田幡医院

田幡医院

田幡 雅彦院長

32254

戦後まもなく開院し、地域に根付いて診療を行ってきた「田幡医院」。その歴史を感じさせる古い外観に対し、院内は改装され、新しい設備も導入されている。現在、さらに改装が始められようとしている。患者のさまざまな悩みに応える田幡雅彦院長は、初めに外科を修練したが元々形成外科を専門とし、形成外科の黎明期から、治療、研究に従事した。先代より院長を承継するにあたって、外科勤務時にした内視鏡検査を新たに学び直した。「患者さんの健康を末永く守れるクリニックでありたい」という言葉に、院長の患者への誠実な思いを感じた。今回、院長に同院ならではの治療法や町医者の今後の意図する地域医療についてたっぷりと語ってもらった。
(取材日2016年10月4日)

多彩なキャリアと豊富な経験を培った勤務医時代

―はじめに、クリニックについてご紹介ください。

このクリニックは戦後すぐに父が開院したもので、父が体調を崩したのを機に僕が院長に就任しました。内科、小児科、皮膚科、形成外科を掲げ、現在は地域の患者さんのどんなお悩みも診療しております。小学校校医や幼稚園、保育園の園医も務めていることもあり、お子さんの来院もあります。近年は全身麻酔による胃のほぼ無痛の内視鏡と、日本でもまだ珍しい水を使った「水浸法」という大腸内視鏡検査を行っています。水浸法は、空気で内視鏡の導線を広げる必要がないため、こちらも痛みや違和感がたいへん少ないものとなっております。さらに、専門の形成外科領域の診療をしています。

―先生が医学博士を取っていらっしゃる、形成外科とは何をするところなのでしょうか?

形成外科は主に先天奇形と再建外科が大学での主たる領域です。また、美容外科も領域の一つです。形成外科は、大学の中でも新しいことへの取り組みについてはとても前向きだったのですが、診療科としては歴史が浅かったので、掘り下げた研究を行うには当時はまだ環境が整っているとはいえない状況でした。外科系の医師にとって、基礎的研究は時間的にも厳しくたいへん苦労する場合がありますね。

―なぜ形成外科を専門に選ばれたのでしょうか?

姉の夫が内科の医師で、ボストンに留学していたのですが、当時学生だった私は夏休みを利用して、姉夫婦の元を訪ねました。その時、隣の家に住むユダヤ人のおばあさんがいたのですが、ある日その方が「近所の赤ちゃんがとても奇妙な顔で生まれて、気の毒でした。でもなんと、形成外科の先生のおかげできれいになって帰ってきたんです」と驚いた様子で話をしてくれました。その時に形成外科とはどんな科なのか興味を持ったのがキッカケでした。当時日本では形成外科があまり知られておらず、母校日大では、形成外科は外科に属し、診療科として独立していませんでした。そのため卒業後、東京大学の形成外科へ入局。東京大学では、決まりとしてまず外科系で学んだ後、形成外科に入る必要がありました。外科の研修先が地方だったのにも関わらず、病床数1500もある大病院だったので、東京ではできないようなたくさんの経験を短期間に積むことができましたね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細