】当院は1982年に開業して以来、30年以上たちますが、おかげさまで地域にお住まいのたくさんの患者さまに足を運んでいただいています。歯を削らない、神経を取らない、歯を抜かないことをモットーに、歯科衛生士によるメンテナンスをお勧めしていますが、何十年にもわたって定期的に歯のお掃除に来る方は、年を取っても虫歯や歯周病などのトラブルが非常に少ないことを実感しています。

―最近はどのような患者さんの来院が多いですか?

【あゆみ先生】私は週に2、3日、当院で診療にあたっています。いらっしゃる患者さまは、30〜40代の女性の方が多いのですが、最近は同じ世代の男性の方も増えてきましたね。当院のホームページをご覧になるなどして、「歯を抜かないで済みませんか?」「今通っている先生に、インプラントを勧められたのですが、他に方法はありませんか?」など、セカンドオピニオンを求めて当院に来られる方も多くいらっしゃいます。

―診療ポリシーを教えてください。

【院長】歯を削らない、神経を取らない、歯を抜かないこと。これが私のポリシーです。むやみに神経を取ると、いわゆる「枯れ木」になってしまうのです。レーザーで神経を保護しながら治療を行うなど、歯を残したり神経を取らない治療はいくらでもあります。何歳になっても、自分の歯で食べることができるような保存治療に力を注いでいます。歯を抜いてしまうと、ブリッジやインプラントになることもありますが、費用もかかりますし治療も難しくなってしまいます。
【あゆみ先生】患者さまのカウンセリングに時間をかけ、しっかりコミュニケーションを取ることです。歯科医療は日々進歩していて、一つの症例に対してもさまざまな治療法があります。患者さまご自身も勉強し、知識も豊富になってきていますので、患者さまが「自分で治療法を選ぶ時代」になってきていると思います。このような方々にお応えできるよう、日々スキルアップを心がけています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/35万円~40万円、特殊義歯/20万円~、小児矯正/40万円~、部分矯正/20万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/80万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細