安藤歯科医院・ORCインプラント矯正センター

安藤歯科医院・ORCインプラント矯正センター

安藤 琢真院長
頼れるドクター掲載中

31882 %e5%ae%89%e8%97%a4%e6%ad%af%e7%a7%91%e5%8c%bb%e9%99%a2orc%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%88%e7%9f%af%e6%ad%a3%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc2

陸上自衛隊朝霞駐屯地近くの街道沿いに立つガラス張りのビルが、埼玉、東京、神奈川、静岡に歯科クリニックを構える医療法人社団新正会の中心となる「安藤歯科医院・ORCインプラント矯正センター」だ。高級ホテルに迷い込んだかのような錯覚を覚える同院は、先進のインプラント治療を積極的に取り入れ難症例の治療にも対応することから、埼玉県内はもとより日本全国からたくさんの患者が訪れている。そんな同院の2代目院長を務める安藤琢真先生は、インプラント治療の進化型ともいえる治療に力を入れており、口腔内の状態から治療が難しい患者であっても美しい口元を取り戻せるよう尽力している。ユニークな試みにも積極的に取り組む安藤院長に、同院のことについて聞いた。
(取材日2018年7月6日)

古い考えにとらわれず、常に進化を続ける

―こちらは、どのようなクリニックですか?

当院は、理事長である私の父が、約30年前に開院したのが始まりです。現在は、地元に根付いた形の虫歯や歯周病治療などの一般歯科診療に加えて、インプラントやその難症例などの専門的な治療にも積極的に取り組んでおり、遠方からもたくさんの患者さんに来ていただいています。時代とともに歯科治療の内容も進化する中で、当院をひとことで言うのなら「進化する病院」で、これが一番の特徴だと考えています。父から私に代替わりしても古い考えにとらわれず、すべてにおいて常に進化、あるいは改良を続けており、私たち自身に多少のリスクがあろうとも、患者さんにとって一番メリットがあると考えられる治療を積極的に取り入れるようにしてます。

―本当に素敵な院内ですね。

建物自体は8年目になりますが、父の言葉を借りると、まずは自分にとって居心地の良い環境をつくれば、それは患者さんにとっても居心地の良い環境になると考えています。建物前面や院内にもガラスをたくさん用いることで明るさを取り入れて、一般の歯科医院でするようなにおいもまったくしないようにしています。患者さんにとって歯科医院というのは、やはりネガティブな場所ですから、少しでも通院しやすい環境を提供できるようにしています。

―力を入れていることは何ですか?

インプラント治療に力を入れています。残念ながら歯を失ってしまったときの治療方法として、保険診療や入れ歯による治療には限界がありますが、それを打破することができ、さまざまある歯科治療の中で、きっと患者さんが心から満足してくれるだろうと思える魅力を持つのがインプラント治療だと考えています。当院では、即日インプラントや歯茎を切開する必要がないフラップレスのインプラントなど、国内でできるインプラント治療の多くに対応しており、その中でも特に、先進のインプラント治療に力を入れて取り組んでいます。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント/片顎180万円~



Access